人生を苦しまないと開運しない運命式の人がいる

本日のお話は、人生を苦しまないと開運しない運命式の人がいる、というお話です。

スポンサードリンク



人が生まれながらにして持っているエネルギー量と質

人はそれぞれ、生年月日時に応じて、天の神様からギフトとしていただいている運勢のエネルギー量があります。

四柱推命では、これを人間の一生に備えて12運に分けて表現しています。

人が生を受けて、産湯につかり、少年少女、青年期を経て、壮年期を迎え、やがて衰えてその一生を終わり、あの世に行くまでの12の姿を、命式のエネルギー量と質にあてはめて表現しているのです。

命式の下や横の方にある、冠帯とか、沐浴、とか、病とか、死、という字がそれです。

あなたはどの漢字をお持ちでしょうか?

病とか死というと不吉な運勢なの?と心配になりますが、そんなことはありません。

運のエネルギーの質を表す言葉というだけなのです。

例えば、長生は、素直な子供のようなエネルギーで、この星を持つ人は、子供のように探求心が強く、素直です。子供のように純粋ですので、心にもない浮世の義理や裏側を嫌うので、時に幼稚な人ととらえられることもあるようです。この星は、偏印、偏官などの一癖も二癖もある星を良い方向へ導ける星でもあったりします。

沐浴という星は、成長してきた少年少女の星。夢とロマンを持つ少年時代。恋の芽生えもある頃です。沐浴がある方は何かと「やっつまう」ことが多い星でもあります。反抗期のティーンの星ですもの。社会や親に反発して、いろいろ「やっつまう」年頃ですものね。(くすっ)

スポンサードリンク



天からのライセンスをいただいている帝旺の生まれは幼年期に試練を受ける

さて、天から最も強いエネルギーをいただいている人が帝旺(ていおう)という12運をお持ちの方。

人生の中で、経験を積み、体力もあり、精力的に活動している時期にあたるような、ピークの強いエネルギーをもともとお持ちの方。

ゆうゆうとした自信に満ち溢れ、大局的に物事をみられる、帝王のような、ライオンのような方。

この帝旺の12運をお持ちの方は、大抵幼年期に試練を受けることとなるでしょう。

偉人の伝記を読むと、大抵成功する前にひどい試練に見舞われていませんか? 貧乏で一家離散していたり、何かの事情で家族と離れて暮らせねばならなかったり、ひどい病気で生死の間をさまよったりしています。

売れている芸人さんや芸能人が明るく語るすごい幼年時代に、「えっ!そんなに大変だったの!?」びっくりすることもありますよね。

子供が持つには大きすぎる帝旺のエネルギー

実は、帝旺のエネルギーはどの12運よりも大きく、強大であるため、成人前の子供の間は、エネルギーの燃焼が不完全で、コントロールしきれない状態になることがあります。その結果、暴走するエネルギーが体へのストレスとなり、病気を引き起こしやすいのです。

運命式の強弱によって、単に体の弱くて寝込みやすいお子さんなのか、深刻な病気を引き起こしてしまうのかは違ってきますが、概ね、体の弱い子供時代を送ることとなります。

大人になると、帝旺の強烈なエネルギーをうまくコントロールできるようになり、そうなると、逆に頑強な心身へと変貌していきます。

「小さい頃の不調が嘘みたいに丈夫になって活躍して」

なんて思い出話をされる方には、この帝旺がよくついているものです。

帝旺を持つ人が受ける試練の数々

獅子が谷底に我が子を落とすように、帝旺を運命式に持つ方は往々にしてひどい試練を受けることがあります。

早くに両親が亡くなって天外孤独、親戚を転々としていじめられる、とか、壮絶な運命にもまれて、嵐に今にも沈没寸前の小舟のような目にあわされるのです。

実は、帝旺が帝旺たる成長を遂げるには、必ず試練を受けて苦しまねばならないのです。帝旺とは、人生の前半生を苦しみと共に生きないと開運しない運命の人なのです。

植物の中には、山火事が起こって種があぶられると始めて発芽する種類のものがあるのだそうです。普通の状態では殻が固くて芽が出ないのです。火を受けて初めて固い殻が破られ発芽することができるのです。

帝旺を命式に持つ人もそんな感じなのかもしれません。

苦しんで苦しんで、初めて王者として思う存分スケールの大きい、本当の人生を生きることができるのです。

この試練を避けて、平凡で安穏、ぬくぬくとした生活を帝旺のエネルギーを持つ人が送ると、後半人生は全くもってつまらないものになってしまいます。親や夫、世間に不満たらたらのくせに実行力はなし。子供にも地位にも恵まれず、といったものになってしまいます。迷い多い人生をふらふらと無為に送るようになり下がってしまいます。これを「陰転」したという言い方をします。

帝旺をお持ちの方は、なるべく人生の早い段階を、悩み、苦しむだけ苦しみ、大人になってから他の人にはできないダイナミックで素敵な人生を送ってください。

帝旺の星は初代運があります。

一代にして巨万の富を築いたり、大会社を立ち上げたり、新しいムーブメントを起こしたりする創始者の星なのです。

獅子のように目的に向かって突き進む強さを持ちながら、一方子供のように素直で無邪気な一面を持ちます。

お子様の命式上帝旺がある場合は、甘やかさず、「かわいい子には旅をさせろ」という感じの子育てをお願いしますね。

幼い頃から体が弱く、苦しみばかりの人生だよ、という方は、もしかしたら、普通の人よりもダイナミックな人生を生きることを義務づけられた、特別ライセンスをお持ちの方なのかもしれませんよ。

その苦しみは、真のあなたを発芽させるための試練なのかもしれません。

ダメな時ほど運はたまると申します。

人と比べて劣等感をお持ちになることはありませんよ。



 

金のエネルギーをお持ちの方は、ぬくぬくとした土から出て自分を精錬しよう

もう1つ、人生で積極的に苦労を買って出たほうが良いタイプの方がいらっしゃいます。

ご自分の本質が金のエネルギーの方です。

この方を補助してくれるのは、土のエネルギーなんですが、土が多すぎる命式の方は、逆に世に出られなかったりします。

金は、ぬくぬくとした土に埋もれているうちは、単なる金の鉱脈に過ぎず、誰にも知られることはありません。

ぬくぬくとした土から掘り出され、自分を剋する火のエネルギーでドロドロに一度溶かされないと、美しい金の延べ棒にはならないんですよ。

ご自分の本質が金のエネルギーである方は、勤めて美しいご自分を(いや、顔だけの話じゃなくね)、精錬してください。

世の中に出て、もまれて、苦労して、泣いて、初めて精錬されて美しい輝きを出すのです。

ぬくぬくとした土に埋もれてしまった金のエネルギーを、「埋金」とか「さびた屑鉄」といった言い方をいたします。

苦労は勝手でもした方がよい金のエネルギーさんです。日々研鑽を重ねて、光輝く金になってくださいね。

大運天冲殺をお持ちの方

最後に、もう1つ。

命式に大運天冲殺をお持ちの方も、その運に入る前の数年間は、人生を思い切り苦しんでおく必要があります。

人生の辛酸をなめて、泣いて苦労しているのに芽がでなかった人は、大運天冲殺に入ったほど、天井破りの上昇(陽転)をいたします。

逆に、大運天冲殺前の数年間を、自分を甘やかして、日々無為に生きていると、大運天冲殺に入ったとたんに、地獄の底まで運勢が落ち込んでいってしまします。

大運天冲殺をお持ちの方は、本当にお気を付けください。

また、大運天冲殺は、通常のわかりやすいもののほかに、ちょっとわかりにくいものも存在いたします。

あまりにも運勢が最近振るわないな、と、思う方は、一度お問合せをしてみてください。

まあ、あまり怖がりすぎるのは良くないですけどね。

本日は、人生を苦しまないと開運しない運命式の人がいる、というお話でした。

スポンサードリンク



2 Responses to “人生を苦しまないと開運しない運命式の人がいる”

  1. yuzu より:

    あけましておめでとうございます。

    今年もブログを拝見させていただきます。
    バーバラさんにとって、すばらしい年でありますように♪

    • kaiun より:

      yuzu様

      明けまして おめでとうございます。

      副長殿にとっても、すばらしい年でありますように。

      愛をこめて。

      バーバラ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ