聖天様とのつきあい方(読者様より)

こんにちは。

当ブログの人気記事に、「必ず願いが叶う危険な方法」という一連の記事がございます。

大聖歓喜天、通称、聖天様の記事です。

反響が大きく、コメント欄はあまりにも増えすぎてしまって1度消したのですが、それでもまた沢山のコメントが寄せられています。

バーバラの奥浅草ツアーになるもととなった記事ですね。

(2017年5月27日(土)ツアー、午前午後ともに、今のところ最少催行人数に達していますので、開催できそうです。万が一、誰かがキャンセルして開催できなくなったときは、運営さんからご連絡がいきます)

 

スポンサードリンク



読者様の中には、

「えー、またまた~、全くの都市伝説をっ!」

とか、

「1度は必ず叶えてくれるんなら、じゃあ、「お願い事を無限に叶えてください」ってその1回でお願いしたらいいんじゃない?」

とかまぜっかえす方もいらっしゃるのですが、本当に真剣に考えられて、きちんとした付き合い方はどうすればいいのか悩まれている方もいらっしゃいます。

スポンサードリンク



今回、コメント欄に、前にも書いていただいたyuki様から、聖天様との付き合い方についてのコメントをいただきました。

yuki様は動物を愛する、優しい方。コメントからは誠実なお人柄がうかがえます。

ああ、聖天様と、とても素敵な付き合い方をされているなあ、と思いました。

コメント欄に置いておくのはもったいないので、本記事の方に全文を掲載させていただきます。うん、これは、記録ものだよ。

 

yuki様、誠にありがとうございました。

聖天様との付き合い方について迷われている方は参考になさってみてください。

付き合い方は人それぞれだと思うので、もちろん、みんながこの通りにやらなければならないということはありませんよ。

彼女が行かれたのは、関西の生駒聖天様です。

 

以下、yuki様のコメントです。

 

 

yuki様と聖天様との素敵な付き合い方

以前別ページからコメントを掲載させて頂きました、yukiです。

私は歓喜天様の御札を頂いてから、さほど月日が発ってはおりませんが、浴油祈祷をお願いして一か月でお願いごとの1つ、がほぼ9割がたの内容で叶いました。

 

皆さま方のコメントや、色々な方のお話を拝見させて頂きまして、私がどう歓喜天さまと向き合っているのか、参考になればと思いまして、あるいは、こうした方がいいのでは、などというバーバラ様のご意見もあれば幸いだとも思いましたので、少し長いコメントをさせて頂きます。

お願いしたお寺が生駒聖天様がいらっしゃる宝山寺、しかし私の居住地(沖縄)から遠方でしたので、まだお礼参りが出来ていないのですが、その代わりにではありませんが、お礼の意味と他に叶えて頂きたいお願いもそのお願いごとに関連してありますので、毎月一つのお願いごとに対して1週間分、浴油のお願いをしてきております(今は基本のお願いと、もう1つ、という二つのお願いで浴油をお願いしています)。

 

自分で可能なこととして、朝一番の華水供養、少しのお菓子とお線香(ビャクダンまたは乳香)、夜はお茶、大根を切って皮をむいてお皿に盛り(1本の4分の1程度)、さらにお菓子やバナナをお供えし、お線香、で、浴油祈祷でお願いしているお願いごとをお祈りし、日々の健康と幸せ等をお祈りし、お守り頂いていることに感謝しています。お札の隣には、ハイドロカルチャーの小さなミリオンバンブーの観葉植物も幾つかお供えしています(全然、枯れてきませんよ。半年ほど太陽にも当てていないのに)。

 

歓喜天様にご縁を頂いてから変わったことは(一番の「お願いごとが収入に関することでしたが)、浴油をお願いしてすぐ、給与が大幅アップ、職責、部署が希望通りの箇所へ決まり、そこで全力で私を守ってくれる上司(アメリカ人なのになぜか非常に霊感が高い)に恵まれ、会社へ私のために立ちまわってくれたり、客先に売り込んでくれたりなどのほか、足りない部分を丁寧に指導してくれたり、お昼は毎回ご馳走していただき出費が減ったことなど、があります。

 

他に、5年以上一緒に暮らしているわんこの幸せもお願いしていましたら、お願いして2か月くらい経過したころ、あるご縁で保護犬を引き受けることになりました。

ずっと一人でいたのが寂しかったのでしょうね、その思いが私のお祈りを経由し歓喜天様に届いたようです。今、2匹でそこそこ仲良く私をお留守番して待っています。

 

そして交通事故にすんでのところであわなかったこと等、ああ、これは、守られている、という実感がちょくちょく分かるようになりました。

 

必ずしも一番かなってほしい願望ではないことが、先に叶うこともあるのは、私の計り知れないところで歓喜天様のお考えがあるのだと思っています。

 

 

浴油ではなく、普通にお願いした資格試験の合格は、あと1点で叶いませんでした。

あと1点、は、ほとんど勉強しなかったのにあと1点。

 

歓喜天さまは、

「合格させることは可能だが、ここで一つお前に注意したい、なので、あえてあと1点で落としたのだ、本来ならもっとお前は不正解の数が多かった、20問くらい間違って当然だった、しかし、後1点、のところまで私が力を貸した。お前の努力が皆無であることでも私の力では叶えられるのだ、しかし、それではお前のためになると思うか?それで実践で通用するのか?」

と、ご指導下さったためだと思います。

ですので、皆さん、怖い怖い、とおっしゃるのですが、私は全くそういう印象はありません。

 

 

人間は何もせずとも、基本、寝て、食べて排泄をします。

 

歓喜天様への感謝のお祈りは、どちらかというと、その食べる、に近いものとしてとらえれば良いのではないかと思います。

今日もご飯が食べられました、ありがとうございます、という感謝のお祈りを毎日。

 

できれば近いうち、伊勢エビが食べたいのですが、というようなお願いを年に数回、そしてその伊勢エビが、食べさせてくださいとお願いした後、近いうちに誰かからプレゼントされる、などという形で叶う。

 

これが浴油祈祷などでするお願いごと、という感じなのではないだろうかと思っています(たとえが下手ですが)。

 

私が浴油祈祷をお願いした宝山寺さんは、私は在家なのでお供えなどせずとも朝晩のお祈りだけでいいですよ、ということでした。

ですが、感謝したいので、ささやかですが、お供えをしているという感じです。

 

お供えしたものは自分で食べたり、同僚にあげたり、お水は観葉植物に与えたり、などをしています。

毎月1日、16日はご縁日なので、お祀りしてある棚を掃除し、朝晩他のお供えもの以外に、さらに甘酒を加えてお供えしています。

 

お願いごとありき、ではなく、一生、食事をしていくのと同じように、一生、歓喜天様と一緒、という気持ちがあれば、決して怖いことなどないように思います。

 

 

また歓喜天様は十一面観音様をお守りしていらっしゃいますが、私は不動明王様の真言も、お坊さんが録音したものを、時々流して運転しています。

沖縄は場所が悪いところがたくさんあるので、その際には不動明王様にお願いしたりします。

もちろんお礼のお祈りはします。

 

歓喜天様は他の仏様へお祈りしても怒ったりなさらない、と感じています。逆に他の仏様にちゃんとお礼をしないと、それはいけない、とお叱りになるように思います。

 

 

もともと私は、行く先行く先のユタや占い師の方々に、いずれは白装束を着て、我々と同じような神職、仏に仕える仕事をすると毎回毎回言われ続けてきていまして、ここに来て歓喜天様に出会ったのは自然の流れだったのかもしれないと思うようになりました。

霊感の受信力はさほどないのですが、発信する力があるのは自分でも気づいていたため、そう言う意味では密教に向いているのかな、と思ったりしています。

あとは昔からさほど親しくないのに身の上相談をされたり、愚痴をこぼされたり、ということがものすごく多く、正直、うんざりしておりますが(私はカウンセラーでもないし、あなたがたの愚痴のゴミ捨て場でもない!と不愉快な気分になることが多いです)、これも意味のあることなのだろうかな、と思っております。

バーバラ様は、この対処はどのようになさっていますか?その方の念まで、私の中に入ってくるので、そのたびにキツイのですね(歓喜天様の話とは少しずれてしまいましたが)。

(以上、yuki様のコメント終わり。yuki様ありがとうございました)

 

バーバラより返信。愛をこめて

yuki様。

本当に素晴らしいお付き合いの仕方で、何も付け加えることはございません。

ご自分でもおっしゃる通り、yuki様はユタに適性がある方なのだと思います。

お願い事がスルスル叶うのは、毎日のお祈りだけでなく、毎日を一生懸命誠実に生きて、さらに保護動物を可愛がるなど、日頃の徳があるからなのだと、個人的に考えております。

 

人の心に寄り添うことは大切ですが、出口のないぐちに付き合うことは、あなたの本質を傷めてしまいます。

 

仏様に不動明王のようなお顔があるように、十一面観音様の裏側に恐ろしいお顔があるように、毅然とした態度で受け入れないようにいたしましょう。

 

そのことで離れていく人がいても、大丈夫。

敬愛をもって送り出しましょう。

そして、必ずわかってくれる方々があなたを愛するでしょう。

 

受け入れないことで、あることないこと(ほぼ、ないことないこと、だわね)いわれたり、無視されたりするようなことがあるかもしれません。

 

バーバラ自体そんな目にあったりしましたが、結局彼らが言うところの自分は、本当の自分とあまりにかけ離れているので、結局気にしないことにいたしました。

 

それよりも、そういうものと付き合う時間がもったいないですもの。

 

バーバラの強烈他人批判系の知人は、有名な男性ユタのHさんのところへ何回も行ったのですが、そのうちに「冷たく突き放された」と言って猛烈に非難を開始しましたが、本当のところは、あまりにも不毛で、彼にブロックされたんだと思います。

 

本格的にプロとしてユタをやるには、寄り添うだけでなく、時には厳しくしなければならない場面も出てきそうです。

 

まあ、yuki様なら、その辺も上手くやれそうですね。

 

本格的にユタをやられる日がきましたら、ご連絡ください。

 

沖縄に会いにいきます♪

 

yuki様、素敵な投稿をありがとうございます! (^^)ノ

あと、これだけ素敵な文章が書けるのですから、ぜひブログをやってみてください。

人気ブログになると思うなぁ。

以上、聖天様とのつきあい方(読者様より)でした。

スポンサードリンク




人気ブログランキングへ

インド人による本物のインド占星術、家の気とあなたの運勢からみる本物の風水はこちら!
⇒ 開運宝箱 https://kaiuntakara.thebase.in/

63 Responses to “聖天様とのつきあい方(読者様より)”

  1. yuki より:

    バーバラ様

    このページを見て、非常に驚いています。どうお返事して良いものか、恥ずかしいやら、言葉が見つからないやら、で慌てております。私はそんなたいそうなことをしたわけではなかったのですが、、、恐縮しています。

    ですが、ありがとうございます。真摯にお答えくださったこと、本当に嬉しく、感謝の気持ちでいっぱいです。心からお礼申し上げます。

    バーバラ様のおっしゃる通り、出口のない愚痴をただただ受け止めるのは、ともに良い影響はないことですよね。可愛そうと思う私の気持ちは、時として私にも相手の方にも良いものを与えないどころか、それはおそらく私の傲り、と捉えるべきなのかもしれません。

    反省です。。。

    バーバラ様のアドバイス、反芻させていただいております。ありがとうございます。考えさせられることが沢山ございますね、さすがです。

    ちなみに、ユタになれるかどうかは「あちら側」の判断のようで、そういう日が来たら自然にそうなっていく、のだそうです。

    私の父方の亡くなった祖母が、ユタではなく、沖縄で三本指に入る神女(ノロ)で、血統で行くと、私に祖母のあとを継ぐべく天からのお告げが来ることになっていたようなのですが、祖母はこのようなことを引き受けると、旅行にも行けない身分になってしまう、孫(私)が可愛そうなので、自分の代で終わらせてもらうよう神様にお願いする、とのことを母に話していました。

    ですので、別の方にお告げが行き、力が下りたそうです。

    しかし、私の母もかなりの霊感の高い人で(正夢の予知夢をよく見るタイプ)、そういうこともあって、私も若干、感じる力はありますが、タロットなど、力のあるものを拝借しないと読めないですね。まだまだ力不足でございます。

    まだ歓喜天様をお慕いさせていただいて日は浅いのですが、たとえばユタになるのであれば、歓喜天様がお導き下さるのでしょうし、密教系の尼になるのでも、何かの占い師などをするのでも、職種はどうあれ、神仏に携わる仕事に関しては、歓喜天様に一切お任せしています。

    バーバラ様の歓喜天様ツアーも、バーバラ様は少し怯えてらっしゃっていましたが、私の感では、歓喜天様のお計らいであるとお見受けしております。

    たぶん、ここに私がコメントしているのも、歓喜天様のお計らいなのではないでしょうか(私が申さずとも、バーバラ様、お察しなのではないかしら)。

    これを機に、と言っては何ですが、ふつつかで未熟者でございますが、どうぞ宜しくお願い申し上げます。

    今回はお忙しい中、お時間を頂きましてありがとうございます。

    時々、またご相談にコメントでお伺いするかと思いますが、その際はどうぞお許し下さいませ。お返事は急ぎませんので。。。

    お身体にお気をつけ、お仕事頑張って下さい。これからもこちらのサイトを通して、バーバラ様のご活躍を楽しみに拝見させて頂きますね。

    ありがとうございます。

    • kaiun より:

      yuki様

      Upしちゃったこと、ごめんなさい。
      だって、これが1コメントして埋もれていくのはどうしても嫌だったんですもの。

      きっと沢山の悩みを持つ方の参考になると思います。

      今回のコメントからも、yuki様が神様に愛されている様子がうかがえます。

      はい、これからもよろしくお願いいたします。

      バーバラ

    • kaiun より:

      yuki様

      ツアーは、本当にお導きなのではと思います。

      あのお寺に行ってから、やたらと浅草に用事ができて、今では、何だかんだで、毎月数日は通うことになってしまいました。

      ちょっとはかわいがっていただいているのかな、と、思っております。

      B

  2. Yuki より:

    バーバラ様

    いいえ、恐縮しております。

    でも、ありがとうございます。すごく光栄です。

    聖天様は、バーバラ様を大事に思って守って下さっていると思います。私の後頭部には、今このコメントを書いている最中、なぜか観音様が見えています。私の力では観音様の全体像は見えないのですが、おそらくこれは、十一面観音様かな、という印象があります。

    聖天様とご一緒にバーバラ様をお守りくださっていると思いますよ。

    素敵ですね。お仕事は、どんどんこれから広がりを見せていくでしょうね。

    お忙しいことと思いますが、頑張ってくださいね。何も出来ませんが、私も影ながら応援しています。

    • kaiun より:

      yuki様

      うわっ、嬉しいな。

      十一面観音様は、大好きな観音様です。

      ありがとうございます、ってお礼にいかなくちゃ。

      B

  3. Yuki より:

    バーバラ様

    すみません、補足です。

    観音様、これは、、、千手観音様ですね。
    少し集中したら、手がたくさん見えてきました。

    おそらく、沢山の方をお救いなさるために変化なさったお姿で、
    バーバラ様の後ろにいらっしゃるようにお見受けします。

    歓喜天様もご一緒だと思いますが、歓喜天様までは見えてきません。秘仏とされていらっしゃるので、もちろんのことだとは思いますが。

    だからバーバラ様、沢山の読者の方がいらっしゃるのですね。

    納得しました、大変なお役目があったのですね、バーバラ様には。。。。

    素晴らしいです!

    • kaiun より:

      yuki様

      あら、手が見えましたか?

      手、実はすごく私の霊的なキーワードかもしれません。

      そっかー、見えましたかー。

      バーバラのお役目を昔、あたる京都の霊能者様にお聞きしたところ、前世が9歳位でなくなっちゃっているので、今世では、興味の赴くままいろいろな経験をして、いろいろな価値観に触れて、自分自身の価値観を構築する、ってことみたいですよ。

      読者の皆様も、私と一緒になって、うわっ! 何これ、おもろいわっって、面白がってくだされば幸いです。

      コメントのことで、お気遣いいただき、ありがとうございます。

      思慮深い方ですね。

      特にお気になさらず、思ったままを書いてくださいね。

      もちろん、あとから削除もできますから、ご安心めされ。

      バーバラ

      • Yuki より:

        バーバラ様

        はい、手がたくさん。。。
        それと、すごくやわらかい、優しい、凛とした空気とともに、
        ですね。

        さすが、ですね。

        ご配慮、ありがとうございます。

  4. より:

    バーバラ様

    はじめまして、こんにちは。
    いつもブログを楽しく拝見しています。
    バーバラ様のブログを読むと、心がウキウキしてきます^^
    ブログが更新されていると、やったー!と思います^^

    今回の記事が心に真っ直ぐ入ってきたので、初めてコメントさせて頂きました。

    上手く言葉で表現できませんが、yuki様やバーバラ様のコメントを読んでいたら、居ずまいを正したくなりました。
    「心の緩みを改めよう。」と気が引き締まる気持ちです。

    なんだか清々しい気持ちです。
    感謝の気持ちを持ちながら、今日一日を過ごしていきたいです。
    バーバラ様、yuki様、ありがとうございました。

    私もいつか聖天様に会いに行きたいと思っています!

    • kaiun より:

      翠様

      初書き込みありがとうございます♪

      うれしいです。

      今回のyuki様のコメントには、私も居ずまいを正したくなる気持ちになりました。

      彼女はそういう道に進む方なのかもしれませんね。
      素敵な方。

      バーバラの開運風水で、yukiに聞け、みたいなコーナー作っちゃおうかしら?

      はい、いつか聖天様に会いにいってみてくださいね。

      待乳山や生駒のようなメジャーなところではないのですが、私は小さな頃からかわいがっていただいた聖天様があって、そのせいか、実はあまり怖さは感じないんですよ。

      そこではね、不思議な声を聴いたことがあります。

      聖天様ではなくて、お使いさんだと思います。

      うちの父が勝手に鐘楼の鐘をついていたら、こらー!つくなー!って。(爆)

      B

      • yuki より:

        バーバラ様

        頂いたコメント→ >>今回のyuki様のコメントには、私も居ずまいを正したくなる気持ちになりました。
        >>彼女はそういう道に進む方なのかもしれませんね。
        >>素敵な方。

        ありがとうございます。そんなたいそうなことは無いです(笑)。お気づかい頂いてありがとうございます。

        もう一つ頂いたコメント→ >>バーバラの開運風水で、yukiに聞け、みたいなコーナー作っちゃおうかしら?

        バーバラ様のお役に立てて、どなたか読者の方が喜んで下さり、私のできる範囲内のことであれば、喜んで。

        ただ、返信等はリアルタイムに出来ないこともあるでしょうし、内容によってはお答えできないことも出てくるとは思います。

        祖母や母のように、もともとの天性の能力が高いというわけではなく、タロットも、きちんと修行したわけではないので読み解くのも難しい場合がありますし、また霊的なことも見える時と見えない時もございます。

        また開運の仕方も、知っていることと知らないことがあり、自分の直観で選び、体感、体験したことしか話せませんが、そうしたことで良ければ、という前提になります。

        ただ、これも歓喜天様のご縁なのかな、と思いますので、その辺はバーバラ様にお任せいたします。

        あ、ですが、私は別に宝山寺のまわし者とかいうわけではないですよ(笑)。三大聖天様のうちの一つ、ということで、距離的に沖縄に一番近かった&私は大阪生まれで、弟夫婦やいとこも大阪にいますし、以前の仕事は本社が京都、年に一度は京都へ行く機会があったという仕事をしており、関西が馴染みがあるから、方向音痴の私でもお礼参りで迷いにくいだろう、ということで選んだだけでございます。

        それにもちろんですが、歓喜天様信仰の勧誘目的、とかいうのでもないです。

        他にも、歓喜天様とご縁を頂く前に、究極のお願いごとを聞いて頂いたご縁のある神仏様もございます。

        純粋にバーバラ様のブログを楽しみに拝見させて頂いている、1ファンですので、初めにこの点はお伝えしておきますね(笑)。

  5. より:

    今度のバーバラさんツアーに参加させていただきます!

    というわけで、とてもタイムリーな記事、興味深く拝読しました。

    yukiさんは、お供え物をしたり、非常に丁寧にされていますが、家に神棚は作れないので、浴油の祈祷のあとはお札ではなく、お守りをいただいていく予定の人は、どうしたらよいのでしょう?

    • kaiun より:

      み様

      それは、直接お寺できいてみましょう♪

      B

    • Yuki より:

      み様

      そうですね、お寺さんにお伺いするのが一番だと思いますよ。
      私も最初は、お寺さんに聞きましたので。

      後は、気持ちだと思います。

      私はまた引き続き、助けて頂いています。お祈りしたこと、また2つ、叶いましたよ。

      ありがたいなあ、と本当に思います。

      • より:

        わあ、yukiさんから直接お返事!ありがとうございます。

        お寺さんで聞いてみます!

        • Yuki より:

          み 様

          たいした者ではないので、そんなに喜んでくださると、恥ずかしいです。お読みくださってありがとうございます。

          聖天様ではないのですが、以前、聖天様を知る前(ご縁がまだ頂けていなかった頃)、別のお寺さんへ究極のお願いごとをしました。そこではお札ではなく、お守りを頂いたのですね。

          その際、朝晩、どうしても助けていただきたかったので、そのお守りを握り締め、部屋でお寺のある方角に向かって正座し、お祈りしていました。

          奇跡的に叶いました。ありがたかったです。

          一生に一度しかかなえていただけない、という話も聞いていますが、何度もかなえていただいている方も大勢いらっしゃるそうです。

          ただ、聖天様や荼枳尼天(ダキニテン)様のように、現世ご利益、ということを叶えてくださいます、という仏様ではないようです。

          もしこのことを知りたいのであれば、バーバラ様が差し支えなければ、また別コメントでお話ししても大丈夫です。

          神仏様にも住み分けがあるようで、宝山寺のお話では、お願いごとによって、それは不動明王様ではなく、聖天様にお願いしなさい、とお坊さんがアドバイスした、というようなこともあったようですし、相性というのもあるかと思います。

  6. Yuki より:

    補足です。

    大事なことを言うのをうっかり落としていました、、、ごめんなさい。時々ポカをしてしまいますね、お許しください。

    ですので、お守りでも、気持ち一つで、お供えものせずにお祈りだけでも、きちんとできるんですよ(^^)

  7. Yuki より:

    バーバラ様

    コメント⇒ >>どうぞ。

     >>yuki様部屋としてお使いください。

    ありがとうございます。ふつつか者ですが、私ごときに出来ることで、それが皆様の開運へのきっかけになり、そしてバーバラ様へ貢献できるのであれば、That is my pleasure, 嬉しく思います。

  8. yuki より:

    敬愛なる皆さまへ

    聖天様につきまして、作法を間違えると祟りがものすごい、などとの噂がございます。
    私は決してそのようなことはない、と自信を持って言えるのですが、それでもやはり、いや心配だ、
    と思っておいでの方で、どうしても叶えてほしいお願いがある、という方。

    はい、現世利益そのもの、お給料毎月10万一気にアップ、というようなお願いは少し厳しいかも
    しれませんが、商売繁盛、健康、家庭円満、ご縁結び、などには多くの験をお持ちの仏様がいらっしゃいます。

    私が聖天様から、まだご縁を頂けていなかった数年前のことです。聖天様は人を選ぶと言われています。
    同じ天部の仏様であられるダキニ様は、人を選ばないそうですが、私はその時、聖天様の存在すら
    知りませんでした。

    その時、ご縁を頂き、助けて下さったのは、ご存じの方も多いはずでしょうが、かの有名な
    「鈴虫寺」でございました。

    ことは数年前のある日、仕事中の私を、めったに連絡をよこさない大阪にいる弟からの
    電話が鳴った時でした。

    弟によると、私たちの母が末期癌になっており、余命2か月ほど、という診断をある病院から受けたとのことでした。
    弟はその病院へ向かいながら私に急ぎ電話をよこしたのでした。

    母の状況は癌は卵巣、子宮、大腸一部、腹膜と広がっており、お腹はまるで妊婦のように腹水が
    溜まっている状態でした。

    母のその知らせを受けた時、私はその晩、どうしていいか分かりませんでした。

    母が死んだらどうしよう、彼女がいなくなったら、私はどうやって会社に出勤すればいいの?
    歩いて行けるかなあ?運転ってどうやってしたらいいんだろう?買い物はどうやってすればいいんだろう?

    一瞬にして、頭の中が混乱し、私は途方に暮れました。

    しばらくぼんやり、どうして日常生活を送って行ったらいいのだろう、などと考えつつ、
    母を助けてもらわなきゃ、と悲しく、痛く、切実な感情が沸きあがってきたのを今でも覚えています。

    何となくピンと来るものがあり、沖縄より母に会いに飛んだ私は、まず、京都の鈴虫寺へ飛びました。
    そこに、「草鞋をはいたお地蔵さん」がいらっしゃって、一つだけお願いごとを叶えに、自宅まで
    歩いて来て下さる、という話を以前から聞いて知っていたからでした。

    八月下旬、べっとり熱い空気が体に巻き付く残暑の中、お寺へ到着した私は、まず、説教部屋へ
    他のたくさんの方々と一緒に案内されました。

    そこでお坊さんのお話を聞き、お願いごとの仕方の説明を聞き、お供物とお茶を頂きました。
    どのようなお願いの仕方をするか、というと、ここでは、人の倫理に沿わないことは聞き入れて
    頂けないと注意点がありました。

    具体的には、不倫の成就や、憎い人を呪う、など。また、特定の相手との縁を願う、というのも
    叶いにくい、とのことで、ご縁を願うのであれば、自分に合った異性との縁を下さい、と
    お願いすることだ、とのアドバイスをなさっていました。

    他には、商売繁盛は構わないが、宝くじやギャンブルは聞き入れて頂けないともおっしゃっていました。

    またおこのお寺はしっかり空調管理をして、夏でも冬でも常に数千匹というコオロギを
    一定数、維持している、とのことでした。

    ひとしきりお坊さんのお話を聞いた後、幸福お守りという、黄色い小さなお守りをいただきまして、
    その後寺内のコオロギを見て回り、外をまわりました。

    そしていよいよ、草鞋を履いたお地蔵さんの元へ。。。

    お願いごとの仕方は、お地蔵さんに向かって、「▽▽県◆◆市☆☆町1-2-3に住む、〇✖◎▷と申します、
    ###を叶えてください」とお祈りします。

    幸福お守りは自分で身近かに持ち、また病気などでお祈りに来れない方へ代理で頂き、持ち帰って
    その方に同様にお祈りしてもらうもの、とのことでした。その際、鈴虫寺のある方角を向いて
    お守りを持って手を合わせて、同様に住所、氏名、お願いごとを言ってお祈りする、ということでした。

    私はここでそのお守りを自分の分、母の分、弟とその婚約者の分、購入しました。

    そしてお地蔵さんに、母を助けてください、とお願いし、すぐ大阪へ向かいました。

    病院で母と面会し、頂いたお守りを渡し、「草鞋を履いたお地蔵さんにお願いしてきたので自分でも
    お願いしてほしい」とお願いの仕方を教え、お祈りをさせました。その際、鈴虫寺という話はせず、
    日本で唯一、草鞋を履いてらっしゃるお地蔵さんがいるということで(大阪に来る前に)京都に寄ってきた、お地蔵さんは
    歩いて自宅まで来てくれるらしく、そのために草鞋を履いているのだ、とだけ、話しました。

    その晩私は母のアパートで泊まり、翌朝すぐ母の病院へ向かいました。この日、初の抗がん剤を
    投与することになっていたので、夕方まで母に付きっきりでいる準備をして向かいました。

    ベッドで抗がん剤を受ける準備をしている母に、気分はどうかと聞くと、昨夜は眠れなかったというのです。
    理由は、「病室の外側二か所で鈴虫が鳴いてうるさくて」、とのことでした。

    母の病室は5階。病院は緑も土もない、周辺は町並み、建物ばかりの環境です。
    コオロギなど、そこまで上がってくるようなことはあり得ないことでした。

    母に、「実は私が行って来たお寺は鈴虫寺と言って、お地蔵さんの他に、数千匹のコオロギが
    年中いるお寺なのだ」というと、

    「ああ、あんたが連れて来たんやね、ほな、私の病気、治るわ」

    と、母は悟ったように言いました。

    はい、霊感のある母ですから(笑)。それから半年ほど抗がん剤で癌を小さくし、摘出手術、
    引き続き抗がん剤を半年ほど投与。

    見事に癌は全て消え、再発もなく5年が経過しました。

    お医者様が、「奇跡」だとおっしゃいました。

    結果は、母の言葉通りになりました。「コオロギを連れてきてくれたから、治る」。

    もちろん、私たちも神仏にお願いするだけではなく、現実として出来ることはしました。
    免疫を上げるための食事に切り変え、野菜も無農薬のものにするなど。弟夫婦が同居し、面倒を見てくれました。
    もちろん、激痛に耐え、長期間の抗がん剤と戦い、一番頑張ったのは母でした。

    人事を尽くし、天命を待つ。まさにその言葉通りの期間を過ごしました。

    鈴虫寺のお話しでは、お願いごとが叶ったら、幸福お守りはお寺へ返納ください、とのこと。

    私は遠方ですので、直接の返納ではなく、郵送での返納をいたしましたが、立ち寄る機会を
    見つけてお礼にお伺いしなくては、と思っております。

    本当に感謝、です。

    こちらのお地蔵さんは、一生に一度、というお願いごとを聞いて下さるとのお話しでしたが、
    一度だけではなく、何度も聞いて頂いている方も多いそうです。芸能人も結構通って来られる方が
    多いということでも有名のようです。

    聖天様とのご縁をつなぎたいけれども、怖い、あるいはきちんと日々、お祈りを継続する自信がまだ
    つかない、というような方は、まだ聖天様にご縁を頂く時期ではないのかもしれません。

    もしくは、初めにもお話しましたように、聖天様は人を選ぶとも言われる仏様ですので、
    選ばれていないがゆえに、ご縁を頂く気持ちに踏み切れない、ということもあるかもしれません。

    ですが、皆、やっぱり生きている間は、ああしたい、こうしたい、あれが欲しい、これが欲しい、
    願望が沢山ありますよね。

    また、神仏様との相性というものもあるかもしれません。

    私はキリスト教のカトリック、プロテスタント、イスラム教も多少、その教えを勉強したことが
    あったのですが、何となく、借りてきた服を着ているような気分になり、どうもしっくり
    来なかったものです。反面、ギリシャ神話の神々などは、何故かすんなり入ってきた感じがあります。

    仏教も、お釈迦さまに対しては、死語の平和や安泰に納得がいかない思いもあり。

    宗教はアプローチの仕方を説く方法論ですので、多様な方法があって当然なので、そこで
    では自分には赤い色がしっくりくるのか、青、または黄色、緑、どれがしっくりくるのか、
    という直感でポジティブに感じ得ることが出来る宗派を選べばよい、と私は捉えています。

    そんな中で、頂いたご縁は大事にしていけば良いのではないか、と。

    鈴虫寺に近場だという方は、立ち寄ってみるだけでも良いかもしれません。

    あの数千匹のコオロギは圧巻でもありましたよ。

    ここでご縁を頂いたバーバラ様をはじめ、読者の皆さまの、平和で幸せな日々をお祈りしています。
    心からお祈りしております。皆さまのお願いごとが叶いますように。。。

    YUKI

    • より:

      どういう言い回しでお願い事をしようか考えていたところに、なんてタイムリーな!
      さすが、yukiさま、びっくりしました。

      良縁の場合、「自分に合った人を」という言い回しがよいとのことですが、「心から好きになった人と結婚できますように」(これから出会うか、再会か、特に区別しない)というのはありですか?

      これなら特定してるわけではないだろうと思いますが。
      難しい!

  9. yuki より:

    み 様

    私の鈴虫寺での体験話をお読み下さり、ありがとうございます。

    み 様からは澄んだ水のような「気」を感じます。嘘のつけない方のようです。

    好きな方がいらっしゃるのであれば、言葉を特定しなくとも、神仏様はお見通しです。

    たとえばAさんをとても好きである、よって、み 様はAさんとは特定せず、心から好きな、と表現を置き換えた、というのであれば、それは少し違うお話になっていくと思います。

    なぜ特定するのが望ましくないのか、につきましては、そのお相手にも選択の自由意思があるから、ということが前提としてあるからです。

    それを無視して私と結婚してほしい、とお願いするのは、まかり間違えば相手の「権利無視」、自分だけの要望を相手に「強要」、そして自分の意志のままに相手を「支配」する、につながっていくから、なのです。

    これは言葉を変えれば「戦争」と同じでございますね。

    相手の国の権利を無視し、自国の要望を要求し、強要し、支配するために殺戮を行う、殺戮が国規模になれば戦争となる。

    果たして神仏は戦争を称賛するかどうか。。。

    ですので、恋愛に関して特定のお相手とどうこうなりたい、というお願いは、正直申し上げて基本的にどの神仏様でも叶いにくいことなのです。

    ただ神仏は平等でございますから、そのA様も、同じように、み 様を好きであった、という場合はすぐ叶うと思います。

    もし特定の好きな方が今現在いらっしゃらず、そこで「心から好きな人と」という表現を使われるのであれば、問題はないかと思いますよ。

    個人的に私は恋愛や結婚、性的なことへの関心が若い頃から薄いので(おそらく神仏ごとをする運命があったからなのかな、と思ってはいますが)、この手のお願いをしたことはないため、恋愛や結婚成就体験をお話は出来ないですが、聖天様に不倫成就をお願いして、少し時間はかかったけれど叶えて頂いた、という話は何度か聞いたことがあります。

    他の神仏で叶えて頂けないことでも叶えて下さる、ということなのでしょうね。

    • kaiun より:

      yuki様

      お返事をありがとうございました。

      皆様、近々、yuki様のコーナーを星の小箱に設置予定です。

      ご期待を。

      B

    • より:

      Yukiさま、ありがとうございます!
      「具体的な誰か」なのかは自分でもあまりよくわかってないところがあります。

      どう転ぶかは聖天様にお任せしとこ(←いい加減)。

      >み 様からは澄んだ水のような「気」を感じます。嘘のつけない方のよう

      えへへ…なんだか照れてしまいますが、確かに嘘は下手ですね。

  10. yuki より:

    バーバラ様のツアーの記事を拝見いたしましたが、おみくじを引かれた方が「凶」と出たとのことで。。。

    この「凶」という字は死と文身(ぶんしん)(入れ墨のこと)に関係した文字で「凵」と「×」を合わせた字形です。「凵」は胸の形です。死者の胸に朱色などで×形の文様をかき、死体に悪霊が入り込まないようにまじないをすることを「凶」といいます。

    人が亡くなったときのことであるので、凶事(縁起の悪いこと)の意味になった、とのことです。

    ですが、突き詰めますと、これは悪いことではないように思います。死も別に悪いことではなく、自然の摂理でございますから。それを残された人間が悲しみ恐れ、死を恐れ、死体をタブー化していっただけのことだと思います。死という事象も、死体という存在も自然なことですから。。。

    私は個人的に、何度か大吉を引いたことがあるのですが、何故かその年は本当に大吉なの?というくらい、まるで厄年であるかのような悪いことが起きていました。

    逆に「凶」の時は、あれ?今年はそんなに悪い年ではなかったのでは?と思うような年でした。

    おそらく、大吉だと自分でも気づかないうちに、心のどこかでたかをくくって油断したり、奢ったりしてしまい、そのしっぺ返しをくらうのではないかと。。。

    逆に凶は、ああ、今年は良くないというのなら、気をつけなくては、と気持ちを改め、引き締めて生活するので、その跳ね返りのエネルギーの力学で、悪い方には行かないのだと思います。

    物事や事象は合わせ鏡、とも言いますものね。

    聖天様は、そういう意味で助言をして下さっていて、守ってあげようとしていらっしゃるがゆえに、注意喚起を促しているだけなのです。ご縁を頂いたのであれば、ちゃんとお守りくださいますので、整然とした生活を送り、謙虚な気持ちで日々過ごされると問題はないように思います。

    楽しいツアーをお過ごしになった様子が、バーバラ様の軽快な文章から伺えます。美しいですね、楽しくなさっていらっしゃることは、素晴らしいことで。。。(^^)

    • たっくん より:

      バーバラ様
      yuki様
      こんばんは、横からですが、、、yuki様って素晴らしいですね
      yuki様のおかげで、浴油祈祷をするという願い事が叶いました。
      バーバラさんもこの記事を書いていただいたおかげか?
      まだ知らない世界が待っていますね。。。
      ありがとうございました。

      • kaiun より:

        たっくん

        yukiさま素晴らしいでしょ?

        浴油祈祷、なさったんですか。

        B

        • yuki より:

          たっくん 様

          追記いたしますね。

          この記事を書いた私、ではなく、バーバラ様のおかげで私が記事を書かせていただけているんですよ♪ (^-^)

          本当にありがたいことです。

          皆様の幸せが叶いますように。。。

      • yuki より:

        たっくん様

        たいした者ではありません。まだまだ ひよっこで、学びの最中です。。。

        浴油、なさったのですね。

        ご縁がいただけて良かったですね(^_^)

        お願いごとがかないますよう、私もお祈りいたします。

  11. 不思議 より:

    すいません、お尋ねしたいのですが、神仏との相性もあるんでしょうか。
    例えば浴油中に親が事故にあうというのはやはり、相性が合わないのでしょうか?

  12. たっくん→惺燿誉樹(せいようしげき) より:

    バーバラ様
    はい。

  13. yuki より:

    不思議 さま

    はい、神仏の相性はあると思います。浴油祈祷は親御さまにかかる無事故、無災害、健康を、というような内容をお願いなさったのでしょうか?

    聖天さまに限り、申し上げますことは、聖天さまは人を選びます。不思議さまの、お怪我をなさった親御さまは聖天さまとはご縁を結ばれていらっしゃいますか?

    • より:

      浴油祈祷が済んだので、明日、聖天様のお守りを受け取りに行きます。

      が。
      私が初めて聖天様のお寺に詣でたときに、敷地に入るなり心臓がぞわぞわして頭痛がしたのです。
      お線香をあげたら治りましたが、やはりこれは相性悪いということなのでしょうか?

      また頭痛とかしたら嫌われてるというか、
      「叶えてやらないぞ」
      といわれてるみたいな気がしてしまいます。
      しょぼん…

      • yuki より:

        み 様

        お寺様では、あなた様の頭痛と心臓のぞわぞわについて、どういうことなのか、お答えは頂きましたか?

        • より:

          浴油祈祷の後のお守りを受け取りに行ったら、なんともなかったので、伺わなかったのです。

          もとから力の強い神社で頭痛を起こしがちなのですが、だいたい2回目以降は慣れて何も感じなくなります。
          待乳山聖天はおそらく陰の気が強いので、ぞわぞわしたのではないかと思います。

          今回は、頭痛はなくとも、なぜか迷子になってぐるぐるしてようやくたどり着きました。
          「お前なんか精進足りないくせにそういう願い事するから、ぐるぐるさせてやる」
          という思し召しのようでした(涙)。

          本堂に入ったら、前にいた人が全員出てしまい、私がいる間は無人。
          そして、お守り受け取って出てきたら、黒い蝶々がひらひら通り過ぎていきました…うーむ…大丈夫かな…。

          • kaiun より:

            み様

            まあ、ぐるぐるしちゃいましたか。

            あまりぐるぐるする地形ではないのに、不思議ですね。

            何かまた不思議なことがあったら教えてください。

            B

  14. yuki より:

    不思議 さま

    追記いたしますね。

    浴油祈祷はあくまでも 不思議さまの叶えたいこと、のお話で、どのお寺さまでもおそらく、願望は具体的に明確に、と言われるかと思います。

    それと不思議さま以外の方のことは、関与するものではないと思います。

    またたとえご縁をいただいていても、生き物には寿命というものがありますから、もし事故や病気でお亡くなりになられたとしても、祟りというより、単にお守りいただけていなかった、あるいは寿命である、とかのケースである場合があります。

    相性が悪ければ自然に聖天さまと 不思議さまのご縁は離れていきます。

    TVを10cmしか離れていない距離で見ても何がなんだかわかりませんが、1m離れたらよく見えます。

    木を見て森を見ず、では何も理解しづらいものです。

    森を見て木を見ず、でも、大事なことを見落とします。

    愛称は、すぐに判断せず、少し日々のお祈りを続けて様子を見て見ましょうか (^_^)

  15. 不思議 より:

    丁寧な回答ありがとうございます。母は以前よりご縁いただいて11面様にいつも助けられているようで、浴油した寺ではないところで、助けられています、私は何度か、母の危機を夢で教えていただいているんです。今回は母の腰痛が酷く、それも祈願しました。しかし私がお寺に行ってる時に火傷してしまいました。それが油をひっかけたような酷いもので。私は哀しくなりました。私と相性が合わないのかもしれないです。なぜなら、私が好きな人の誕生日にそんなことになりました。
    人を選ぶとすれば私とは相性が合わないのかもしれないですよね?私はその日は朝早く、起きれて、お寺に行き、お参りできて、嬉しかったので、ショックでした。それとも、試練を乗り越えなきゃいけないのか、わからなくて。

  16. yuki より:

    不思議さま

    お母様と不思議さまのお寺は一緒ですか?

    お母様の信仰のあり方と、不思議さまのあり方がどうなのか、今までどんな感じで信仰されてきているか等々は、記載を拝見しただけではよく分からないのですが、お母様と不思議さまのお寺さんからは この件については何と言われました?

  17. kaiun より:

    お、にぎわっていますね。

    yuki様、回答をありがとうございます。

    バーバラです。

    聖天様が人を選ぶのかどうかはわかりませんが、一回どーんと落とすようなことはあると思います。

    本当にやっていけるのか、試すというか、ふるいにかけるというか。そんな感じがします。

    ツアーでの参加者の中に、

    「なんだか、雰囲気がマツコデラックスさんみたい(汗)」

    と、おっしゃった方がいて、なんとなく納得いたしました。お膝ポン!

    厳しくも優しい雰囲気…。

    ☆☆

    厳しい感じは、何回もお参りしてご縁をいただいていくうちに、だんだんなくなってくる気がしています。

    それにつれて、なんか使われている感が…。

    いや、悪い意味ではないのですが、お役目をいただいたり、人と人の縁を結ぶ手助けをしたり、といった感じがします。

    ☆☆

    感じとしましては、聖天様は言いたいことが直球です。

    「こうしたらどうかしら?」

    「これはやめといたほうが」

    というメッセージではなく、

    「いいから、やれ!」

    「だめ! やるな!」

    っていう直球のメッセージを受け取ります。人の口とか、ふと見た看板とかですが。

    ああ、激しいなぁ、と思います。

    人によってはメッセージが、力づくのものになるかもしれません。

    凶のおみくじとか、メッセージの受け取り方が人から怒鳴られるようなインパクトのあるものになったり。(先日、ツアー中、お供え物の大根の取り扱いについて激しいメッセージをいただきますた。以後気をつけます)

    個人的な意見ですが、もしかしたら、事故など、過激なメッセージ手段にでることがあるかもです。

    だめなら、電車止めてでも行かせない、的な。はっきりしてるの。

    ダイエットしたいと言っていながらビスケットを食べようとする人の手をはたいてビスケットを叩き落す、みたいな感じです。(なんか、あんまりうまくない例ですが)

    「おまえ!痩せたいならいいかげんにしろよ!それ、食べるな!」みたいな感じ。 うんうん。

    ☆☆

    今年も半年たつので、年初に書いた今年叶うといいなということを書いたノートを見返しました。

    お願い事は、2017年に願ったことは、ほぼ叶っています。

    「ツアーガイドってやってみたいんだよね」

    と、思っていたら

    「聖天様のツアーガイドやりませんか?」

    との打診が、旅の会社から稲光のように舞い込みました。むっちゃ楽しいです♪

    「開運風水のグッズショップ作りたいんだよね。画面右上にアイコン入れて。誰か作ってくれないかな。(以降虫の良い願いが続く)」

    稲光のように叶いました。虫がよい願い全部のせで。

    「今年は海外旅行に行ってみたいんだよね。ちょっとかわったやつ。お値段以上な感じで」

    すでに、2回叶っています。願い以上に叶っています。今年はもう1回行くでしょう。叶いすぎです。

    ☆☆

    聖天様との付き合い方、YUKIさんの、「日々の食事みたいな感じ」ってとても納得いたしました。

    人によっては、異常に恐れたり、神経質になりますが、日々のお食事みたいに、ありがとう、って感謝していれば、結構面倒見のいい神様なんじゃないかと思います。

    バーバラ
    (しかし、ここ、すぐにコメント数100越えしそうだね)

  18. yuki より:

    私は遠方沖縄在住でございますので、浴油祈祷は実際にはお寺へは行けておりません。ですので、どこの聖天様を祀ってあるお寺にも足を踏み入れたことがないため、体感として参拝して浴油をした感覚がなく、そのアドバイスをするにあたり、適任なのかどうか悩むところではあります。。。

    現実的で申し訳ないのですが、現金を書留封筒に手紙と一緒にいれて毎月お願いして浴油をしていただいています。お供物がいつも代わりに送られてくるのですが、あちらのお坊さんは私を覚えて下さっているので、時々分からないことや、聞きたいことは電話して聞いています。ああ、あの沖縄の方ね、と優しくお答えくださいます。

    一つ言えることに、聖天様に限らず、世のパワースポットと言われる空間や区域の周囲は、だいたい、最悪です。。。。

    救ってほしいと集まってくる成仏できない霊がうじゃうじゃいるせいか、何がどうしてそうなるのか分からないのですが、パワースポットにたどり着くまで「そういうもの」に当てられてしまう方は、結構多いようです。

    お稲荷さんの総本山(ダキニさまのいらっしゃる豊川稲荷ではなく、京都の伏見稲荷さま)は、聞けば、周辺に名だたる武将の墓が色々あったり、その裏の山は、まあ、どど~~ん、とうじゃうじゃと妖面なるもの漂っていたり、または高野山周辺も、長野県のゼロ分岐峠周辺も、うじゃうじゃ、どろ~~ん、という気が漂っている、というお話があり、そのパワースポットへたどり着くのが結構大変だそうです。魔除けを二重、三重にもしてその空間を突破する、という方もいるのだとか。。。

    神社やお寺周辺も、規模によって違うようですが、だいたいそうみたいな感じですよ。

    沖縄の琉球八社のうちの、代表格である波之上神宮は、はい、そのひざ元は戦前より無縁仏で捨てられた遊女や、望まぬ妊娠によって捨てられた赤ん坊の骨がわんさか埋まっているそうで、今、そこは公園のようになっているとのこと。

    そのすぐ横にその波之上神宮があります。

    私は数十年も沖縄で生きてきて、この間波之上神宮近くに用事があって初めて行ったのですが、ああ、ここもそんな感じ(神社周辺で悪い気や霊が漂っている)か、と思いました。今もその区域は風俗店が結構多いです。神社に風俗って、、、と思いますが、他のお寺でもそういう区域はありますしね。

    聖天様の人を選ぶ、というのは、ダキニ様と比べると分かりやすいかと思います。ダキニ様とご縁を結ぶのに、浴油祈祷などは要らないそうです。

    聖天様のお寺は、寄付の金額が他のお寺の平均よりはるかに高い傾向があり、中には1億円レベルの寄付も結構あるようです。

    つまり、浴油祈祷をするお金のない者は聖天様を拝めない、ということなのだそうです。

    ダキニ様やお稲荷さんはお願いする際にそういうことは必要ないので、なので、聖天様は人を選ぶ、そして選んだ人をさらにお金持ちにしてあげるので、1億円くらいポンと寄付できるような収入を手にする人も珍しくないんだ、というお話を聞いたことがございました。

    そういう意味での、人を選ぶ、ということだったりするようで、聖天様が、お前は嫌いだから不幸にしてやる、というようなことではないと思われます。

    確かに、世の中には千円の浴油祈祷の代金ですら出せないほど、「かつかつ」の方は沢山います。特に私の沖縄は所得最低県、失業率ワースト1の県で、500円のお弁当ですら毎日は厳しいという人はゴロゴロいます。病気しても病院に行けないので、時間が経過して十二指腸潰瘍になってしまっていた、という人も2人ほど知っています。夕飯代がないので、近くの魚を釣り、それで食費の足しにしている人たちも結構います。その海で観光客にボートに乗ったりされると、魚が逃げるので困る、という話もちょくちょく聞きます。わずかばかりの母子手当てをもらうため、虚偽離婚をしている夫婦も沢山いる、と言われています。

    そういう意味では、私は浴油が出来るお金の余裕がある、ことじたいが幸せなのだろうな、ようやくここに来て巡り合えた、つまり、選ばれた、と思っています。

    これはあくまでも私の捉え方、考え方でございますので、皆さま、それぞれ感じ方は違って当然だと思います。

    • 聖天信仰を考えている者より より:

      Yuki様御守りはじめまして。叶えて頂きたい願いがあり聖天信仰を始めた者です。私の悩みは金銭的な物で「浴油祈祷」すら儘ならない状態です。yuki様が仰られる通りなら、聖天様は「貧乏人は信仰などしないでおけ!」と言われている神様だと言う事で理解してよろしいのですか?

      • kaiun より:

        聖天信仰を考えている者より様

        yuki先生は、たぶんここにはもうお書きにならないと思いますので、代わりにバーバラがお答えいたします。

        まずは、できるところからでよろしいのではないでしょうか。

        B

  19. たっくん→惺燿誉樹(せいようのりき Seiyou Noriki) より:

    バーバラ様
    Yuki様
    こんばんは、夜分遅くに失礼します。(?)
    Yuki様からコメントいただけて、すごく嬉しいです~!
    そうですね。Yuki様の聖天様とのお付き合い方、感激しました。
    お祈り、ありがとうございます。
    ご返信ありがとうございました。
    またちょくちょく見ております。

  20. 不思議 より:

    母と、浴油した寺院は別で、問い合わせはしていません。メッセージがわかると良いけど、偶然かもしれないですよね。私自体は朝早く起きられ、お参りに行け、清々しい気持ちだったんで、びっくりしましたが。昨年より、母は災難続きなので、別のことがあるかもしれません。ただ浴油は何度かしてはいます、私は叶ってはいないです。お参りも行っているから、相性もあるのかもしれないですね。

  21. Yuki より:

    皆様

    私がご縁を頂いている宝山寺の、聖天様を専門になさっているお坊様から、宝山寺の言葉として正式にご鞭撻を頂きましたよ!(^^)

    はい、私も申し上げたとおり、担当のお坊様は、「聖天様は、こいつが嫌いだから意地悪してやろう、邪魔してやろう、などとということはなさいません」とのこと。

    油をかぶった事故につきましては「『たまたま』なので、そう思いがちになるでしょうが関連性はありません」、とのこと。

    また、

    「その方)は、起こった事象を、ああ、これはきっと合わないんだ、良くないんだ、と思ったり悩んだりすると、これからも何かあるたびにそう思うようになっていくので、そういうマイナスの思いが、ますます悪いことを呼び込んでしまいますよ」

    と少し心配なさっているような口調でお話されていました。。。

    お坊さんは専門職でいらっしゃいますし、何よりも聖天様の専門のお坊さんは、皆様方の祈祷を聖天様に届けることが出来る、強い法力を持つために大変な修行をなさって経験を積んでらっしゃるのが常です。

    ですので、まずはご自分の行かれたお寺さんに電話して、気になる疑問について尋ねてみてはいかがでしょうか(^^) 

    あと、人間は防衛反応の仕組み上、どうしてもネガティブになっていくのが自然なんですよね。。。

    ですので、毎日「努力して」前向きに生きて行くことをしていかないと悲観的にしかなっていかないものでもあります。

    そうなると、引き寄せの法則ではありませんがネガティブ連鎖で、聖天様以前の次元の話として、悪いことしか寄ってこなくなります。

    かの有名なマザーテレサは、

    「思考に気をつけなさい。いつかそれはあなたの言葉になるから。
     言葉に気をつけなさい。いつかそれはあなたの行動になるから。
     行動に気をつけなさい。いつかそれはあなたの癖になるから。
     癖に気をつけなさい。いつかそれはあなたの人生になるから。」

    と、名言を残しています。

    愚痴や不安、悲観的なことだらけの人生をお望みですか?

    かくいう私も、日々、前向きになれるよう、自分なりに努力をしているつもりでございまして、もっか聖天様にその努力を見守っていただいている身の上です。

    一連のことをわが身に照らして、お坊様の言葉も振り返り、かつ、色々と反芻し、皆様方へお伝えすると同時に、自分の中でも襟を正すべきことを感じました。

    本来ならば、お一人おひとりにお顔を合わせてお礼申し上げるのが礼儀ですが、気づきを与えて下さったバーバラ様と皆様へ、この場を借りてお礼を申し上げます。

    ありがとうございます。心から感謝申し上げます。

    ふつつか者ですが、今後もよろしくお願い申し上げます。

  22. yuki より:

    補足いたしますね。

    ・神仏との相性が合う ⇒ お願いごとが次々叶う。色々と物事
                 がスムーズに進み始め、守られて
                 いるのが実感として分かる。

    ・神仏との相性が?? ⇒ 良いことも悪いことも起きない。
                 神仏が近くにいらっしゃる感じ
                 がない。

    ・神仏以外の影響 ⇒ 良くないことが起こる。原因は霊で
               あったり、風水上の問題であったり、
               星回りが悪い時期であったり、本人
               がマイナスエネルギーの思考を発信
               していて、良くないことを知らずに
               引き寄せている。バーバラ様の風水
               で開運のきっかけをつかむよう、
               きっかけの「気」を作ったり、四柱
               推命など、統計的に非常に高い確率
               で人生の流れが分かる予見で、悪い
               時期に備え対処する。または瞑想で
               ポジティブエネルギーを充てんする。
               神社やお寺さんめぐりをして、
               いいなと思う神社やお寺さんにご縁
               を頂く。

    こう説明すると分かりやすいでしょうか。。。
              

    • より:

      具体的に説明いただき、ありがとうございます。

      小さなラッキーは起こりますが、プラマイゼロ、という感じです。

      おみくじ凶の1人ですが、浴油祈祷でお願いした内容と少しずれたところで、
      「そりゃ、それはダメっていうよね」
      と気がついたものはありました。

      バーバラさんのように即効で叶う人もいるけど、内容的にどうしても時間のかかる人もいるでしょうし、気長に待ちます。

  23. yuki より:

    み 様

    気づきがあったようで、良かったですね(^^)

    そうですね、人によってすぐ叶う人と叶わない人がいるようです。

    私はご縁を頂いてから、半年ようやくたった程度、なのですが、月に一つずつくらいで、浴油をしていないことでも叶えて頂いています。

    小さいお願いは、もっとちょこちょこ叶っていますね。

    私は初めての浴油祈祷で聖天様に嫁がせて頂きました、と思っているので、そのあたりも関係しているんじゃないかなと思いますが、他に運気を上げるためにしていることは、パワーストーンを身に着け、部屋に観葉植物を飾る、とかですね。

    バーバラ様の風水、勉強になりますよ!風水は、量子論のもっともたるものなので。。。

    観葉植物は、パキラ、金のなる木、モンステラ、サルスベリ、ゴムの木、トイレはシダとアイビー、聖天様の御札の横はハイドロカルチャーのミリオンバンブーを置いています。

    仕事前に朝、日当たりのあるベランダに出して水をあげ、帰宅して部屋に取り入れています。

    そのうち聖天様の好きな大根を、ベランダ栽培しようかなあ、などと考えています。

    パワーストーンは、以前はずっとラピスオンリーでしたが、2~3年位前から、黒水晶とシナバー(辰砂、例の賢者の石です)しか気にならなくなり、そのブレスレットを右左でしています。

    あとは、インドのパラド(水銀と銀の合金)の小さなペンダントと、昔は刃物や武器に使用されていたという黒曜石(オブシディアン)にガネーシャさんがくっきり掘られたもの、をしていますかね。。。

    聖天さまは秘仏ですが、ガネーシャさんは違いますので、それなら問題なかろう、ということで購入しました。

    全てアクの強いストーンです(笑)。こういうのいっぺんに着けたら、石酔いする人も結構いらっしゃるだろうなあ、と思うのですが、私は気分があがります。

    悪霊よ、ネガティブパワーよ、かかって来い!と、悪をやっつける何とかレンジャー、変身!みたいな気分になります(笑)。

    ちなみに、例の霊感の高いアメリカ人上司は、私のシナバーやパラドに触れて、「不思議なリズムで脈打ってる、何か見たことがないエネルギーだあああ」と目を丸くしていました。

    黒水晶を見て「おお~~、これは僕も絶対ほしい!」と、やいやい騒ぎ始めたので(笑)、好みに合うような原石っぽい、大きめのペンダントタイプのものを探してあげたら、すごく気に入ったようで、以後、これをしていると変なことが起きなくなった、と言っていました。

    他には、場の悪い職場に今、毎日行くので、バーバラ様の紹介ページにも紹介されていました塗香を持参しています。その中でも、高野山大師堂で販売されている、ビャクダンを持ち歩いています。

    アメリカ人上司も私も、これを手にし、首の後ろにつけたとたん、ぞわっっ、と全身毛が逆立ちました。悪寒ではなく、感動した時に逆立つ毛、あの毛、です。

    2人して、”これ一番パワーすごくない?”と興奮してきゃいきゃい、騒いでおりました。

    もちろん上司はそれも私から分けてもらって、喜んで帰って行きました。寝る時、体に塗ると霊の妨害がないので安眠できる、とのことでした。

    聖天様への日々のお祈りも、浴油祈祷ももちろんですが、他にもこんな感じで、取り入れられることはしています。

    瞑想のイメージングも、精神的に疲れた時や、確実に決めたい転職前、などには毎日2時間くらい取り入れたりしています。

    熱がある時は、早々にイメージングを行い(美輪明宏さんがおっしゃっていた、どろどろした真っ赤な太陽を全身で飲みこむイメージ瞑想、をやってい)ます。翌朝けろり、と治るんで、ここ6~7年、風邪ひとつ引いていません。さすがは美輪様。。。

    バーバラ様の星の小箱でも、素敵なストーンが並んでいますね。

    気になるストーンがあれば、お守りとして幾つか持っておくこともお薦めですよ(^^)

    基本的には直観で、あ、これだ!と思うものを選ぶのがいいと思います。

    • kaiun より:

      yuki様

      すごい石ばかり身に着けているのですね。

      読んでいるだけで石酔いしそうになりました。

      そのパワーをコントロールできるだけの強さをお持ちなのですね☆

      私は、黒水晶(モリオン)とスギライトを愛用しております。 魔除けと癒し、です。 

      B

  24. yuki より:

    バーバラ様

    三大ヒーリングストーンのスギライトですね!

    チャロアイト、ラリマーと並ぶ強い癒しを持つ石ですよね。。。

    私は合わなかった石、というのは今まで無いですね。石酔いや

    気分悪し、みたいなこともなく。

    インド占星術では、合銀(水銀と銀)は、土星の影響を和らげて

    くれると聞き、ちょうどその合銀でガネーシャ様の絵が描かれて

    あったペンダントを見つけ、購入しました。

    ブレスには、実は、聖天さまの梵字を特別に彫って頂きました。

    ファッション性は全てなく、明らかにお守り色一式、という

    感じです(笑)。

    まあ、私の場合はそれで良いとして(笑)、その点、

    バーバラ様の星の小箱のストーンは、いかにも、という

    感じがなく、普通に身に着けてても違和感ないデザインなので、

    一般の皆さまにはお求めしやすいと思います(^^)

  25. Yuki より:

    たっくん→惺燿誉樹(せいようのりき Seiyou Noriki) 様

    こちらこそ、お時間を割いて頂き、お読み下さってありがとうございます(^^)

    今後ともよろしくお願いいたします。

    Yuki

  26. めいこ より:

    最近気になって、拝見させて頂いています。
    特に最近はどうにもならない悩み事があり、聖天様を知りこのブログにたどり着きました。
    私はとても不義理な人間で、今現在その因果なのかなぁと思います。
    いつも誰かが助けてくれる状況で、それに甘んじ何一つ自分で解決しない出来ました。そして解決すると、離れて行き、不義理を沢山しました。
    今現在は、何とか自分で解決すべくもがいていますが、上手くいかず今後どうするか、悩み聖天様の力を借りようかと考えています。
    今現在、あらゆる占いをしたり、個人で聖天様にご祈祷されている方に頼ったりしています。
    結局人から神様に変わっただな駄目人間の私ですが。。。
    今回の悩みとは別に、少し前に違う神様とご縁があり、厄除けをして頂いた神様に何度かお参りしています。
    呼ばれていると感じることがあり、お願いごとはせずに、ただいつもありがとうございます。と挨拶しに行く感じです。
    他の方も書かれていますが、やはり神様とも相性があるように感じます。
    神様は悪いことはしないけれど、きちんと義理を果たしてくれる人、神様自身が好きと感じる人がやっぱりいるのでしょうね。
    私も聖天様と良いご縁があればなぁと感じます。

    またパワーストーン系のことも書いてありましたが、ただ何となく買った一部で有名な強力祈祷済みパワーストーン等、購入しましたが、その後厄続き。。。
    藁にもすがる思いで、占いをしてみましたが、どの方にもそのパワーストーンを捨てなさいと言われるくらい強力なものでした。怖くて捨てれませんが。。。
    やはりパワーストーンも合う合わないがあるみたいです。
    人間、物、神様も、好き嫌い、相性、縁ってやっぱりありますね。
    長々と書いてしまいましたが、バーバラ様のブログに会えたのもご縁と感じ、書かせて頂きました。
    本日、お盆ですが事情により行けず、またまた不義理な私ですが、このブログに会えて、何だか頑張れる気がしましたので、今回コメントしました。
    ありがとうございます。

    • kaiun より:

      めいこ様

      コメントをありがとうございます。

      そうですね、パワーストーンには相性があるようですので、これ!とピン!ときたものがよいようです。

      鑑定をしていて思うのですが、「私って運が悪いんですよ」といわれる方に限って、ドタキャンが多いのは感じます。

      相手の都合を考えず、そういうことを続けていれば、そりゃ運は悪くなるだろうよと思うことがあります。

      運の良い方って、やはり不義理はなさいません。

      でも、めいこ様はそれに気が付かれたんですもの。 

      これから開運に向かわれるのではないでしょうか。

      ダメ人間なんていうことはないと思いますよ。

      バーバラ

      • めいこ より:

        バーバラ様、
        コメント頂き、凄く嬉しいです。
        実は浴油を申し込みました。ちょっと前に個人でやっている方にも聖天様へのご祈祷をお願いしましたが、今回は待乳の聖天様です。
        郵送での申し込みでしたが。。。手が震え、心臓バクバクで申し込みました。今回何度も、やめようかと悩みましたが、結局申し込みしました。悪くなっても、良くなっても、結局は自分で選んだ道なので、頑張ろうと思います。
        バーバラ様のブログを拝見すると、聖天様って怖いというより、面倒見の良くて義理人情の厚い先輩って感じがします。その分、本気で怒ったら怖い。。。
        実はバーバラ様のブログにコメント後、昔不義理をしてしまった方に二回立て続けに会いました。。。
        すれ違い様でしたので、相手は気づいていないぽいですが。結構近所に住んでるのに、7年も会わなかったのにです。きっと何かあるのでしょうね。自分を試みる良いきっかけになったような気がします。
        占いについてですが、実は最近まで全く信じてなく(笑)厄続きで、初めてしかも立て続けに占って貰いました。全部バラバラな結果でしたが(泣)元々幽霊より人間が怖いタイプで、たまにある霊体験しては霊に切れております。
        実は私は、「私って運がいいな」って逆に思っておりました。いつも助けられてるので。それなのに、最低な人間でした。良くしてくれる人間をどっかで見下してました。(ごめんなさい。)
        これからは、助けられる人ではなく、助けて上げられる人になれるよう頑張ります。

        またまた長々失礼しました。
        今現在、yuki様に占って頂こうか悩み中です。
        家の家系は恐山系にゆかりがあるらしいです。
        ユタの家系のyuki様に占ってもらったら、どんな結果になるんですかね。ちょっと怖いです。。

        • kaiun より:

          めいこ様

          そうですか、浴油しちゃいましたか。

          不義理をした人に二回立て続けにあうとは。

          おっしゃるとおり、それは偶然ではなく必然かもですね。

          一度連絡をとってみてはいかがでしょう。

          ユキ先生、いいですよ。 1割引きの今、ぜひ。

          ちなみにユキ先生は、ユタではなく神女の家系なのです。 

          ユタさんは民間を占うもの。神女は、琉球王朝からお給料をいただいて国家のことや御嶽の管理をするお役人さんみたいな立ち位置なんですって。

          B

  27. yuki より:

    皆様、お元気でしょうか?カワウチ一 ユキです(^^)

    お久しぶりに聖天さまのことにつきまして、コメントさせていただきます。

    今回のテーマは、「お願いごとが叶いやすくなるお祈りの仕方
    」。

    私は聖天さまにお参りもして、浴油祈祷もしているのに、なかなかお願いが叶わない、

    という方のお声をよく耳にします。

    そうおっしゃる方々のお話しをお伺いしていますと、おそらくそれは、

    祈り方が少し違っているのではないだろうか、という気がするのです。

    ですので、お祈りの仕方、というのを少し具体的にお話しした方がいいのかも、と思いました。

    私の方法を参考にしていただければ幸いです(^^)

    密教の観法で、大日如来の身、口、意の三つの働きが自分の中に入り込むと同時に、

    自分の身、口、意も如来の中に入り込み両者が一体となること、を意味する言葉に

    「入我我入(にゅうががにゅう)」という言葉がございます。

    聖天様にお願いのお祈りをする時には、この一体感を、体感として感じながらお祈りをするんですね。

    そうすると叶います。早いです。

    え?でもどういう風に?とお思いになる方も多いでしょう。

    この体感は、瞑想をある程度慣れた方であればご理解いただけるかと思いますが、そうですね、、、

    宇宙を漂っている時のような、あの爽快感と安心感、とても深くリラックスした感覚で、

    一切の不安や心配ごとはなく、心に一点の曇りもない感情、とでも申し上げましょうか。

    そこに、宇宙の空気と、自分の体の細胞一つひとつが、「透けて」、

    宇宙の空気が何兆もある細胞全てを満たす感覚とエネルギー、柔らかい光があって。。。

    大日如来さまのおわす世界は、宇宙の曼荼羅そのものです。

    聖天さまは如来様の下にいらっしゃる観音様をお守りしていますので、その曼荼羅の中にいらっしゃいます。

    この宇宙感覚を得て、宇宙と一体になる、つまり、宇宙の全てでいらっしゃる如来様と一体となる、

    という感覚を持ってお祈りするのが理想なのですが、

    まだまだ未熟者の私たちは、そこまではなかなか厳しいです。

    ですのでまずは、宇宙の一部と融合する感覚を瞑想によって、

    ああ、こんな感じかな、と得る必要があるのです。

    お寺でどの宗派でも、瞑想はだいたい修行の一環で取り入れられていますが、

    それにはれっきとした意味があるから、なのです。

    そして私が以前お話しした、太陽を飲み込む瞑想、はその一番初歩的な瞑想方法になります。

    お願いごとは、必死の感覚で「お願い、お願い、お願い」という感情では届きません。

    それは一体となる、という感覚から一番遠い感情だからです。

    私はご縁を頂いて以後、旅行時以外は家に置いてあるお札に向かって毎日朝晩お祈りしているのですが、

    その際、恋焦がれて結婚した旦那様だと思って、ささやかなお供え物とインセンスを炊き、

    お茶など飲み物も備え、真言を21回唱えてからお祈りします。

    本来はお風呂にも入り、歯も磨いて綺麗な衣服を着て、というのが筋でしょうが、

    完璧にいかずとも大丈夫。

    インセンスで空間とともに浄化されていますので(^^)

    気になる方は塗香を使ってもいいかと思います。

    その際は手、首の後ろの付け根、額の第三の目の部分、口に少し含み、清めます。

    そしてまずは、日々の感謝のお祈りを先に。

    そして具体的に叶えて頂きたいことを、なぜ、この願いを叶えてほしいのか、を

    「必死にならない」で「一心不乱」に

    お祈りします。

    ここで言う、一心不乱にお祈りすることは、必死になってお祈りするという感覚とは少し違います。

    心一つ、聖天さまに向けて、心乱すことなくお祈りする、という意味です。

    非常に平常心で宇宙を漂い、宇宙の気を自分に満たす感じを伴い、

    聖天さまの体と融合しお話しをする、というようなイメージでしょうか。

    それ以外のことはお祈りの最中、脳裏には存在していません。

    あと最近気づいたのですが、私はその時無意識に複式呼吸になっているようです。

    そうしますと何となく、霊感や直観力が冴えてくるのが感じられると思います。

    私の場合、お祈りの間やお祈りを終えた時、「ああ、叶ってる、今、水面下で動いてるな」という感覚があります。

    ただ私も人間ですので集中力も体調も日々波があって毎回完璧にはいかないのですが、

    その代わりに必ず朝晩はこうしてお祈りの時間を取っています。

    もちろん朝晩に関わらず、日中でも、常に歓喜天さま、と質問したり、

    真言をちょくちょく唱えたり、ということはします。その際はそんなに集中はしていません。

    ですので皆さま、ど~~ん、と気持ちを構えて「入我我入」、

    焦らずに宇宙の空気に自分の細胞を通過させ満たしましょう。

    そもそも大日如来さまをはじめに、四十八尊の皆さまがたは地球ではなく、

    曼荼羅に描かれているように宇宙にいらっしゃるのです。

    これはもう、こちらが会いに飛んでいかないでどうするのだ、ということですよね。

    なかなか叶わない、とおっしゃっている方、

    まずは宇宙に飛んでいく瞑想の練習から始められると良いかと思います。

    必死の感情や、お願い、お願い、お願い、みたいな感じのお祈りの仕方だと、

    執着というおもりをはめられて地上に縛り付けられるだけですので、

    くれぐれもご注意くださいませ(^^)

    ご拝読ありがとうございました。

    カワウチ一 ユキ拝

  28. ブリリ より:

    バーバラ様 yuki様
    何かのご縁でバーバラ様の開運風水に巡り会えました。とても楽しく読ませていただいております。叶えて頂きたい心痛事があり待乳山本龍院で浴油祈祷をいたしました。yuki様のようにきちんとは出来ておりませんが毎朝夕と手をあわせ真言を唱えております。なかなか願いが叶わずバーバラ様の聖天様とのつきあい方を読み返していましたら、ハッと気づく事がありました。yuki様が書かれていた「必死にならない」で「一心不乱」にと言う部分です。私はもう必死に必死にすがる思いで手をあわせておりました。yuki様がおっしゃている「一心不乱」が私にきちんと理解できているかまた心乱すことなくお祈りする事が出来るか不安ですがその様に捉えて頑張ってみます。と言っておきながら・・・
    浴油祈祷は同じ願い事を毎月してもよろしいのでしょうか。やはりこの様な事も何度も必死にならないで1回お願いしたらお任せする様な気持ちでいた方がよろしいのでしょうか。私の執着というものを取り払わないといけない様です。本当これがなかなか難しいです。お二人のお話がとても勉強になります。

    • kaiun より:

      ブリリ様

      yukiさんは、同じ願い事、というか、お礼と報告、といった形を毎月なさってらっしゃるみたいですよ。

      バーバラは、行きたくなったときにふらっと派です(笑)

      ご自分のスタンスに合わせてゆっくり長く付き合えていけたらよろしいのではないでしょうか。

      神様が「今月は祈祷してないじゃないかっ」というような小さなことでおこるとはおもえませんもの。

      おっしゃる通り、「絶対に〇〇じゃなきゃだめだ!」というお願い出ない方がよいかもしれません。

      幸せへ至る道はいろいろあり、固定しない方が、神様としても道を紹介しやすいと思うんですよね。

      B

      • ブリリ より:

        ご返事いただきありがとうございます。どうしても執着してしまうのでフレキブルに対応出来る様に心がけてみます。聖天様にお礼やご報告、また祈祷しながらお付き合いして頂きたいと心から思いました。ありがとうございました。これからも楽しみにしております。

        • kaiun より:

          ブリリ様

          はい。 ブリリ様だけでなく、いろいろ執着してしまうのが、人間というものではないでしょうか。

          ご自分の気持ちに気が付いて、良くなろうとしているブリリ様は立派ですよ。

          末永く聖天様とお付き合いしていきましょうね。

          B

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ