四柱推命の干合の話と、常連のももるりさんの歯は強いのかについての話

こんにちは。サイト訪問誠にありがとうございます。

本日は、中国系占いの「干合(かんごう)」というものの解説と、常連のももるりさんの歯は強いのかの考察です。

今回はちょっとマニアックです。(ももるりさん、勝手に使ってごめんなさい)

peach

スポンサードリンク



前に、相性のお話しをしました。(過去記事: 相性診断、基本の基本

 

そこで、十干のお話しをさせていただきました。

十干とは、甲乙丙丁戊己庚辛壬癸の10個のエレメントのことをいいます。

 

四柱推命をはじめとした中国系の占いの基本となる考え方です。

甲乙が木、丙丁が火、戊己が土、庚辛が金、壬癸が水のエレメントです。(詳しくは相性診断、基本の基本をご覧ください)

 

インターネットでご自分の四柱推命の命式をたてられるサービスがありますので、それに生年月日と時間を入れて、ご自分が生まれたときのエネルギーのエレメント表をみてみてください。

ご自分は、どんなエネルギーで構成されているかが、なんとなく見えてくると思います。

mini_ab86bf7872ae5860355b82ae1860195e

十干の中には化学変化をおこすものがある

さてさて、十干の中には、特別に相互に結合して、化学変化を起こしやすいものがあるんですよ。

それが、干合と呼ばれる作用です。

 

HプラスとClマイナスがくっついてHClになるように、化合して別の五行に変化してしまうものがあるんです。

これを化気の五行といいます。

 

化気の五行

これがそんな干合の組み合わせです。

化学変化と教える派もあれば、愛し合って生まれるのが新しい子供の五行なのだ、と、説く派もあります。

 

甲(木のお兄ちゃん)+ 己(土の弟)の干合 = 土の五行になる (信の合)

乙(木の弟)+ 庚(金のお兄ちゃん)の干合 = 金の五行になる (義の合)

丙(火のお兄ちゃん)+ 辛(金の弟)の干合 = 水の五行になる (智の合)

丁(火の弟)+ 壬(水のお兄ちゃん)の干合 = 木の五行になる (仁の合)

戊(土のお兄ちゃん)+ 癸(水の弟)の干合 = 火の五行になる(礼の合)

の5タイプがあります。

 

火と金が水に変身したり、火と水で木に変身したり、なんでじゃあ!という感じではないですか?

これは古代中国からの教えなのですが、派によってこれをもとにいろいろなこじつけがあるようです。

これが、一応大もとの干合と考えられています。

 

干合は隣同士の柱でよく影響しあいます。

スポンサードリンク



ももるりさんの歯は丈夫なのか?

さてさて、常連のももるりさんの歯は丈夫なのかどうかを見てみましょう。

ところで、みなさん、ご自分の命式を調べてみましたか?

 

そこのご自分の生まれた日のエネルギーを見てください。

十干は何でしたか?

日のエネルギーはご自分自身を表します。

 

ももるりさんのエネルギーは、どうやら庚(かのえ)らしいです。(別の位置が庚なのでしたらごめんなさい。その場合は、仮に日のエネルギーが庚の人の例ということで話しますね)

 

庚さんは金のお兄ちゃん。陽の金です。頭が良く、大変有能な人です。

言いたいことをはっきりという堂々とした人ですが、無礼を働く人には、その鋭い刃物でばっさり切る、といった激しさも持ち合わせた人です。

 

このタイプの人の命式のどこかに乙がある場合、「義の合」が成立します。

この合をお持ちの方は、大変に骨や歯が丈夫な人となります。コーラの蓋を歯であけちゃうような人で、「骨粗しょう症って何?」といった感じで、老年になってもエベレストに登っちゃうような人となります。

 

はてさて。

ももるりさんの命式に乙はありますでしょうか? うふふ。

ない場合は普通の骨格、普通の歯となります。

普通の歯かな。それともばり強の歯の持ち主なのかな?

 

ところで、生まれた日のエネルギーが乙で、命式のどこかに庚がある人は、逆に骨や歯がとてももろくなります。

この逆の組み合わせをお持ちの方は、よく乳製品を取られてください。(この組み合わせ、異性運や結婚運はいいし、性格もいいのでがっかりなさらないで)

PAK56_harunokimochi_TP_V1

組み合わせ例をもうひとつ。

日干(生まれた日のエネルギー)が、甲の方。

頭痛持ちなことが多いんです。

命式や年のエネルギーの回り方で、脳腫瘍など、脳の病気もでやすい方です。

 

でも、甲己の信の組み合わせがあると、なぜか頭の故障が払しょくされ、全く頭痛持ちとは縁がなくなるのです。

不思議ね~。

 

信の合や義の合がある方は、文字通り信義に厚い人なことが多いようです。

智の合がある方は、頭がよく、仁の合がある方は情け深く、礼の合がある方は礼儀正しい方とみます。

 

もちろん、干合は、命式の一部分なので、判断は全体を見なければなりません。

皆さんの命式の中には、干合はありましたか?

 

四柱推命の干合の話と、常連のももるりさんの歯は強いのかについての話でした。

スポンサードリンク




人気ブログランキングへ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ