よりを戻すメールを送ったら

もと恋人と復縁するため、潜伏を半年して7か月目に行動を起こそうという記事を前に書きました。(復縁ミッション:潜伏期間によりを戻すきっかけをつくる)(しかし、ながいタイトルだな)

よりを戻すためのファーストメールが来てから、返事がこない場合、どのような心持ちでいればいいでしょうか。

つらいよね~。

スポンサードリンク



重く受け止めると何かが止まる。軽く受け入れると軽やかに流れる

これは復縁の話だけでなく、この世の法則なのですが、物事をずっしりと重く受け止めると何かがとまります。反対に、軽く受け止めると物事は軽やかに流れるのですよ。

まじめな人ほど、注意しなければならない開運のポイントです。

 

仲直りしたい! よりを戻したい! あの人が何よりも大切!絶対戻ってきて!!

大切な人であればあるほど、連絡が途絶えている今の状況はつらく悲しく、いてもたってもいられない状況でしょう。

 

「なんでメールに返信をくれないの?」

物事が手につかないほど、そのことについて思いつめがちです。

わかる、わかります、その気持ち。

 

ですが、絶対にほしいものほど、軽い気持ちでいないといけないんですよ。

間違っても追加のメールを連打したりしないでくださいね。すぐに着拒、戦死してしまいます。

bad-guy_2722729機が熟するのを待つのも傭兵の仕事だっ

free-illustration-sweets-purin

ほしい人がいるほど、そのことが真剣な思いであればあるほど、あなたはいったんそのことを手放す必要があります。天にすべておまかせする感じです。

これは、当ブログの人気記事、必ず願いが叶う危険な方法でもよく質問がくることなのですが、「いったいおまかせする」ってどうゆうことなのでしょうか。

 

「手放すも何も、連絡が全くないんだから、これ以上何を手放せばいいんじゃい」という気持ちもごもっともです。

メールを送っても返信がこない恋人のことを例にとりますと、「今すぐ戻ってきて!」「会いたい!」「メールの返信をください」「よりを戻したい」という気持ちを一切もたないでいるということです。

 

「え?願いを引き寄せるには念が必要なんだよ!いつも常に願っていることが大切なんだよ」

あなたはそう思うかもしれません。

 

ですが、あながたひとつの願いに対して思いを強く強く思えば思うほど、自分勝手なエネルギーや、執着の黒々しくてどろどろしたエネルギーが生まれ、復縁という可能性のエネルギーフィールドに障害をもたらすのです。

PAK89_harisenbon20140719_TP_V1

やるべきことをやったら、運を天にまかせよう

何かの種を植えたとします。

「絶対に芽がでてほしい」「もう芽がでたかな?」

と、毎日種を掘り起こしたり、水や肥料をじゃあじゃああげすぎたとしたら、種はどうなります?

かれちゃいますよね。

 

種がでるには、土の中でぬくぬくと何もしないでいる時間が必要なんです。

願いを叶えるためにも、この何もしないでぬくぬくと運を育てる時間が必要なんです。

それが「おまかせする」ということなのです。

 

どうか、心配したり、ぎらぎらとした重いエネルギーで、願いを叶えるための軽やかなエネルギーフィールドに混乱を起こさないでください。

相手をこちらへ引き寄せたり、両方にとってベストな形でよりを戻すには、両者間のエネルギーフィールドにある種の空きスペースが必要なのです。

スポンサードリンク



よりを戻すメールをうったら、忘れてしまいましょう

よりを戻すメールをうって、あとはぽかっと忘れていると、両者間のエネルギーフィールドにいい感じに空きスペースができます。

この空きスペースを作っておくと、そこにはよりを戻すための良いエネルギーが蓄積されていきます。

 

「絶対によりを戻したい!」「今、何しているの?もしかして新しい恋人と会っているの!?」「あの人がいないと死んでしまう」

というような重い、物事を滞らすエネルギーを手放して、かわりに、相手の幸せを願い、自由を尊重し、天にいったん預けるような心持ちでいることが、よりを戻すためには大切な心持となります。

 

相手に何かをしてほしい、とか、何かしらの判断や条件なども、すべて心から追い出せたときこそ、不思議なことが起こるものです。

追加で重たいメールをしたり、電話をかけたり、相手を待ち伏せたりするのは厳禁ですよ。

 

つらくても、あなたはあなたの生活を送るのです。

 

江戸時代の駿河の国に、白隠和尚さんという方がいらっしゃいました。

生涯を通じて禅により悟りを開こうとした方で、臨済宗中興の祖ともいわれている方です。

 

いろいろな良い言葉を残されているのですが、禅とは何も座って瞑想するだけではない、と説いていることがバーバラの心には響きます。

日々の仕事や学業や、掃除洗濯など家のこと、こういうことをきちんとして、明るい考えをもっていることも、禅の一種なのですよ。

 

夜も眠れないようなつらいことがあるときは、スマホをいじって思いつめるよりは、くたくたになるまで掃除をしてみたり、わき目もふらずに仕事に精を出してみましょう。

日々の生活を修行ととらえてみるのはいかがでしょうか。

 

むしろ変に精神世界に惹かれて座禅を繰り返したり滝に打たれるよりも魂のステージが知らず知らずのうちに上がっているものです。

日々の生活をきちんと送って、元恋人へのメールのこともぽかっと忘れていると、思いもよらないときに再びつながるときがやってきます。それは、一番いいときに、最高の形で訪れます。

 

そのときは大抵、あなたが手放したものよりももっとよい関係を手にすることでしょう。

 

きちんと天におまかせできているか知る方法

なるほど、一度忘れて、思いを手放すといいのね。わかった!

と、頭で決めても、感情はなかなかその通りに「はいそうですか。んじゃあ忘れます」とはいかないものですよね。

 

頭では「考えないぞ!」と思っていても、潜在意識の領域では、ばりばりに思っていては…、願いを叶えることは難しいです。

 

では、潜在意識レベルから本当にぎらぎらとした重い思いを手放せているときとそうでないときでは、何が違うのでしょうか?

もしもあなたが重い念にとらわれてがんじがらめになっている場合は、あなたの心は喪失感がいっぱいでしょう。

暗く悲しい気持ちです。ことあるごとに同様したり、曲のメロディーが心に刺さって涙がでたり、思いでの場所を見かけて悲しい気持ちになったりします。

 

この場合、いくら頭で「天にすべてをおまかせします」と考えていたとしても、潜在意識レベルでは、まだがちがちに相手のことに執着している状態です。

 

正しく運を天におまかせできているときは、心は穏やかで波立つことがありません。

何かが吹っ切れているような、さわやかな感じで、日々のやるべきことが手につく状態でしょう。

 

大変難しいことでしょうが、どうか、心の底から、何かの理由であなたの元を離れた人を無理やり潜在意識レベルでがんじがらめにつなぎとめないでください。

無理やり相手を縛るのは、愛の反対の行動です。たとえ、それが無意識レベルの問題であっても。

 

よりを戻すメールを送ったら、というお話しでした。

ELFA_45IMG_1513_TP_V1

 

スポンサードリンク




人気ブログランキングへ


p.s.

バーバラの四柱推命の本鑑定「あなたの取り扱い説明書」、インド人のインド占星術師、インダー先生によるお茶を飲みながらのじっくり鑑定申し込みは ショップ星の小箱から。


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ