強力に金運を上げる願いを叶えるおまじない

給料日前、懐さびしくないですか?

友達の結婚式が続き、おめでたくて嬉しいんだけど、ご祝儀貧乏になってしまったときなんて、あと何万円かだけでもあれば、なんて思うときがありますよね。

吉方位のときに西に旅行をしたり、家の中を掃除することなども金運を招きますが、本日は、強力に金運をアップの願いを叶えるおまじないの話をしようと思います。

スポンサードリンク



強力に金運をあげる金色の紙のおまじない

強力に金運を上げる願いを叶える、金色の紙のおまじないです。

100円ショップなどで、折り紙を買ってきてください。金色の紙が入っているやつね。金色の正方形の紙なら何でもかまいませんよ。

金色の紙を半分に折りましょう。

裏の白い面を出します。

上半分に、青いマジックであなたの名前をフルネームでしっかりと大きく書いてください。下半分には、東西南北のしるしのEWSNの文字を、こんな風にやはり青いマジックで書き入れます。(ちょっとEとWの位置がずれていますが、同じ高さで大丈夫です)。

あとは、この種銭となるピン札の一万円を白い方に包み、金色が外になるようにします。金色の紙の中のお札は種銭なので使わないようにしておきましょう。

これを長財布のお札入れのところに入れておくとお金が増えていくんですって。実はバーバラもやっていたりします。結構お金は入ってくるみたいですよ。

もとではあまりかからないですし、やってみてはいかがでしょうか。

 

 

金 運 星 代

 

 

 S

スポンサードリンク



長財布、やはり金運に良いと思います

何?長財布がないですって?

これを機会に一つお買いになってみてはいかがでしょうか。

長財布は金運を呼ぶのか問題につきましては、長くスピリチュアル業界で議論されていますが、私が知る限り、お金周りのよい人は長財布を持っているのは確かなようです。誰も擦り切れた2つ折りの財布なんかは持っていらっしゃいません。

そして、ダイナースなどのカードを持っているにもかかわらず、それなりの枚数の一万円札のぴん札をそろえていれていらっしゃいます。

バーバラ自身、二つ折りタイプの財布を持っていたときと、長財布を持ったときとでは、あきらかに長財布を持った時の方が、金運の底上げを感じました。え?何?ちんけなおまえの経験は参考にならない?それもそうですね。ではでは。

先日お会いした、全国にマッサージのお店のチェーン店を展開している社長さんは、黒い長財布の中に、あきらかに1cm以上の厚みのある万札が入っていましたよ。これ、金がまわっちゃってまわっちゃってしょうがない人の財布の典型のタイプです。

買ったばかりの財布には多めの万札を整然といれよう

強力に金運に効くおまじない2です。

買ってきた長財布には、まず最初に、多めの万札を向きを揃えてきれいに入れましょう。

財布のやつ、覚えるらしいんですよ

最初に入れた札の枚数を

ですので、買ったばかりの財布には、まずちょっと多めの万札をきちんとそろえて入れておいてみてください。これ、強力に金運に効くおまじないです。

財布が覚えていて、それだけの金運をひっぱってきます。

金回りの良い人に財布を選んでもらう

これも強力にあなたの金運を底上げするおまじないです。

あなたのまわりで、一番金回りの良い人は誰ですか?

その金回りの良い人に財布を選んでもらいましょう。金運の良い人って、良い財布を選ぶんですよ。トリュフを探す豚のように(ちょっと表現が悪いかしらん?)、金運のある人は、これぞ!という金運のある財布を意識してるか無意識にかはわかりませんが選んでいます。ですので、あなたの周りの最もお金持ちの人に、財布を選んでくれるようにおねだりしてみてください。

金運って移ります。インフルエンザのようにうつるんですよ。ホントですよ!多分、お金ってやつは、考え方によって引き寄せられるかどうかが変わってきます。

また自分の話で申し訳ないのですが、バーバラは若い頃は、「質実剛健」な感じの学校へ行っていました。当然まわりの友達も、「質実剛健」な感じの、「貧乏でも心は錦さ」というタイプばかりだったんですね。気のよい庶民の中の庶民です。別にそれが悪いというわけではないんですが。

ところがあるとき、ある女優さんの息子さんとつきあいました。そこで初めて、世の中には、1台で豪華マンションが買えてしまうような車に乗る人がいたり、人に雇われることなく大規模な事業を展開する人がいることを知りました。

今まで持っていたお金に対する先入観ががらがらと崩れました。それと同時に自分の金運がぐいぐいと上がっていきました。別にその人からお金をもらったとかではないですよ。金運は、移るんです。

お金は「こういうのがあたりまえ」と思っている人のところには、その「あたりまえ」分の金運がいくみたいなんです。ときにはお金持ちからインフルエンザを移されるように、お金の「あたりまえ」を覆す情報をもらってみてください。うっひょ~、という感じに金運の底上げをすることができますよ。

これは無理して贅沢をして彼らに話をあわせろということではないんですよ。お財布を選んでもらう程度のことでも、十分に金運はいただけるはずです。

「バーキン買っちゃったんだ」「有名ホテルの会員になるとね」「今回のシャネルのファッションショーの招待状ってかわいんだよ」

こんな話を聞いたとき、「自慢してんじゃね~よ~!!」と、怒ったり、うらやましがったりしないでくださいね。まさに金運がぶんぶんとハチのようにあなたの周りをまわっている証拠です。

人は想像できないことは実現しません。こういう景気のよい話をきいているということは、あなたがそれを想像する手助けをしてくれているということ。むしろ積極的に詳細を聞いて自分も楽しみましょう。節約は大切ですが、いつもしみったれた話をきいたり、将来の年金の不安や「政府がすべて悪い!」というような話には、残念ながら金運はありません。ないどころか金運を落としますから、あまり不安をあおるような話や、怒りが渦巻くような話には身を投じないでくださいね。

さくら金

財布の色

金運アップの財布の色として黄色はよく風水でお勧めされていますが、茶色は安定した金運を連れてきてくれますので、バーバラは茶色をお勧めいたします。

出費を抑えて無駄遣いを抑えたい人は、黒を。

ちょっと高いですが、お勧めはプラダの財布。この逆三角形のマーク、天から降りてきた金運をしっかりとためる作用がある一種の結界のようなマークになっています。良い金運を運んできますよ。

赤い財布はどうもやめておいた方がよさそうです。金運って水のエネルギーの運なので、どうも赤い色と相性が合わないみたいなんです。一度だけ財布を盗まれたことがあるのですが、そのときの財布、確かに赤でしたぁ。

春財布は縁起がいいのよ

春に買い替える「春財布」は縁起が良いと風水では申します。

実はお財布には寿命がありまして、その寿命がすぎますと、金運が落ちてきてしまうんです。扱い方にもよりますが、大体1000日位たつと、寿命といわれています。

最近、突発的な出費が多くてお金がたまらないな、という方。なんだか財布が薄汚れてきて端っこの方がすりきれてきたな、という方。

縁起が良い春財布を使ってみませんか?立春から啓蟄までの間、まさに今の時期って、財布の買いかえにはベストの時期なんですよ。

スポンサードリンク




人気ブログランキングへ

必ず願いが叶う危険な方法

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ