市川海老蔵さんと律音(りっちん)の話

本日のお話は、市川海老蔵さんと律音(りっちん)の話、というお話です。

スポンサードリンク



律音とは?

律音とは、「同じ干支」という意味です。どちらかというと算命学の考え方かな。

四柱推命の無料サイトなどで、ご自分の命式を出してみてください。

 

そこには、丁申とか、壬寅とか、戊辰とかの文字が、生まれた年、生まれた月、生まれた日、生まれた時間の4つ、現れてくるはずです。

人によっては、ひとつの命式に2つ同じ干支がある人もいらっしゃるかもしれません。

 

ある人、手あげて~♪

スポンサードリンク



同じ干支を自分の命式にふたつ持っている方

同じ干支を命式上に2つお持ちの方。

命式に、律音があるタイプです。

 

このタイプはアグレッシブに動き回るパワフルな方。

いつも複数のアイデアわーっと湧きあがらせて、それをギャンギャンぶんまわして活用している活動家。

集中力は人一倍。一つのことを成し遂げる集中力と実行力は大変なもの。

 

また、二面性のある方も多いです。

二面性というと悪い意味にとられることが多いですが、大きなことをやり遂げるには、いつも真っ正直でいるわけにもいきません。

そういった意味ではやり手の策略家ともいえるでしょう。

 

自刑

律音の中でも、干支が、辰辰、午午、酉酉で揃っているかたもいらっしゃるかもしれません。

例えば、命式に丁酉と丁酉があるようなタイプ。

 

同じ干支が、辰辰、午午、酉酉の場合の組み合わせを、自刑と申します。

この組み合わせ、何かとやりすぎ、言い過ぎで、自ら墓穴を掘ってしまう組み合わせ。

 

何かと人からうるさがられる組み合わせですので、お持ちの人は、何ごとも腹六分に抑えてね。

 

相手の命式に、自分と同じ干支があるパターン

相手の命式の中に、自分と同じ干支があるパターンの律音もあります。

同じ干支を命式中に持っているということは、かなりご縁が深いとみます。

 

まあ、同級生だと、みな年柱が同じってことなんですけどね。

広い世界で、同じ年に生まれて、同じ学校に通うなんざぁ、結構縁は深いです。

ましてや月や日の柱が同じ人との出会いは、何やら神秘的なものを感じます。

 

同じ干支を命式上にお持ちの方同士は、考え方が似たような感じになりがちですので、うまが合うことが多いです。

ですので、共同事業など一緒に何かをするには足並みをそろえやすくなります。

 

価値観が似ているので、恋人になったり結婚したりすることも多い組み合わせです。

結婚後も仲良しさんが多いみたいですよ。



自分と同じ干支が年運にまわってくると、新しい旅立ちをする

もう一つ、律音が起こる組み合わせ。

それは、年運や大運に、自分が持っている干支と同じ干支がまわってくること。

この年は、「新しい旅立ちをする」と、言われています。

 

今まで築いてきたことがぱっと改まる年なのです。

何らかの理由で、それまでの生活習慣とは全く違う生活スタイルになった。

転職、転勤、独立、転校、結婚、離婚、介護が始まった、愛する人を失ったなど、何かと生活スタイルが変わる暗示の年回りとなります。

 

ちなみに、バーバラは、律音の歳運の年に会社を辞めました。

特に意識していなかったのですが、あとでみたら、「そういえばそうだった」と気が付き、ちょっと背筋が寒くなりました。

 

せっかくですので、律音がまわってくる年は、心機一転して良いことを始めたいものですね。

今までずっとやりたかったのに始められなかったことを始めるには絶好の年回りなんですよ。

 

律音がきても変わらず、一途の人は大成する

律音がきて、生活を変えざるをえないようなことが発生しても、やっていることを変わらず続ける方もいらっしゃいます。

そういった方は、一つの道で大成するといわれています。

 

芸の道や、職人さんなど、他のものの追随を許さないような大きな成果を出すそうです。

今までやりたかったことをぱっと始めるのも素敵ですし、変化のときがきてもそれに乗らずに、ひたすら一つの道を追求するのも素敵ですね。

 

そのときがきたら、あなたはどちらを選ぶのかしら?

 

未来の干支を書いておきますね

なかなか未来の干支を探すのは大変なので、今年から未来の干支を書いておきます。

ご自分の命式内の存在するものと同じ干支はいつくるのか調べてみてください。

 

年柱と同じ干支が回ってくる年は、ご存じ、還暦。

その他、月や日の柱と同じ干支がくるのかを、ここで調べてみてくださいね。


2017 丁酉 2018 戊戌 2019 己亥

 

2020 庚子 2021 辛丑 2022 壬寅 2023 癸卯 2024 甲辰 2025 乙巳 2026 丙午
2027 丁未 2028 戊申 2029 己酉 2030 庚戌 2031 辛亥 2032 壬子 2033 癸丑 2034 甲寅 2035 乙卯 2036 丙辰
 2037 丁巳  2038 戊午  2039 己未  2040 庚申  2041 辛酉  2042 壬戌  2043 癸亥  2044 甲子  2045 乙丑  2046 丙寅
 2047 丁卯 2048 戊辰 2049 己巳  2050 庚午 2051 辛未  2052 壬申 2053 癸酉  2054 甲戌  2055 乙亥  2056 丙子

市川海老蔵さんが迎える律音

市川海老蔵さんは、今年この律音を迎えます。

彼の日の柱のエネルギーは、丁酉。

今年は、丁酉。

 

生活に大きな変化がきて、新しい旅立ちをしなければならない運命の年なのです…。

つらい年になるのかもしれません…。

それでも彼は芸の道をひたすら進み、大輪の花を咲かせるのでしょう。

スポンサードリンク



市川海老蔵さんと律音(りっちん)の話でした。

18 Responses to “市川海老蔵さんと律音(りっちん)の話”

  1. なり より:

    バーバラ様こんばんは!
    私、1978年6月10日生まれなんですけど、どうやら律音と自刑持ちですかね(^-^;
    自刑はなんか嬉しくないですねw

    • kaiun より:

      なり様

      はい、ばっつり、律音と自刑もちです。パワフルな方なんでしょうね。

      なり様はそれだけでなく、干合というエネルギー同士が融合して別のものになっちゃってる非常に面白い命式です。
      しかも、大運の天冲殺もお持ち。しかも、天冲殺がちと移動するタイプ。

      にゃははは、これはユニークだ。 (^▽^)

      45歳のときに、癸卯がまわってきます。律音ですね。
      比肩がきて、ご自分についていろいろ考えることが多くなりそうな年まわり。

      さあ、何が起こるでしょうか。

      実は、なり様は、今が大運天冲殺。ちょいずれるタイプなのです。

      今年はそろそろそれが収束する年。大荒れよ~。

      来年は、またまた干合というエネルギー融合が起こりつつ、スロットがビンゴで揃って天冲殺が終わる年。
      うっは~。 おもしろ~い!

      ♪♪♪

      なり様って、正財と正官のコンビネーションなのね。
      これは、財官装備という、大変毛並みのよい、おめでたい星なの。財も名誉も手にできる人。
      それだけの器というか、品行方正さというか、格があるの。

      ちょっとおしいのが、日柱の傷官。う~ん、おきゃんだわ。 これがなければ完璧なのに。
      あ~、でも、月と年の柱は干合か~。つまりあ~…。

      うひょひょひょ。

      バーバラ

  2. なり より:

    ありがとうございます!
    やはり自刑あるんですね〜ついつい言い過ぎちゃったり、思い当たる節はありますね笑
    今年は大荒れなのですか〜不安ですね(^-^;

  3. より:

    1981年6月23日12月台生まれなので、律音で自刑持ちになりますよね。

    確かに、良く言えば、ものすごく口が立ちます(笑)。

    • kaiun より:

      み様

      み様は、自刑もちですが、律音ではありません。

      丙午と甲午は、丙と甲で、上の字が違いますでしょ? これは、律音ではないんですよ。
      よい例を提供してくださってありがとうございます。

      それより、大運天冲殺に入ったばかりですね。がんばって。

      あと、あまりシリアスではないですが、倒食をおもちです。ですがそれを抑える偏財もお持ち。

      エネルギーを放出する星と補充する星もバランスよくお持ち。う~ん、つじつまのあった命式だ。

      頭のよい、しっかりとしたパーソナリティを感じます。

      • より:

        そうなのですね!

        そんなにいい命式なんでしょうか?
        自分ではいろいろ偏ったタイプだと思います(笑)。
        浮き沈みも選り好み激しく、得意なことと苦手なことの差は極端だし、何より咸池3つもありますから(紅艶とひとつ交換したい)!

        • kaiun より:

          み様

          とりあえず、ロープわたりのときの棒みたいに、バランスを保つ感じになってます。

          B

  4. ピンク より:

    バーバラ様
    はじめてコメントさせて頂きます。
    大変興味深く拝読させて頂いております。
    昭和46年7月31日生まれ
    生まれ時間は夜としかわかりません。
    父親との縁薄く、母親には苦労をかけて参りました。
    いつも最初はうまくいくのですが、やはり自分自身の慢心で全て捨て逃げるしかない状況にばかり陥ります。
    自業自得とわかりつつ、喉元過ぎればで、自分で自分を律せない。いい歳して情けないです。
    事情あり、約15年勤めた会社も辞めざるえなくなりそうです。これから一体どうすればいいのか途方にくれています。
    厚かましくもコメントさせて頂きました。

    • kaiun より:

      ピンク様

      それはお辛いですね。

      確かに命式的には、おめでたいあなたの主星を目の敵にする偏印が暴れています。(食神と偏印のコンビネーションの月柱をお持ち)
      ただ、それを抑える偏財星もお持ちですし、ご自分をコントロールできる星だってちゃんとお持ちよ。ご自分を律せないなんてことはないと思うわ。

      悲観しないでね。

      ☆☆

      【帝旺という強いエネルギーをお持ちのあなた】

      前に「苦労しないと開運しない命式の人がいる」というブログ記事を書いたのですが、あなたはまさにその帝旺の星をお持ち。

      激しい炎にあぶられて初めて発芽する種のように、開運するためには運勢的に翻弄される、天のライセンスをお持ちの方なの。
      多分、他の人より魂が大きいのね。 大きな試練を与えられる方は、より魂の大きなかた。

      長い転生のうち、「幸せな家庭に生まれて、普通に結婚して子供2人産む」みたいな普通の人生はもう合格していて、今生では、ちょっと発展課題に取り組んでいるんだと思ってください。
      繰り返し起こる問題が、あなたが今世で解決しなければいけないもの。

      ☆☆

      【大運天冲殺】

      43歳から20年続く大運天冲殺に入っています。 年齢がいってからの天冲殺はつらいわね。 台風みたいな強風が吹き荒れています。
      でも大運天冲殺後半、53~63歳は、あなたの命式で暴れる偏印という星をしっかりと抑えてくれる星がまわってきます。
      後半の方はまだつらくないんじゃないかな。傘と雨合羽位はきそうよ。

      48歳から50歳は、正直、踏ん張りどころ。がんばって。

      52歳、あなたを助けるナイトな星々がやってきます。この年はなかなかよさそう。希望をもって。

      62歳の大暴風を抜けると、強風の中飛ばされそうになっていたのが嘘のように歩きやすくなるでしょう。

      ☆☆

      去年はいろいろと「やっつまう」エネルギーがまわっていました。

      今年はその星もぬけるんだけど、会社に残留できないかしら? 頼んでなんとかなりませんか?
      この後も乱気流がしばらく続くから、残れるなら残る道を選択するのがよいと思います。

      リアルな話、40代後半の転職は、なかなか厳しいものがあります…。

      【でかい運のコンセプトのシフトチェンジ】

      30年の、とても大きな運のコンセプトみたいのがあるんだけれど、あなたはそこが今、北方水運というものになっているの。
      ほっこりと温かい火の弟のエネルギーのあなたを、バシャバシャと消しにかかるエネルギー。ふぅ、大変ね。

      生まれた時間って晩年をみるので、正確なところはそこをみないとなんだけれど、概ね63歳からは、大運天冲殺も抜けているし、
      このとても大きな運のコンセプト自体が、火のエネルギーのあなたに力をくれる薪みたいなやつがくるから、決して未来に絶望しないこと。

      ☆☆☆

      【ちいさな、ちいさな、小鳥の話】

      最後に、私の好きな言葉を贈ります。

      「天は、小さな一匹の小鳥にさえ、生きるかてを与えてくれます。ましてや、私たち人間をお見捨てになるでしょうか(いや、決してみすてない)」

      って言葉です。

      コメントくれて、本当にありがとう。

      あなたの幸せを祈っています。

      バーバラ

      • ピンク より:

        バーバラ様

        こんなに丁寧にご返信頂き、本当にありがとうございます。
        感動致しました。
        確かに43歳前に引っ越しをしてから、資金繰りがうまくいかなくなり病気がちになり、どうにも八方ふさがりになり今に至ります。
        毎回、結局は金銭面で八方ふさがりになります。
        これは子供の時からそうでした。

        死んでしまいたいとも考えますが、故郷の母親一人残して死ぬ訳にもいかず。まあ、そんな勇気も無いのですが、、、。

        会社に残留は厳しい状態です。
        今は関東に住んでいますが、母親のいる関西に帰る方向を考えています。

        48歳から50歳の3年間、何とか乗り越えられるよう地盤を固めなければいけませんね。
        頑張ります。

        本当にありがとうございました。
        ご返信を書いて頂いた気持ちを大切に致します。

  5. ふうた より:

    母が8月17日に亡くなりました。
    私も海老蔵さんと同じ丁酉があり、律音です
    母は30年前に難病と診断され、この20年くらいは寝たきりで、私が介護してきました。
    父は50歳で自殺、弟は25歳で自殺、妹は知的障害があり、母は難病。
    なぜうちはこんなに悪いことばかりなのでしょうか?
    母は最後まで明るく、気力があり「まだまだ死にたくない」と言っていました。
    その強さに支えられてなんとか母と妹の世話を続けてこられたと思います。
    ここ数年は膀胱カテーテルからの感染症を防ぐために、朝の4時から夜の12時まで1時間おきに少しずつ水分を取るような毎日でも弱音も愚痴もありませんでした。

    これからは妹を守っていかなければいけないのに、頑張ろう!と奮い立ってもすぐに涙にくれたり。悪いことばかり考えて呆然としています。

    私は1966年9月24日生まれ、妹は1968年10月5日生まれです。

    悪いことしかない運勢でしょうか?
    不躾な質問で本当に申し訳ありません。
    昨年はバーバラさんの記事を参考に水回りのリフォームなどをして、その度にコメント欄で丁寧な返信をいただき勇気づけられました。
    うちは北東にトイレがあります。このうちに越してきた当初、私はなぜかトイレがとても嫌でした。
    妹が母が亡くなる前夜にトイレで倒れ込んでいて、顔色が真っ白でした。妹の体調も心配です。
    うちは呪われているのだろうか、そんな思いが頭から離れません

    • kaiun より:

      ふうた様

      回答が遅くなりまして、大変失礼いたしました。

      律音だったのですね。 お母さまのご冥福をお祈りいたします。

      人は、人生ずっと運勢が低迷するということはございません。 
      だめなときほど、運気はたまり、次の上昇をめざすものです。

      9月生まれの丙午さんは、幼いときに苦労する組み合わせです。

      そのご苦労を思うと涙がでてきますが、負けてはいけませんよ。

      来年の運気は食神。ストレスフルな運気をぬけて、ほっと一息つける年となりそうです。少しはのんびりできそうですよ。

      また、来年は、午年にとって、相性の良い戌年がまわって参ります。
      沢山の助けも受けることでしょう。ここ数年温めていたことがありましたら、スタートしてみてください。 (ふうたさんは、戌年と寅年が運気の良いときにあたります)。

      ☆☆☆

      ふうたさんの命式で特徴的な点が2つございます。

      一つ目は、年柱が天冲殺となっている点。
      生まれたときから、ご家族関係で苦労が絶えない方なのです。
      妹様を支えることがなければ、遠く実家を離れることをお勧めするところですが、それもまた宿命なのでしょうね。
      この柱は、家系、先祖とかかわりの深いところなのです。

      この柱が天冲殺ということは、もともと、得られるはずの家族や先祖の恩恵を受けにくい方なのです。

      2つ目は、命式に午と寅をお持ちなこと。
      これを半会と申しまして、大変ラッキーな組み合わせです。

      これに戌のエネルギーが加わりますと、三合火局と申しまして、スロットの777が揃ったように良いことが起こります。

      読んでいて、気が付かれましたか?

      来年は、戌年なんですよ。ふっふっふ。 来年は良い運気でしょう。 三合の年には、他人から幸運がもたらされます。ですので、周りの皆さまに感謝して過ごしましょう。
      同窓会などの集まりや、勉強会などにも積極的に参加してみてください。良い情報が得られそうですよ。

      ☆☆

      運気ってだめなときほどたまっています。

      1)運気低迷のときこそ、「今、俺の運気貯金はすごい勢いでたまっている」と、ほくほくしていてください。 ひどい出来事がきたら、心の中で、「あざーす、いただきました!」って感じです。カルマの解消、運気ためのできごとです♪ 

      2)これから、吉方位旅行をしてください。これは、ききますよ。なかなか妹様を連れては難しいのかもしれませんが、今月、必ず北西へ旅行してください。
      今月は、いつもの72倍位の吉方位の効果があがる月なのですよ!!!

      3)カルマ解消の良い方法が、陰徳を積むことといわれています。 さりげに道のごみを拾ったり、お年寄りに席を譲ったり。
      一見小さなことですが、こういうことの積み重ねが、開運につながったりするものです。

      4)神社仏閣に手を合わせるのは良い事です。ですが、一定の宗教や占いにのめりこみすぎないようにいたしましょう。

      ふうたさま、涙がこぼれそうなときは、いつでもコメント欄へ。 書き込み、いつでも大歓迎です。

      トイレの件ですが、水晶を置いてみてください。 呪いはないと思いますが、嫌な気は確かに出ているのかもしれません。
      様子をみましょう。

      バーバラ

      • kaiun より:

        ふうた様

        長くなったので、いったんコメントを切りました。続きです。

        妹様の件です。

        9月の北西への吉方位旅行は、妹様にとっても大吉ですので、一緒に出掛けてみてください。

        できれば、2,3泊は欲しいところです。

        なかなか感性豊かな妹様のようですね。 芸術など、そういった方面の才能を伸ばしてあげてください。

        最後に、万が一にも、自殺をお考えになってはいけませんよ。 自殺は、霊的にみて何の解決にもなりません。 いえ、相当悪くするばかりですので。

        吉方位とりと、家の気をきちんと調整していくことで、一緒に開運してまいりましょう。
        実は、間もなく、風水の図面鑑定を始める予定です。よろしければ、図面をみせてくださいね。

        バーバラ

        命式に食神という星と、傷官という星を多くお持ちです。

        これ、両方ともエネルギーを放出する星でして、どうしても、身体が弱くなってしまう組み合わせです。

        59歳頃から78歳頃まで大運天冲殺という大変な時期に入ります。

        お二人の相性はなかなかのものですが、ふうたさんが妹様をサポートする関係性となっております。

  6. ふうた より:

    バーバラさま、ありがとう御座います。
    お忙しいバーバラさまのお時間をいただいてしまって本当に申し訳ありません。
    でも本当に有り難いです。感謝の気持ちでいっぱいです。プリントアウトして何度も読んでいます。

    >妹様を支えることがなければ、遠く実家を離れることをお勧めするところですが、それもまた宿命なのでしょうね

    私は妹と離れる、この古い家を売るなり離れるなりする、という事も考えた方が良いでしょうか?
    昨年、初めて対面の占い鑑定を受けました。本人と家族の名前と生年月日、住所でみるベテランの方のようでした。
    「すぐ離婚してもいいから結婚した方がいい。運気が変わる。家系から離れること」
    「もっと早くお母さんと妹を捨てればよかったのに」
    「あなたが男ならこんな所こない(生まれもったものは本来はとても強い)」
    と言われた事を思い出しました。
    妹はダウン症です。穏やかで、歌が好きで、体が丸こく、手足が短く、そこにいてくれるだけで可愛い。
    母が便漏れ・嘔吐などを繰り返す中、妹もトイレの不始末が続くとついきつく叱ったりしました。それでも恨みに思わずいつもニコニコしている妹に私も母もどれだけ癒されたかわかりません。
    妹がいてくれるので私は今、生きています。
    一生、妹の世話は私がすると思っているのですが、こういう考え自体が妹を私の運命に引き込んでしまうでしょうか?
    バーバラさまを信頼しております。命式からは率直にどのように見えますでしょうか?

    長くなってすみません。もうひとつだけ。
    昨年末、バーバラさまの「倒食をもった人の開運アクション」の記事を読んでヒキュウ(3万円くらいのもの)を購入し、窓の外に向け、水を供え、鈴をつけて置きました。

    それから家の中で不思議な事がいろいろ起こりました。
    北東の風呂場やトイレでガラガラッと何かが落ちる大きな音が何度も何度も。見に行っても何もありません。
    お正月の縁起物を玄関に飾ると頭が万力で締め付けられるような痛み。普通の頭痛ではありません。ひょっとして…と飾る場所を変えるとスーッとおさまりました。
    気功の先生の色紙を飾った下で寝ていた妹がフラフラとめまいを起こしました。他で寝かせ、私がその場所で横になった途端にグワングワンと目が回り始めました。
    色紙から来るようなので、何とか立ち上がり、色紙をしまうとピタッとおさまりました…

    まだまだありますが、ヒキュウによって家の中の気が良くも悪くもブースターのように増幅され、ヒキュウがどこに何を置くか差配しているような感じもして怖くもなりました。
    同じ頃、母の体調も不安定になった事もあり、お店に簡単に事情をいって返金はいいので返品したいとヒキュウを引き取っていただきました。うちにヒキュウがあったのは1ヶ月半くらいでした。
    風水のパワーの凄さを実感しました。
    ああいうことがあってももう少し様子をみてヒキュウを置き続けたほうが良かったでしょうか?
    ヒキュウよりうちの家のせいでしょうか?
    お忙しいバーバラさまに重ねての質問ですみません。
    これで終わりにいたします、宜しくお願い致します。

    • kaiun より:

      ふうた様

      一度お返事を書いたのですが、どうも消えてしまったみたいなので、もう一度書きますね。 遅くなりまして、すみません。

      まず、妹様ですが、決してお見捨てになりませんように。 それは仁義なき行為で、新たなカルマを背負ってしまうでしょう。

      命式がどうあれ、それは人としてなさってはなりません。

      確かに家元を離れた方が開運できる方なのですが、命式はそんなに強力ではありません。普通です。

      お世話が大変なときは一時的に施設などを利用して、あんまり頑張りすぎないでほしいとは思いますが、ぜひ妹様を大切になさってくださいね。

      ☆☆☆

      家の中の不可思議な出来事がおこるのであれば、ショウガに風水の剣を刺す魔除けがきくと思われます。

      実は近々新しく風水グッズのショップを開きますので、よろしければのぞいてみてください。

      バーバラ

      • ふうた より:

        バーバラさま、ありがとうございます
        こんな重い書き込みをしてしまって申し訳ありません

        母と妹をきちんと見送るのが私の運命なのだと思って生きてきました。
        が、母が亡くなって身近な人達からも「妹と離れないと共倒れになる」と言われ、どうして良いのかわからなくなっていました。
        妹は私の宝です。妹を守っていきたいと思います

        自殺はよくないのですね…
        正直、死んでしまいたいのですが…しっかりしないと!
        前世なのか私はよほど悪いことをしてきたのですね…

        バーバラさま、ありがとうございました。感謝いたします

        • kaiun より:

          ふうた様

          ご相談してくださってありがとうございます。

          プライベートなことをコメント欄にお書きになるのも大変だと思います。

          センシティブな内容は、お問合せ欄からご相談いただいても大丈夫ですよ。

          妹様をしっかりと支えてください。

          前世、悪いことをしたとは限りません。

          魂はより高みをめざして困難なミッションを選んで生まれてくるといいます。

          もしかしたらふうた様は、普通の魂の修行課程を終えられて、より厳しい環境で学ぶことを選択してきたのかもしれませんね。

          B

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ