開運のその向こうにあるスピリチュアル的な成長

3月6日ですね。節入りをすぎて本格的に3月に入りました。

最近、若い成功した実業家さんのメルマガで、こんな記事を読みました。

 

「皆さん、人は人からの無意識の影響をとても受けています。開運するためには、いつも暗いことばかり考えて、ぐちや嫌なことを言うような人や生活レベルの低い運のない人からはなるべく離れましょう。自分の波長を上げてくれる、尊敬できる人とだけつきあいましょう。自分よりもレベルの上の人間といると、自分も自然とレベルが上がるのです」

 

うん…。

確かにこれ、正しいです…。

 

人は波動があり、いつもぐちぐち言ったり、批判的な物事を言っている人と一緒にいると波動が下がります。

前向きな明るい思念が開運の秘訣です。

 

金運は移りますので、自分よりもお金持ちと一緒にいた方がよい金運がやってきます。

開運したければ、レベルの高い人と一緒にいると、自分の波長も上がります。

 

でもね、それだけじゃちょっと寂しいなって思うんです。

本日は、開運のその向こうにあるスピリチュアル的な成長、というお話です。うまく話せるかな。

スポンサードリンク



人は常にスピリチュアル的な成長を望んでいる

人はスピリチュアル的な魂の成長をもとめてこの世にやってきました。

何をばかなことを、と、思う方もいらっしゃるかもですが、本当のことです。

必ず今世でクリアする課題を持ってこの世に生まれてきています。

 

これは忘れてしまっていても、魂のずっと奥の奥の方では覚えていることです。

ですから、より大きな魂レベルの成長を求めてみんな悩むのです。人って常に成長しようとする愛しい生き物です。現状に甘んじないで悩み苦しむの。

 

最近はそのことも大分世に知られてきて、より深いスピリチュアルの探求もされています。

皆、よりポジティブな思考を持ち、ポジティブな言葉をいいます。自分の成長に熱心です。

 

中には、バーバラにこんなことををおっしゃる方もいらっしゃいます。

「もう、職場の人がいつも低レベルな愚痴ばかり言っていて、嫌になってしまいます。きっと魂のレベルが低いんですよね。その点、私は、人の悪口もいってないですし、いつも自分を磨く努力をしています。いつも自分よりスピリチュアル的レベルの上の人間と付き合うようにしています。」

 

うん、素晴らしいですね。魂、確実に向上していると思います……。

 

一緒に滑ったり転んだりしたいのです

でもね、バーバラはね、そんな「レベルの低い」人達と、すべったり転んだり、一緒に泣いたり笑ったりしたいな、って思ってるの。一緒になって悪い行動をするのか、っていうと、そうではないんですが。

 

上から目線で、「スピリチュアル的レベルの低い人と一緒にいると波動が下がるから、そういう人とはつきあわない方がいいね」って、何だか違うと思うのです。

「そんな低レベルな考えや行動をしているからあんたはダメなんだよ」って言いたくないのです。

一緒に、考えて、悲しんだり、悩んだりしたいの。

 

職場のことで影でぐちぐち言うようになっちゃったのは、それなりに立場が弱いから。

言うに言われぬつらい思いがあるからだったりするのではないでしょうか。

どんな立場でも立派にふるまえる強い人もいるんですけど、そうできない人もいるんです。

 

お地蔵さんは、「けっ、低レベルなやつめ」なんて思うことなく、地獄の底まで降りて行って、決して見捨てず人々を愛します。

マザーテレサは、「変な宗教をひろめにきた」と最初石を投げられましたが、家もなく、学のなく、ひどい病気に冒され死を待つだけの「超低レベル」な人達を愛し続けました。

それこそ地獄のような所に降りて行って人を愛したんですよ。

 

身の周りをきれいにできて、常に波動を上げる明るい言動を心がけて自らを成長させるのが、スピリチュアルとしての第一の成長の通過点だとしたら、その先、地獄まで降りていって他者を救えるのか、ってその次の段階の魂の成長の目標だと思うんです

スポンサードリンク



魂の成長を願うとやってくる試練

へ~、さぞかしこのブログの運営者はスピリチュアル的レベルが高いんだろうな、とは思わないでください。

むしろその逆です。

 

どちらかというとバーバラは前半生は、クレバーに生きた方です。

苦しんでる人はスルーしてかかわらないようにしてきました。

仲良かった猫がいじめられてても、とりあえず強そうなガキ大将がいじめていたらスルー、とか。(最低です!)

 

たしかに、波長の荒い人や、どん底にいる人にかかわらないのは、開運に大切なことです。

やたら荒れた波長をもったどん底の運勢の人にかかわることは、ある意味、おぼれている人のところに飛び込むようなもので、逆におぼれてしまいます。

お地蔵さんのように、おぼれる人にしがみつかれても大丈夫なだけの強さがないと逆にやられてしまいます。

 

前半生が終わり、子育ても終わり、少しは魂が前進したかな?、と思う今、バーバラは「苦しんでいる人とすべったり転んだりしてみたい」と、神様(またはハイアーセルフ、いろいろな言い方ができると思いますが)に心の中でお話ししてみました。

 

「実際に思っていることを実行することは楽ではないぞ」

そんな感じのメッセージをもらったと思います。

 

そのメッセージのあと、やたら倒れてる人に出会うようになりました。

何かを神様と対話すると、お試しとして何かのできごとが立て続けにおこることってよくあります。

道に人が行き倒れている。乗った電車の隣の女性が貧血で倒れる。おじいさん倒れる。などなど。

 

助けまくったかって?

いやいや、スルーしまくりました。

「約束の時間に間に合わないから」「誰かほかの人が助けてくれそう」「なんか恥ずかしい」などなど。

 

エラそうなことを考えることと、実際に動くことは雲泥の差があるんですね。

自分を振り返って、ちょっと愕然として恥じ入りました。

 

で、ある日、気を失ったおじいさんが、空いているエレベーターの上から転がり落ちてきたとき、スルーするのをやめたんです。ホーム下から全力で駆け上がって、おじいさんを助けたんです。

重くて、一緒に転がり落ちそうになったんですけど、なんとか助けました。

その一件で、何かがちょっぴりだけ変わったような気がします。

 

もちろんまだお地蔵さんのようにたくましくは動けません。

蚊のようなものです。が、ちょっぴりだけできる範囲で、苦しんでいる人と泣いたり、すべったりころんだり一緒にできるようになったような気がします。いや、なる心構えができたような気がします。

う~ん、なんだか取り留めのない話になってしまいました。



般若心経に出てくる空(くう)

般若心経に出てくる空(くう)の話ですが、それによると、あらゆるもの、「私」や「他者」「お金」も「ラーメン」さえも「空」であり、「本来は固定された実体をもたない」のだそうです。

他者と自分との境界は空の考えでは、解き放たれるのだそうです。

つまり、バーバラも、あなたも、お金も、ラーメンも同じもの、という考えといえるのでしょうか。

 

「慈悲の心をもつことは、ひとりひとりの幸せのために合理的な行動だといえる」とお坊様は説きます。(@_@;)難しいですね。

なぜなら「空」の思想では、他者と自我の境界線がないので、自分と他者は同じものと考えることができ、他人を思いやることすなわち、自分を大切にすること、なんですって。

 

(@_@;)w なんかどんどんわけわからなくなってきてしまいましたかね。

 

強く開運を願い、願いが叶ったとき、次は他者のことを考え、行動すると、さらにスピリチュアル的に大きい成長がとげられるのかな、みたいな話でした。

バーバラは道の探求の途中なのです。

hasu138

待乳山聖天さんのある場所

ここのところ、必ず願いが叶う危険な方法などの記事の関連で、よく話にでてくる東京浅草の待乳山聖天さんなのですが、ここ、実は裏手が日本で有数のドヤ街、山谷になっています。

この地はまた、昔から吉原という苦界があった土地柄です。

 

体を持った者、体を持たない者達(幽霊さんですね)が本当に苦しい思いをしているところでもあるのです。

お参りの途中で、それこそ行き倒れている人をみかけるかもしれません。

 

なぜ、待乳山には強烈な神様ばかりが祀られているのか。

それは、それなりの土地だからということのあるのだと思います。地獄から人を救い出すというのは、それなりの強烈な強さが必要ですからね。

 

もしもお参りの際にそんな方々をみかけたらあなたはどうなさいますか?

体がある人、ない人(幽霊さん)問わず、かかわるのは危険なことだと思います。

 

バーバラは毎回声をかけて「余計なことをするなあああ!!!」と、怒鳴り散らされています。

(あ、これは体のある人ね)

 

とりあえず、怒鳴り返して病院へ無理やり担ぎ込む、その後の生活の面倒もみるとかの行動まではとれない情けないやつなのです。

これからは、もっと行動します!ともここで宣言できないへたれなのですが、「もっと一緒に考えたい。少しでもいいから行動したい」ということは常に考えていることです。

 

地獄の底に降りるには、強く、強くならなければいけませんね。

とりとめのない話を最後までつきあっていただいてありがとうございました。

 

開運のその向こうにあるスピリチュアル的な成長というお話でした。

スポンサードリンク



気になるあの人との干支占いはこちらへ

神社で願い事をしてはいけないの?


人気ブログランキングへ

To dear readers from abroad: Thank you for reading this web page. If you have any questions/comments/suggestions, please feel free to send them. I can respond in both Japanese and English. 🙂 🙂 🙂


p.s.

バーバラの四柱推命の本鑑定「あなたの取り扱い説明書」、インド人のインド占星術師、インダー先生によるお茶を飲みながらのじっくり鑑定申し込みは ショップ星の小箱から。


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ