東京ジャーミィ:日本の中のイスラム文化に触れてみない?

不定期で、パワースポットを紹介しているこのページ。

本日は、東京ジャーミィ:日本の中のイスラム文化に触れてみない? というお話です。

スポンサードリンク



日本の中のイスラム教の聖地、東京ジャーミィ

東京の渋谷区、代々木上原駅から徒歩5分ほど。おしゃれなカフェが点在する井の頭通り沿いを歩いていると、突如高い塔を有した異国のモスクが現れます。

まるで、散歩中、妖精の輪にはまり、異世界にやってきてしまったような、不思議な感覚。

つい、あへーっと、アホ口を開けて、高い塔を見上げてしまいます。

 

この建物は、東京ジャーミィと呼ばれるもの。

トルコ語で、モスクを表します。

現役のモスクで、1日5回の礼拝や、イスラム教の安息日である金曜礼拝が行われています。

トルコ大使館に所属しているそうなのですが、誰にでも、扉を開いているのです。

イスラム教徒ではなく、普通の日本人でも見学が可能とのことで、出かけてみました。

スポンサードリンク



1階にはイスラム文化センターと大きな食堂

開放されている扉から、おそるおそる中へと入ってみました。

入場ゲートも、荷物チェックの何もなし。

入るとすぐにギャラリーになっており、トルコゆかりの工芸品や絵画が展示されています。

お~、見事!

トルコの花、チューリップが鮮やかに絵付けされているつぼ

日本とトルコ親善の旗

タイル模様が美しい、美麗な待合室。

1階はイスラム文化センターと大きな食堂があります。

丁度ラマダン(断食月)のときにお邪魔したのですが、夜になると断食から解放されて、ここにみんなが集まってきて、わいわいと一緒に食事をとるのだそうです。

「食事はみんなで食べた方がおいしいじゃない?」

と、ネイティブレベルで日本語がお上手なガイドさんが語ってくださいました。

食堂前には、カトラリーが山積みにされて日没を待っている

断食月は、アスクダエクメルと呼ばれる貧しい人への施しのときでもあり、みんなで寄付を集めたり、教会には貧しい人が持って帰っても良いパンなどの食材が置かれるんですって。苦しいイメージの断食月ですけど、楽しいお祭りの時期でもあるんですって。

ラマダン期間中は、イスラム間では、戦争してても一時停戦になるそうです。

 

 

イスラム文化センターでは、トルコの工芸技術の気軽な体験コースなんかもあるみたいです。

ご興味がある方は、連絡してみてね。

 

1Fで面白いなぁ、と思ったのが、トイレの位置。

普通トイレって男女で隣り合ってあるもんじゃない?

 

でも、この教会では、きっちりと男女で方角が分かれて設置されていたのが、イスラムっぽくて面白かったです。

 

2階、3階は敬虔の祈りの場。偶像がないのが不思議な感じ

階段を上がると、そこは敬虔な礼拝場です。

女性は、貸出の白いスカーフを必ずかぶってください。

単に頭にまくだけだから簡単よ。

バーバラが入ったときは、若い女の子たちのグループが、スカーフなしで見学していました。

特にとがめる人はいなかったけれど、礼儀としてスカーフは必ずつけてくださいね。

イスラム教は偶像崇拝禁止なので、どこにも像がないのが不思議な感覚。

どっちむいておがめばいいんだろう? (メッカだよ)

下はふかふかの絨毯。

とても安らぐ雰囲気で、なんだか眠くなってきました。 ZZZ

天井高い。一面のタイル細工が美しい。

天井を仰ぎ見る

 

イスラム文化の理解を深めるチャンス

職員さんの中には、日本人と変わらないレベルで日本語が堪能な方もいらっしゃいますので、お忙しくなさそうでしたら、ぜひイスラム文化やトルコのことについて尋ねてみてください。

とかく、「恐ろしいテロリズム」がクローズアップされがちなイスラム教ですが、普通の庶民の生活や考え方に触れてみるのは、相互理解のためにもとても良いことだと思うのよね。

 

これは、一階に飾ってあるイスラムの書なんですが、意味は、「無になれ」なんですって。

ちょっと、無我の境地と同じような感じで興味深かったわ。

 

これは、イスラム神秘派のスーフィーの絵。

厳しい修行によって自我を滅却し、くるくると回り踊って、忘我の恍惚の中で神との心意的合一をめざします。

スーフィーは、神との一体化を目指すような人々なので、とても特殊。

スーフィーだけの独特の言い回しをするのですって。

例えば、

「ろうそくを消す」

をスーフィー風に言うと、

「ろうそくを楽にしてあげる」

っていうんですって。

なんかちょっと哲学的な言い回しよね。

 

そんなちょっと不思議なお話が聞ける東京ジャーミィでした。

 

本日は、東京ジャーミィ:日本の中のイスラム文化に触れてみない?というお話でした。


人気ブログランキングへ

インド人による本物のインド占星術、家の気とあなたの運勢からみる本物の風水はこちら!
⇒ 開運宝箱 https://kaiuntakara.thebase.in/

6 Responses to “東京ジャーミィ:日本の中のイスラム文化に触れてみない?”

  1. チズ より:

    こんにちはー!いつも楽しく拝見しております。ようやく7月に東京へ行けることになったのですが、インダー先生やバーバラさんの対面鑑定がソールドアウトのままで残念無念(;´Д`)インダー先生にも見ていただきたいけど、バーバラさんとお話してみたいー!(現在、生駒聖天様で2度目の浴油祈祷中です!バーバラさんがサイトで紹介して下さったおかげです感謝)

    • kaiun より:

      チズ様

      おー! いらっしゃいませ!

      そうなんですよ。 最近、カルタ取りみたいにリフィルするとすぐに売れてしまっていて。
      お問い合わせも沢山いただいているんですが、なかなかね~。

      生駒聖天様とのご縁がつながってよかったです。
      小ブログがお役にたててよかったです。

      バーバラ

  2. roco より:

    いつも楽しくブログを読ませていただいています
    数日前のブログにありました天心先生の風水講座の四柱推命を受講しようかと考えています
    バーバラさんは天心先生の風水講座を推奨されていますが秋開講の四柱推命の講座もおススメでしょうか
    バーバラさんの四柱推命の鑑定は天心先生のところで受講したものでしょうか

    • kaiun より:

      roco様

      ありがとうございます。

      四柱推命講座、おすすめですよ。普段独学ではなかなか歴史とか、どういう派があるとかまでは学びきれませんが、そういうベーシックな所から、深いところまで教えてくださいます。

      私は、先生のところに行く前、子供の頃からやっていましたが、そういう体系的、総合的なことは知りませんでした。

      全くの初心者が入ると、1度で全部吸収するのは難しいかもしれません。同じ講座を、複数回受講なさる方も多いのですよ。(2回目からは格安になります)

      もし入門なさるときには、ぜひ、「バーバラのブログを見た」と、言っていただけませんか?

      バーバラ

  3. m より:

    東京ジャーミィ行ったことあります^^
    装飾がとても美しいですよね。
    2階?の階段上は、確か女性しか上がれなかった気がします。
    白いスカーフを巻くと、より神聖な気持ちになりました。

    • kaiun より:

      m様

      行かれましたか。

      イスラム独特の美しい装飾が見られて幸せでした。

      はい、男性用と女性用の礼拝所で、階が違うようです。

      白いスカーフ、そうですね。 

      その場所のルールならルール通りつけるべきだと私は思います。
      マナーを守って、仲良く共存できたらいいですね。

      バーバラ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ