運気アップする火の浄化力

今回は、火の浄化力についてのお話です。

皆さんはキャンプは好きですか?

バーバラは大好きです。

 

たき火の周りに家族や友達が集まって、話をしたり、マシュマロを焼いたりしながら火を囲む。

そのうち、話もつきて、ただずっと幸せな気持ちで火を見つめるひととき。

ぱちぱちとはぜる火。たきぎの燃えるいい香り。

とてもやすらぐひと時ですよね。

 

は、人をリラックスさせる「1/fのゆらぎ」を持っているそうです。

「1/fのゆらぎ」とは、そよ風や波などの自然、人の心拍の間隔など、不規則と規則正しさが丁度心地よく混ざり合っているもののことをいうそうです。

 

火は人をリラックス状態にして、不安やうつ状態の改善に導きます。

火は人の心の奥のわだかまりを浄化して、運気アップをすることができます。

まさに、心の闇を照らす明かりなのですね。

スポンサードリンク



家の中に自然にゆらめく火のある暮らしを

昔は、囲炉裏や暖炉のまわりに家族は集まりました。

心を落ち着かせるだけでなく、火はまた、家族の団結力を強めるものでもあります。

 

現在では、囲炉裏や火鉢も見かけなくなりましたし、キッチンもオール電化などで、実際の火を見かけることも少なくなりましたが、ぜひ、家の中に自然の火を取り入れてみてください。

 

火

キッチンのレンジはガスがお勧め

オール電化はとても安全で便利ですが、バーバラはやっぱりキッチンのコンロはIHヒーターよりもガス派です。

 

理由は2つ。

1つは、前述した自然の火の安らぎや浄化力のため。

自然の火で、土鍋で炊くご飯はやっぱりとてもおいしいです。私は昔の人間なのですね。

 

もう1つは、家のエネルギーのバランスのため。

木や土で作られた昔の家と違って、今はまわりに金属でできている電化製品があふれています。

 

コンピューター、冷蔵庫、TV、電子レンジなどなど。これらは金属のエネルギーと電磁波を出しています。

ただでさえ金属のエネルギーが多いのに、コンロまで電磁波を出す金属エネルギーのものに変えなくてもいいと思うのです。これはエネルギーバランスの問題です。

スポンサードリンク



アロマキャンドルで手軽に運気アップ

自然の火の力を使って自分と家を浄化、運気アップするのに手軽な方法がアロマキャンドルです。

お気に入りの香りと色のものを買ってきて、やわらかい揺らぐ明かりと香りを楽しんでください。

 

心の中のわだかまり、憎しみ、うらみがほどけて、リラックスしている自分に気が付かれることと思います。

キャンドルは小さなセラピストです。

 

キャンドルの火のエネルギーで空間を浄化する場合、エネルギーを強化したい部屋をまず徹底的に掃除、水拭き、不用品を捨てて窓をあけて風を入れ替えます。

それからアロマキャンドルをたいてください。

 

一緒に花を飾るとなお効果的です。

花は身を挺してマイナスエネルギーを吸い取ってくれる働きをいたします。

imagesGU9NETIW

セージによる空間浄化

セージの葉も、また強力な空間浄化アイテムとして知られています。

セージの中でも特にホワイトセージの浄化力は強いようです。

 

喧嘩をしてしまった、なぜか夜中心配事で寝られなかった。

そんなエネルギーは部屋にしみつきますので、浄化をしましょう。

 

ホワイトセージは通販で簡単に買うことができます。

セージの葉に火をつけます。

火がついても危なくない入れ物に入れるか、たいまつ状になっているものを買ってください。

いずれにせよ、火事には気を付けてくださいね。

 

セージに火がつきましたら、吹き消して、煙だけが立ち上る状態にしてください。

そのセージをもって、家をぐるっとまわり、空間浄化を行ってください。

 

パワーダウンしているな、というところは特に念入りに。

パワーダウンしている空間や、部屋の四隅で柏手をうつのもよい方法です。

これは音による有効な浄化方法です。清浄な空間で運気をアップさせてください。

41b9mzkdUUL__SX300_ ホワイトセージを乾燥させたもの

 

お香も運気アップと部屋の浄化にお勧め

お香も、火と香の浄化アイテムです。

リラックスできる香りをいろいろと試すのは楽しいですよ。

 

香炉やお香立ても、素晴らしものや、実にかわいらしいものが揃っていますのでお気に入りを探してみてください。

有田焼きや九谷焼などの逸品は、玄関に飾れば玄関の格が上がりますし、南西~北西方面にも相性のよいアイテムです。

金運や、仕事運もグレードアップしそうです。

 

火は浄化する

浄化と再生のアイテム

祭りの際、火は欠かせないアイテムです。

お盆、火祭り、かがり火、1年の厄を落として、仕切りなおす祭りに、人々は浄化の火を使ってきました。

 

火は浄化と再生のアイテムです。

密教では盛大に護摩の炎を祈りとともにたきあげます。

煩悩など、心の闇を焼き払う浄化の炎です。

とうろう祭り

幻想的なタイのランタンまつり

古いお札やお守りが火災の原因に?

古いお札やお守りは、1年たったらきちんと神社にお返ししていますか?

古いおまもりが引出しにぎっしり、なんてことはないですよね?

 

運気アップしたいなら、古いおまもりはすぐに神社へ。お札やお守りの有効期限は1年です。

1年たったら、感謝の気持ちをこめて神社にお返しをしましょう

お願い事をして、かなったらそのまんまは、いけませんよ。きちんとお礼参りにまいりましょう。

 

神社には大抵、古いお札をおさめる場所がありますので、そこにおさめるとよいでしょう。

ない場合は社務所で聞いてみてください。

お札を収める場所にはお賽銭をいれる箱が設置してあると思うので、ぜひ、お志しもお忘れなく。

 

古いお札やお守りがあんまりたまると、火災がおこることがあるといわれています。

これはある風水師が語っていたことです。

古いお札やお守りが、自分で自分を浄化しようと、火災がおこるようにしむけるんだそうです。

そんな浄化のされ方はいやですよね。

 

座敷童の宿、緑風荘の話

岩手県二戸市にあった、緑風荘という旅館をご存じですか?

ここには、亀麻呂様という座敷わらしが住んでいて、この座敷わらしに会うと、素晴らしい出世をしたり、玉の輿に乗れるんですって。

 

政治の世界では、原敬、米内光政、福田赳夫氏など。実業界では、本田総一郎、松下幸之助氏などの大物が、芸能界では、ゆずや風見しんごさんなどがここで座敷わらしに遭遇して、その後出世したり人気者になったそうです。

文筆業界では、三浦哲郎氏が、ここで出会った座敷わらしの話を「ユタと不思議な仲間たち」という本にしています。

遠藤周作も、ここで座敷わらしに出会ったエピソードをエッセイにしているそうです。

 

大人気の宿で、宿泊予約は、2,3年先まで取れない状況だったのですが、ここ、2009年に、座敷童をまつる祠を残して消失しました。

直接の原因は機械設備の不具合のようですが、火の浄化を受けたとスピリチュアルの世界ではささやかれています。

 

「出世したい」「玉の輿にのりたい」「お金持ちになりたい」という、無謀なる運気アップをひたすら願った、どろどろとした人の念。

その人達が置いていったぎっしりと積み重ねられたおもちゃや人形(ほんとにうっとくる量でした)。

 

旅館のご主人の話によると、それらたまりにたまった人形類の中には、しゃれにならない話も少なからずあるのだとか。

これら、たまりにたまったもろもろの物を、座敷わらしは浄化したのでは?との話です。

 

幸い、緑風荘は再建計画が持ち上がっているようです。

詳しくは、緑風荘のHPをご覧ください。

 

なお、宿泊される際、おもちゃをお持ちになる方へのワンポイントアドバイス。

霊能者の話によると、亀麻呂様は、「人形よりも、音がでたりするおもちゃのほうがいい」と言っているそうです。

男の子らしいですね。

今も祠にいらっしゃるそうですよ。うふふ。

火 ハート

スポンサードリンク



 


人気ブログランキングへ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ