相性診断、基本の基本

本日のお話しは、相性診断、基本の基本、というお話しです。

スポンサードリンク



ご存じのとおり、東洋系の占いは、五行の思想がもとになっています。

つまり、木、火、土、金、水の5行のエネルギーをベースに考えられているのです。(木、火、土、金、水は、もっかどごんすい、と、覚えましょう)。

 

木は火を産み、火は何かを燃やして土を産み、土からは金が生まれ、金属は水滴ができ、水は木をそだて…、という感じに循環するエネルギーのことですね。

東洋系の占いの基本思想で、四柱推命も、気学、奇門遁甲、0学も、動物占いも、姓名判断も、基本的にこの思想が取り入れられています。

隣り合ったエネルギーは吉で、ひとつ飛ばしたエネルギーは凶とされています。

すなわち、木はちゅーちゅーと土の栄養を吸い取ってしまう、火は金属をどろどろに溶かしてしまう、土は水を吸い取ってしまう、金属は木を切り倒してしまう、水は火を消してしまう、というわけです。

 

基本的に、自分のエネルギー表(命式)の中でも、矛盾するエネルギーがあると力が発揮できないし、この打ち消しあうエネルギーの人とは相性が悪いとみます。

 

ですが、本当にそんな単純なものなのでしょうか?

ああ、あの人とは、水と火の関係だから、相性が悪い、ピリオド。

実はそんなに相性って簡単なものではないんですよ。

 

本日は、十干の読み方と、五行の関係から、相性の基本的な考え方を読み解きます。(まあ、占いサイトっぽいわ♪)

ちょっと小難しいですが、これが理解できると東洋系占いがすっとわかるようになります。

スポンサードリンク



単に火と水は相性が悪いとみるのは短絡的

で、相性判断でやってしまいがちなのが、彼と私は、火と水の相性だから、相性が悪いんだわ、という感じの判断。普通思いがちなのですが、実はそんな単純なものではないんですよ。

 

五行は、それぞれが、陰と陽に分かれます。

陽の木、陰の木、陽の火、陰の火、というようにそれぞれ2つに分かれるんですね。

 

火と水の相性といっても、その組み合わせは、陽の火と陽の水のがちでエネルギーのぶつかる系な場合もありますし、陽の火に対して、水が陰の場合もあり、その逆の場合もある。両者ともに陰の火と水の場合もあるわけで。

それぞれ相性の解釈はさまざまなんです。

 

陰と陽の組み合わせの場合は、火と水のように五行で対立するエネルギーの場合でも、良い組み合わせも沢山あります。

相性の場合、本当に完膚なきまでに相手をたたきのめし、両者ともへとへとになる場合もあれば、刺激しあうことで新たに良いものを生み出せるエネルギーの組み合わせもあるのですよ。

 

おんどりは、よくめんどりの頭をつつくんだそうですが、それはいじめているのではく、卵の排卵をよくする効果があるからやってるんですって。

五行の相性もそんな感じのところがあります。

 

「いつもお母ちゃんがガミガミいうから、仕事に精をだしている。これが優しい人だったら働かない」

とかね。ガミガミさんだからこそ、うまく家がまわる、なんてことも実際あるわけですよ。

 

このように相克しあう関係が、逆によい方向に向かっていることもあります。

 

例をもう1例。

金のエネルギーは、土のエネルギーとは相性が良いのですが、命式に土のエネルギーが多すぎると、過保護すぎて社会に出にくくなるんですよ。

そんな命式なら、本来金のエネルギーとは相性の良くない木のエネルギーの人が相性がよい場合があります。

 

多すぎる土のエネルギーを木のエネルギーが吸い取ってくれるので。金のエネルギーが表面にでてこれる(笑)。

 

相性、奥が深いんですよ。刻一刻と変わる年運によっても微妙に動いてきますしね。

今、相性が悪い、喧嘩三昧だという方も、年運次第では関係が良好になる場合もございます。

 

本当に大切なパートナーなら、すぐに離婚とせずに、少し待って様子をうかがってみることもいいかもしれません。(いや、DVとかの場合なら速攻逃げてね)

 

さて、この後は、ちょっとマニアックな話になりますので、ご興味のないかたはスルーしてください。

上の話をもう少し詳しく話しています。


bad-guy_2722729真のマニアだけが扉をあけろっ!

(ファルコン上官初登場の記事はこちら:急に願いが叶うとき受け取る準備はできているかと傭兵は語った

東洋の占いで必ずでてくる十干について

東洋の太陰暦は、甲子(きのえね)、乙丑(きのとうし)、丙寅(ひのえとら)、というように、年月日時間を干(かん)と、支(し)の組み合わせで表現いたします。

上の字が干で、したの字が支です。

 

干は、甲乙丙丁戊己庚辛壬癸(こう、おつ、へい、てい、ぼ、き、こう、しん、じん、き)と10個あります。

支は、子丑寅卯辰巳午未申酉戌亥、と、12支でおなじみのもので、12個あります。

 

この干と支のエネルギーの組み合わせをいろいろ読み解いていくのが、東洋の占いでなのです。

 

ちなみに、昔日本史で習った、辛亥革命(しんがいかくめい)って覚えていますか?

中国で起こったこの民主主義革命は、起こったのが1911年の、辛(かのと)のいのしし年に起こった革命なので、辛亥革命、って呼ばれています。意外と身近にこの干と支は使われているんですね。

 

木火土金水には、それぞれ兄弟に分かれている

え~と、まだ、ついてきてくださってますか?

つまんないかな?

 

えとですね、で、木火土金水なのですが、それぞれが、2つに分かれているんですよ。

こんな感じ。

 

木のエネルギーは春の担当

木のエネルギーは、春を意味するエネルギーです。

 

甲(きのえ)は、剛木を表します。木のお兄ちゃん。天高くそびえる木のエネルギーです。

これが自分を表す位置にきている人は、気質がまっすぐで、自分の意志をはっきりと言える人です。

風水で方位を表すときには、東を担当しています。

 

乙(きのと)は、草花や、つる草をイメージするかれんなエネルギーです。木の弟星。

これが自分を表す位置にきている人は、とてもあたりが柔らかで優しいです。

が、つる草がうろうろするように迷いもまた多いです。

 

雑草をとってもとっても生えてきたり、強風や雪に枝が折れてもつる草は生き延びるように、見た目と違って、結構しぶとくずうずうしい面もあります。風水では、東南方位が担当です。

 

このように、同じ木のエネルギーといっても、甲と乙では、全く違った感じになるんですね。

甲が木の陽のエネルギー。乙が木の陰のエネルギーなんです。

 

木のエネルギーの人は、一般的に命式や年運に水や太陽の光を表すものがきているのを喜びます。

参考までに、他のエネルギーについてもみてみましょう。

 

火のエネルギーは夏の担当

火のエネルギーは夏を意味するエネルギーです。

 

丙(ひのえ)は剛火を表します。火のお兄ちゃんです。

太陽のまばゆい光を表す丙のエネルギー。

このエネルギーを自分を表す位置に持つ人は、大変華やかで、美的センスにあふれた人です。

怖いもの知らずでもあります。

 

太陽が隠れていたものもすべて光のもとに照らしだすように、隠れていた秘密などをあばく直観力にも大変優れたかたになります。

 

丁(ひのと)は、柔火の星。火の弟星です。

太陽に対して、こちらは、灯し火やたき火の火。

やはり火の激しい面はお持ちですが、それを表面の協調性で覆い隠しコントロールすることができます。

 

明朗で頭脳の優れた方です。やはり直観力や美的センスには優れたものをお持ちです。

火のエネルギーの人達は、命式や年運に、木のエネルギーや土のエネルギーがあることを好みます。

丙は陽の火、丁は陰の火のエネルギーです。

 

土は土用の担当

土用の丑の日、なんていいますよね。

土は、それぞれの季節の移り変わり、土用を担当しているといわれます。

 

戊(つちのえ)は、剛土を表します。土のおにいちゃん。

山とか大地とかでかい岩とか、スケールのでかい土のエネルギーです。

ご想像の通り、ちょっとのことでは動じません。

不屈の精神と強い信念を持ったぶれない人です。まさに漢(おとこ)の中の漢(おとこ)。

 

己(つちのと)は、柔土を表します。土の弟星。

畑の土。田んぼの土。鉢植えの土。畑や田んぼはあたりを潤して、沢山の生命に命を与えはぐくみ育てます。

公明正大で、偏った考え方をしません。ぶれなくて高潔な人です。

人をはぐくみ育てる慈しみの心を持った人です。

 

土のエネルギーの人達は、命式や年運に、火や金のエネルギーを持つことを好みます。

戊は陽の土、己は陰の土のエネルギーです。

風水では、中央や四隅、南西や東北が土のエネルギーと考えられています。

 

金は秋の担当

庚(かのえ)は剛金を表します。金のお兄ちゃん。

鋭利な刃物や、金属を表します。鋭利な刃物のように頭がよく有能な人です。

刃物のように人の心にぐさっとささることをいうことがありますので要注意です。

 

辛(かのと)は、柔金を表します。金の弟星。

金の細工物や、結晶などの金属です。

庚のような行き過ぎた鋭さはなく温和です。礼節を重んじ、華美に走りません。

 

金のエネルギーの人達は、命式や年運に、土や水のエネルギーを持つことを好みます。

風水では、西や北西を担当しています。

 

水は冬の担当

水のエネルギーは冬を担当しています。

 

壬(みずのえ)は、剛水。水のお兄ちゃんです。

海や川の大きな流れなど、スケールの多い水のエネルギーを表します。

水は、海より上昇し、雲となって雨を降らせ、川を下ります。姿を自由に変化させます。

 

壬の人は、智謀知略に優れ、大変柔軟性に優れます。

鉄砲水のように、ここぞ、というときには一気に物事を進める力強さももっています。

 

癸(みずのと)は、柔水。

水道や井戸からくみ上げられた水。みんなを潤す飲み水です。

大変柔軟性に富み、持久力もあり、こつこつとひとつのことを続けられます。

従順で人とぶつかりません。

 

水のエネルギーの人達は、命式に金や木のエネルギーがくることを好みます。

壬が水の陽水。癸が陰水です。

風水では北をつかさどっています。

ELLY_himitunohanazono_TP_V1

 

ざっくりと五行のエネルギーの説明でした。

bad-guy_2722729ここまで何人がたどり着いたのかっ!?戦死者の数と被害状況を報告しろっ!

(^▽^;)い、いかがでしたか?

相性診断、基本の基本というお話しでした。

 

あなたに合ったマンションの階数

吉方位の旅行があなたの運命を変える

方位とあなたの誕生日、総合解説

占いの離婚相談と2017年の結婚に適さない日

スポンサードリンク




人気ブログランキングへ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ