あなたの人生のミッションを見つける方法

人は何のために生まれてくるのでしょうか。

人は生まれてくるときに、自分の課題を決めてくると一説には言われています。

ごく小さい頃には覚えている方もいらっしゃるみたいなんですけど、日々を過ごして成長するうちに忘れてしまうんですよね。

本日は、あなたの人生のミッションを見つける方法というお話です。

スポンサードリンク



死ぬ瀬戸際でミッションを思い出した社長さん

ある上場企業の社長さんの話です。

一代で会社を大きくした社長さん、あるとき高熱を出して入院。そのまま危篤状態から心臓が止まりました。

「ああ、俺って死ぬんだな。まあ、後悔なく一生懸命生きたよ」

自分的に満足していると、やがていくつかの声が聞こえてきたんですって。

「どうする? この人、自分で決めてきたミッションのこと、全く忘れて死のうとしちゃってるけど。」

「う~ん、厳しいよね。結局忘れちゃってこの年になっちゃったし。」

「う~ん、困ったね」

こんな困惑する声を聴くうちに、ふと、自分が今回この世に生まれてきたミッションをがばっと思い出したんだそうです。

それは、起業して会社を興すとはかけ離れていて、人々の精神世界の向上にあたる、というようなものだったのだそうです。

スポンサードリンク



「待ってくれ! 思い出したからっ! すっかり思い出したよ!!」

そのとたん、社長さんは蘇生をして、残りの人生をスピリチュアル系の啓蒙活動にあたられたのでした。ご臨終寸前までいったのに、ミッションを思い出した途端に脅威の回復力で早期に退院されたそうです。

さて、あなたは、生まれる前のミッションに気が付かれているでしょうか?

これからの人生をどう生きていかれますか?

心は人生のミッションを思い出すための羅針盤

人は生まれると同時にこの世で行うはずの人生のミッションを忘れてしまいますが、心が思い出すための行動の羅針盤となります。

自分が決めてきた方向へと導く、強い餓えたような憧れの気持ち。

いてもたってもいられずその分野や土地へと向かわせる強い思いが羅針盤です。

freedom-1327791__180

本来の道からはずれると、なんだか違う!という強い気持ちが生まれてあなたに本来の道を行かせようとする心の羅針盤が働きます。

本来の人生をいかせるためには、ときに病気になったり引きこもりになったりしてまで、「あなたの人生の目的」を全力で思い出させようとする心の羅針盤。

今、あなたの心は波打っていますか? 波打っているのだとしたら、心の羅針盤が働いているのかもしれません。

あなたの生まれてきたミッションを見つける方法

あなたは何のために生まれてきたのでしょうか。

人は誰でも人生におけるミッションを持っているといいます。

これまでの人生の棚卸し(たなおろし)をしてみましょう。

images295YF2ST

まずは、これまでの人生の棚卸をしてみましょう。棚卸しとは、本屋さんなどで、店の在庫の確認をすることです)。

まずはお気に入りのノートを一冊用意してください。

そこに小さかったときから今までの出来事をできるだけ細かく書き込んでいくという方法です。(記憶があるところからで結構ですよ)

1日ではちょっと無理かもしれませんね。

ゆっくりと考えていただきたいです。もしかしたら、何か月もかかってしまうかもしれませんね。

例えばこんな感じです。

【2歳】

印象的な出来事。初めてみた海にびっくり。とても印象に残っているできごと。一番古い記憶。海に対する畏怖と強い憧れ。こんな小さなころから自分は海が好きだと知っていた。

得意なこと。すでに泳ぐことができた。スイミングの成果だが、泳いでいるときはとても安らぐ。

興味のあるもの。動物が大好き。自分より大きな犬も全く怖がっていなかったと母の言葉。

【25歳】

得意なこと。運動神経がいい。人と話すのも得意。

不得意なこと。満員電車。毎日コンピューターを見つめる仕事。

興味あること。海。沖縄。

こんな感じで、あなたの本質を抜き出していく作業をするのです。

  • そのとき、何が好きでしたか
  • 何に興味がありましたか
  • 得意なことは
  • 不得意なことは
  • 趣味
  • ライフスタイル
  • 恋人との関係
  • 人脈
  • 学業や仕事
  • 家族関係

などなど、あなたの人生で特筆すべきことを棚卸ししていってください。

また、今後の人生でやりたいことと、絶対にやりたくないことを抜き出してみましょう。

バーバラは、Webの仕事や資産をもって、1つのところにいなくてもできる仕事をもち、暇をみつけて世界中を旅することが好きで、今後もそれが望みです。今、着実にその方向に向かっています。

とても好奇心が強いので、日本の地域や、世界の多様性をみてみたいのです。

前に前世をみていただいたときに、10歳前後で亡くなった子供なので、今世ではいろいろなものを見てみて自分の価値観を確立するのがミッションだ、といわれたことがあります。そんなこと、何の信ぴょう性もないかもですが、バーバラは割と信じています。そんな感じがします。

逆に絶対にやりたくないことは、ひとつのところで、同じ作業をすること。好奇心が満たされないこと、知的な刺激がないことを苦痛に感じるたちです。

皆さんは、何が得意で、何が絶対にやりたいこと・やりたくないことでしょうか?

出来上がったリストをじっくり眺めてみると、自分の得意なことや、弱点が浮かび上がってくるのではないでしょうか。

人によって絶対にやりたくないことって全く違うから聞いてみると面白いですよ。

みんなが自分に注目してほしい。沢山の本を出版して、講演会で話をきいてほしい、という方がいらっしゃる一方で、できるだけ目立ちたくない。人とコミュニケーションをとることはなるべく避けたい、という方がいらっしゃいます。

欲望も正直に書きだす

やりたいことを書きだすときは、自分に正直になってください。

人はときに自分自身にも嘘をつきます。

お金が沢山ほしい、という望みの裏には、「もっとあくせくしないでのんびりとしたい。満員電車に乗るのはもう嫌なんだ」という本当の欲望が隠れていたりします。

本当の望みは何ですか?

誰もノートは読まないので、表面の目標ではなくて、本当の自分の欲望を一度洗い出してみましょう。

自分のエゴも書きだすことで、あなたという人間像が浮かび上がってきたのではないでしょうか。

11952960_797703023675658_4515247874861904828_o

人生のミッションを考えてみる

人間像が浮かび上がったところで、ご自分のやりたいことと、社会的意義のすり合わせ、接点をみつけてみましょう。

自分だけの願いは叶いにくくても、それが社会のみんなの役立つことは、意外なサポートが入ったりします。 社会と自分とのWin Winのポイントを探すのです。

サポートは、実際の社会からのサポートだけではありません。スピリチュアルな観点からみても、大きく社会に役立つことは、天のサポートが受けられます。

偉人の伝記などを読んでいても、まさかの奇跡的なできごとで難を逃れたり、まさかのサポートが入ったりしていませんか。社会的に大きなことを成し遂げる人には、それなりのサポートもつくということです。

すりあわせが決まったら、それを数行の短い文にしてみましょう。

こんな感じです。

自然といると安らぐ私。スキューバの免許も無事とって、沖縄の豊かな海でガイドの仕事についている。海を眺めているのが最高に幸せなとき。ここでは一日コンピューターをみている必要もないし、大嫌いな満員電車に乗ることもない。ガイドは天職。お客さんの笑顔を見て、自然の大切さを訴えるのが私のミッションだ。

こんな感じに、自分がやって幸せなことと、社会への貢献とのすり合わせの最高の形を文章にしてみてください。ご自分のミッションがクリアになりますよ。

頭で思うだけでなく、一度文章に落としてみると、いろいろなものがエネルギー的に整理されますので、ぜひ書き出してみてください。

未来の自分への行動方針やビジョンを書いてみる

同時に、未来の自分への方針やビジョンも書き出してみましょう。自分に対する行動指針のようなものを作るのです。

ミッションを作る。行動指針を作る。ドラッガーが提唱していることでも有名ですよね。ミッションと行動指針を作ることで、人は目的に向かって正しく動けるとドラッガーは言っています。

企業はその企業のミッションを明確にしてHPなどに載せていますが、その個人版を作ってみましょう。

Googleのガイドラインはこんな感じ

ちなみに、毎日検索でお世話になっているGoogleのデザインガイドラインは、次のようなものらしいですよ。

  • Useful: Focus on People: Their lives, their work, their dreams.

それは役立つものか? 人々の生活・仕事・夢に焦点をおいているか?

  • Fast: Every millisecond counts.

速いか? 1000分の1秒単位ではかってみよう。

  • Simple: Simplicity is powerful.

シンプルか? シンプルなことは力強い。

  • Engaging: engage beginners and attract experts.

魅力的か? 初心者を引き込み、エキスパートを魅了しよう。

  • Innovative: Dare to be innovative.

革新的か? 恐れずあえて革新的にいこう。

  • Universal: Deign for the world.

普遍的か? 世界に通じるデザインか。

  • Profitable: Plan for today’s and tomorrow’s business.

利益を生むか?

  • Beautiful: Delight the eye without distracting the mind.

美しいか。気を散らさないくらい人の目を喜ばせよう。

  • Trustworthy: Be worthy of people’s trust.

人々の信頼に値するか。 人々の信頼に値するものであれ。

  • Personable: Add a human touch.

人間味はあるか。 人間味をだそう。

ちょっと引用が長くなってしまいました。

あなたは、どんな行動指針をもって、人生のミッションを遂行していきますか。

別に、崇高なものでなくてよいのです。 日々の生活をきちんと送る、とか、食事にはなるべく味噌汁をつける、とかでもよいのです。あなたの人生のミッションにあっているなら。

いかがでしたか。本日は、あなたの人生のミッションを見つける方法というお話でした。

心の羅針盤に従いましょう。

スポンサードリンク




人気ブログランキングへ

コメントを残す

このページの先頭へ