お盆なのでちょっと笑える怪談など

お盆なので、先日のお墓の話に引き続き、怪談でもひとつ、ふたつ。大学の先輩で、都内の私立お嬢様学校出身の方がいらっしゃいます。「ある意味、すごい心霊写真を持っている」というのです。大学時代のことだったのですが、さっそく大学にその写真を持ってきていただき、みんなで見てみることになりました。

  スポンサードリンク



ある意味すごい心霊写真

 それは、高校の修学旅行の集合写真でした。四つ切の、記念写真サイズのもので、観光地に段を4段ほどに組んで一クラス分で整列しています。有名なお嬢様学校らしく、女子生徒達はみなさん清楚でとてもかわいらしく映っています。

最前列右側に、ひとりのおじさんが、にっぱ~~、と、快心の笑顔で映っています。まさに破顔一笑。でも、霊らしきものは見つかりません。「で、どこに霊がいるんですか?」と、きくと、その最前列のおじさんを指差した先輩、「これなのよ」「えっ!?」「そう。」そうなのです。

記念集合写真を撮ったときには、確かに最前列真ん中の先生と女子生徒達しかいなかったのですが、写真が現像されてみると、にっぱ~~、と最高級の笑顔のおじさんが映りこんでいたのだそうです。「記念写真撮る瞬間にダッシュで列に加わったのでは?」「そんなことしたら、先生とか写真屋さんが怒ってつまみ出すし、みんな騒ぐわよ」「それはそうですよね。てことは?」「て、ことなのよ」、とのこと。心霊写真ならざる破顔一笑の笑顔のおじさんは、あまりにもくっきりしているために心霊写真だとは思われずに、卒業写真に無事(?)載ってしまったのだとか。

あとで生徒がみて大騒ぎになったことはいうまでもありません。おじさん、清楚な女子高生に囲まれて、よほどうれしかったのかなぁ。もう、成仏間違いなし、って感じの笑顔でした。笑顔満点の心霊写真、ある意味、すごくないですか?もしかすると、悪いものではなくて、土地神のようなスピリット系が映ってしまった可能性もありますね。いや、初めて見た生心霊写真が、あんな快心の笑顔のおっさん写真だったとは。いや~、ある意味、すごい怪談話でしょ?

S001_megane0420140830144448_TP_Vこれは実話です。

 スポンサードリンク



ある意味、冷水を浴びせられたような実話怪談話です。

お嬢様つながりで思い出した話をひとつ。

バーバラは昔、ある国際関係の機関で働いていました。軍事ともかかわっていたので、サイト管理のセキュリティは、ことほか厳しく、パスワードをつかってLANに侵入したあとも、何回もセキュリティのドアのようなものがあって、そのたびに合言葉を入れていく方式でした。ある軍事関連の業者がそこに登録をしていたのですが、なんと入れたかを忘れてしまい、LAN内部もすべて英語で書かれているのでにっちもさっちもいかなくなり、助けてくれないかとすがりつかれました。仕方なく、内部に入って状況をみてみることになりました。

相手は普段、ジョークひとついわないような堅物の軍事系担当です。「それでは御社の登録パスワードを教えていただけますか?」と、聞くと、「F女学院」との返答。(え”っ?)「ででは、次のパスワードは?」「神、F女学院」(え”え”っ?)「つつ次は?」「大好きF女学院」「つつつぎはっ?」「F女学院さいこー!!」どんどん気まずくなる空気。ポーカーフェイスの担当者の額に一筋の汗が。ある意味生き地獄!パスワードは、万が一人に知られたときに気まずくならないものを選ぶのが賢明なようですね。ある意味、冷水を浴びせかけられたような思いをした、ある意味の怪談でした。(その担当者の影のあだ名がF女学院になったことはいうまでもありません)

また明日から風水サイトがんばります

すっかりとお目汚しなものを書いてしまいました。m(_ _)m 明日からまた有益な情報をお届けできるように、風水サイトをがんばりますから見捨てないでください。あなただけが頼りなの。(こびこび)

 スポンサードリンク




人気ブログランキングへ

To dear readers from abroad: Thank you for reading this web page. If you have any questions/comments/suggestions, please feel free to send them. I can respond in both Japanese and English. 🙂 🙂 🙂

コメントを残す

このページの先頭へ