ピンキーリングと五郎丸さんと願いが叶う印の話

恋愛系のおまじないとして人気のピンキーリング。かわいいですよね。

運はきらきらしたものに吸い寄せられますから、恋愛関係の願いを叶えるには、ぜひキラキラしたものを選びましょう。

本日は、ピンキーリングと五郎丸さんと願いが叶う印(いん)の話です。最初かわゆく始まって、後半にいくほどマニアックになっていきますぜ。ぐっへっへ。

スポンサードリンク



2連のピンキーリングで二人の絆を強める。復縁にもGood!

 小指につけるかわいらしいピンキーリング。出会い運、恋愛運アップのおまじないとして人気が高いです。左は出会い運、右は魅力運アップ、なんて言われていますが、どちらにつけても恋愛運はアップするみたいですよ。

2連のピンキーリング二人の気持ちをつなぐのに良い意味を持つリングです。復縁の願いを叶えるのにもいいんですって。

2連のピンキーリングを使う恋愛のおまじないです。

2連のリングの連結部分を一か所を両方ともつながるように赤いマニュキアをぬります。それを一晩願いを込めて月光にあてます。満月の日が月の光が強いのでよいでしょう。あとはそれを大切にみにつけると願いが叶うといわれています。右でも左でも自分がピンとくるほうにしてみてね。

2連のピンキー、むちゃくちゃかわいくないですか?

バーバラも旦那様と末永く仲良しでいられるようにおねだりしちゃおうかと思っています。

ちなみに、恋人に買ってもらわなくても、自分で買っても全然問題ないです。恋愛運アップには、対(つい)になっているものがいいんですよ♪



恋愛運はきらきらりんによってくる

恋愛運は、きらきらしたものが大好き。ですので、ピンキーさんをつけるときも、キラキラしたものを選んでくださいね。石も翡翠やオニキスのような渋いやつでなく、アクアマリンやピンクトルマリンみたいな、光を反射してキラキラするものを選ぶのが願いを叶えるこつです。

ちなみに翡翠は身持ちを固くする石なんで、結婚している人にはいいですが、これから出会い運、恋愛運を呼び込む人には逆効果です。真っ黒くろすけのオニキスは、「自らの強固な意志を保つ!」みたいな初志貫徹に効く石ですから、つけたら独身を貫いてまでも仕事とかに猛進しそうです。

恋のピンキーリングには、ぜひともかわいらしい色のキラキラした石をつけてください。(石なしのキラキラピンキーさんでも大丈夫ですよ~)

スポンサードリンク



ダイヤはやっぱり格が高く、願い事を込めるには良い石です

婚約指輪に使われるダイヤ。実は願い事のセットアップ、保持に一番いい石なんですよ。ですので永遠の誓い、この人とずっと一緒に、という思いをこめて婚約のときに贈られるんですね。

あの人とずっと一緒に、もう一度あの人と、というような願いをセットアップするのにダイヤを使うのもいい方法です。ちょっとお高いですけどね。格の高い石です。

誕生日石を使うのも良い方法です。あなたを守ってくれる意味があります。

どの石がよいか迷ったときは、いろいろな石を使ったアミュレットタイプがいいですね。色合いも楽しいですし。自分で石をオーダーできるアミュレットも手ごろな値段で売っていますよ。

リングではないのですが、バーバラはお気に入りの石がぐるっと一周しているブレスレットを持っています。アクアマリン、ペリドット、ガーネット、シトリン、ブルートパーズ、ピンクトルマリン、最初に戻ってアクアマリン…、とずっと続いているアミュレットタイプのブレスレットです。ホワイトゴールドのかわいらしい台についています。

石は、研磨した宝石仕様。パワーストーンって大抵丸い玉がつながったやつで、デザイン的な面が難点ですよね。あまりキラキラしないし。この宝石仕様で磨いたアミュレットタイプのブレスレットは実にキラキラして、つけているとわくわくしてくるんですよ。

もともとそんなに高い石は使っていないし、プラチナ台ではなくホワイトゴールド。海外で購入したので、大分お安く手にいれることができました。皆さんは、ご自分の波動が上がるようなお気に入りのアクサリーはお持ちですか?

足につけるトゥリング

足につけるトゥリングもかわいらしいですよね。サンダルを履いている足元をふとみるときらっと光るトゥリング。おしゃれです。選ぶ際は、やはりきらきらしたものを選びましょう。なくしやすいですから、お手頃な価格のものがよさそうですね。ハワイアンリングなんていかがでしょうか。よい気を呼び込みそうです。裸足にもぴったりのモチーフですね。

ハワイアンジュエリーの不思議な力

ハワイアンジュエリーで思い出しましたが、ハワイのカウアイ島って、天国に一番近い島のひとつだと思います。

そんなカウアイ島にお住まいのTammyさんという方のお話です。幸せになれる島カウアイ というブログを運営の大変素敵な方なのですが、ハワイのパワーストーンをつけて1週間後に旦那様にプロポーズされたんですって。マルラニハワイというお店なのだそうですけど、ハワイって島全体がパワースポットになっていると思います。ハワイアンジュエリーいいですよ。

ハワイは特に恋愛運には良い気がまわっていますので、恋愛運をあげたい方は東が吉方位になったときにぜひ訪れてみてください。

Tammyさんのサイトには、日本人があまり知らない神秘のとてつもなくでかい水晶の話など、スピリチュアリストならきっと気に入るお話も沢山あります。お勧めです。

Tammyさんのカウアイ島のスーパーアースクリスタルの話。w(○0○)w でかっ!

五郎丸さんの有名な手の形は印に似ている

指って色々な意味を持つんですよ。世界中で、指を使って作る意味のあるサインがありますね。

ラグビーの五郎丸歩さんの、両手を組む精神統一のポーズですが、視るたびに、人差し指どうしを合わせて指を組む、不動明王の密教の印(いん)に似ているな、って思います。

というのは、密教で真言とともに大切なもので、両手を合わせてつくるサインのようなものです。密教では人々が本来もっている三密(さんみつ。あんみつみたいだけど、言葉3つの秘密の働き)を使います、といわれているの。仏教の教えに、人々が持つプリミティブな能力や直感をフル活用します、って感じかしら?

指の組み合わせによって、精神集中したり、お祈りの力を強めたりするのが印。五郎丸さんはそのことを知っていてあの形を組んでいるのか、それとも一流のスポーツマンが本能的にやっていることなんでしょうか。あの姿を見るたびに不思議な気持ちになります。不動明王の印は必勝の印なんです。

人間の力は有限ですが、仏縁のある方なら仏のお力を借りることができるといわれています。最も我々凡人はなかなか本当の意味で発動することはできず、きちんと修行しないといけないようですが。

けっピンキーリングのおまじないだぁ?と、言うなかれ。真剣に指に祈りを込めるということは、密教の印にもつながる効果があるかもですよ。

袈裟を着た坊さんのファッ○ ユー

バーバラは少し尼僧修行をしたことがあります。

初めて袈裟を身につけた写真は、鉄板で笑いをとれる写真となっています。なんつーか、尼さんというよりも、弁慶みたいなんですって。ちぇっ。

ものすごい劣等生だったバーバラ。発心の真言を唱えながら、普賢菩薩の印を結ぶのですが、お坊さんが教えてくれる印が結べません。五郎丸さんの手になっちゃうんです。

「違います。こうです」

「こうですか?」(五郎丸のポーズをする偽弁慶)

「違いますっ!こうです!」

「こうですか?」(五郎丸のポーズをする偽弁慶)

「こうですったら!」

「こうですか?」(五郎丸のポーズをする偽弁慶)

ちがいますっ!人差し指をたてるのではなく、中指を立てるのですっ。

「この指ですっ。こっのっゆっびっ!」

最後は中指をたて、ファッ○ ユーのポーズを強調して教えてくれたお坊様。袈裟をきた尊いお姿でのファッ○ ユー。その節はとんでもないポーズをとらせて申し訳なかったです。(へこへこ)

というわけで、普賢菩薩様の印は、人差し指ではなく、両手中指だけをたてて合わせ、他の指は組み合わせるポーズです。普賢菩薩様は女性の守護者。印を結びながら真言、おん さんまや さとばん、と、唱えましょう。女性の幸福を見守ってくださいますよ。恋の願いも聞いてくださいそうですね。

普賢菩薩様の眷属には、10人のモーレツな女性の鬼神がいらっしゃいます。その名も、十羅刹女(じゅうらせつにょ)。こわっ!レディースみたいな眷族ですね。くれぐれも失礼のないようにね。

仏様の手の形で見分けがつく

ところで、仏像の手の形を見ると、如来なのか、菩薩なのか、という区別ができるのをご存じでしたか? (密教の真言って唱えていいの?に仏様のカテゴリーについて書いてあります。)

仏様によって、結んでいる手の形が違うんですよ。

例えば、右手のひらを、やあ、と、上にあげ、左手のひらを下にみせているのは、お釈迦様です。施無畏印(せむいいん)という印の形で、上の手は、「おそれることはない状態をあげるね」って意味で、下の手は、「願いを叶えてあげるよ」、って意味なんです。この形をやっているのはお釈迦様って決まっています。不動明王は、この手はやらないんですね。

ちなみに、お釈迦様の他の手では、右手の人差し指をたてて地面を指差す、なんてものもあります。これは降魔印といって、邪を退け、仏の威力を示す印です。

ご興味のあるかたは、調べてみてくださいね。

item107

いかがでしたか?

ピンキーリングと五郎丸さんと願いが叶う印の話でした♪ (しっぽぱたぱたぱた)

スポンサードリンク



 必ず願いが叶う危険な方法


人気ブログランキングへ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ