風水上、ラッキーな壁紙の色って?

壁紙って家の中で大きな面積をとります。

嫌でも目に入ってきてしまうから、心理状態に大きな影響を与えますよね。

風水上、ラッキーな壁紙の色って何色でしょう?

スポンサードリンク



白い色の壁紙はラッキー度が高い

う~ん、意外性のないつまらない答えでしたかね。

でも、白い壁紙はラッキー度ナンバーワンのお勧めの色です。

白は強い陽のパワーを持っています。光の色を皆集めると、白になります。陰を払って不運を弱める力があります。特に陽の光のささない部屋の壁紙の色はまず白を選択しに入れてみてください。

白はどのインテリアにも良く合いますし、汚れも目立ちますので、壁紙を張り替えるタイミングが遅くなることもありません。

よく方位別のラッキーカラーがありますが、白い壁紙はベーシックなものとして、どの方位でも似つかわしくないということはありません。吉意が強く、使い勝手のよいベーシックな壁紙です。金運もありますよ。

有名なメイクアップアーチストや、華道家の先生のお宅拝見をみていますと、白い壁紙に白い家具、金色がちりばめられているという華やかな家が多いですね。白に金色ば美意識を高めるだけでなく、金運にも大変良い影響を与える組み合わせです。

スポンサードリンク



ピンクやラベンダーの壁紙

赤系の色は火の属性です。あまり真っ赤な壁紙を部屋全体に使う方はいないと思うので、淡いピンクやラベンダー色の話をいたします。

看護師さんの制服って昔は白かったんですが、最近のナース服ってあわいピンクのものも多いですよね。小児科や産婦人科などを中心として、淡いピンクの壁紙も見かけることができます。

白は清潔でベーシックな陽の色なのですが、水のエネルギーが強いため、ちょっと精神的に寂しい感じになってしまうことがあるようです。病気で気が弱くなっている人やお子さんは、白よりも温かみのあるピンクの方が心が安定するので、ピンクを採用しているのだそうです。

小さなお子さんは、ピンクを本能的に好きな色としてよく選択いたします。母親の胎内の色に近くて安心するからなのでしょうか。

割りと落ち込みやすい人、気分のむらが多いタイプの人は、淡いピンクやラベンダー色を選択してみてください。心を安定させ、強さと勇気を与えてくれる色です。

ピンク系の壁紙の色は、寒々しい感じになりやすい北や、東南、西との親和性が深いです。ラベンダー色の壁紙の色は、東北、南西との相性が特に良いようです。

めじろ無題

黄緑、緑系の壁紙は目に良く安定感がある

緑色といっても明度はいろいろあると思いますが、割と淡くて明るい色がラッキーなようです。面積が大きくなったときの色の圧迫感ってかなり強いですからね。

森の中にいるような緑色の壁紙は、精神を安定させる作用があります。目にも良い色です。東から南にかけてが良い相性です。

PAK86_komorebitohizashi_TP_V1

赤と青の時間の経過の違い

色彩心理学によると、赤やオレンジ色に囲まれていたときと、青系の色に囲まれていたときでは、人は時間経過に大きな差を感じるそうです。青の方が時間が速く感じられるので、工場など単純作業をする必要がある場所の壁の色は青系にするんだそうですよ。

青い色に囲まれているときは人は冷静になるので作業効率も上がるそうです。

家でPC作業や細かい作業をする部屋は、少し青みがかかった壁紙にするとよさそうですね。水の気を持つ壁紙ですが、北の方をこの色にすると、ちょっと寒々しいかもしれません。東や東南に向いています。

GAK86_kosumosuaozora_TP_V1

黄色、ベージュ系はグランディング力

大地の気をもつ黄色、ベージュ系の壁紙は、前向きな明るい気持ちになるだけでなく、結構地に足がついた現実感も持たせてくれます。

あまり明度の高い黄色を壁一面に使いますと、目がチカチカしてみますので、小さな見本でよいな、と、思っても、慎重になってくださいね。ベージュっぽい色の方がおちつくかもしれませんよ。

明るい色合いなので、子供部屋にもあいそうですね。

また、布地の他、珪藻土のような土の壁も、大変落ち着いていいものですよ。シックハウス症候群のもとになる、いろいろな化学物質をとってくれる効果もありますしね。湿度のコントロールにも優れていて、高温多湿になる日本の夏と相性が良いようです。

小さなお子様がいる場合は、土壁はメンテが必要になるかもしれませんね。バーバラが小さかった頃の家は一部が土壁でできていたのですが、小さかった頃、ガムを壁にぺったり押し付けてはがしたら、そこだけ壁がぼっこり取れて、親にえらく怒られた思い出があります。

黄色、ベージュなどのアースカラーは、南から西、北西にかけての相性がとても良いです。

黒や灰色の壁紙は一般の家にはやめておいたほうが無難なカラー

黒や灰色の壁紙は一般の家にはやめておいた方が無難なカラーです。陰の気が強すぎます。

黒は自信とか事業運とか、一種の運を呼び込む強い色ですので、お店などでスタイリッシュに使われるのはありだと思いますが、一般の家では、長期的にラッキー運をなくすことになりそうです。モノトーンは避けましょう。

機能性壁紙がすごい

今、機能性壁紙がすごいですよね。

抗菌・消臭効果が強い壁紙はトイレや水場にぴったりですし、ペットのひっかきにもつよいスーパー壁紙や、子供の落書きもさっさっと落とせるタイプがあったり。

いつでもはがせる壁紙は、賃貸住宅でも気軽に模様替えができて便利ですよね。

色とともに機能もぴったりのものをいろいろ探してみてください。素材は場所にもよりますが、基本的にビニール系よりも自然素材のものが吉です。アレルギーをお持ちの方は、ぜひ土の壁も検討してみてください。

ちなみに「くさる家に住む - 人と自然が共生する10の暮らし方」という本。

なんだか刺激的なタイトルの本ですが、自然素材を使って建てた家に住む良さについて書かれている本です。写真も豊富で感動する本ですよ。知り合いがかかわった本なので、ちょっと宣伝。その知り合いは重度のシックハウス症候群に悩まされたことから、自然素材を使った家について真剣に考えたのです。ちょっと前の本なのですけど、お読みいただけたら嬉しいです。

色とかインテリアも大切ですが、もっと根底のものを考えていかなければならないなと思う今日この頃です。

スポンサードリンク




人気ブログランキングへ

 

コメントを残す

このページの先頭へ