離婚の原因となりうる風水的に冷え切った家

離婚の原因はさまざまですが、大きく分けて、性格または性の不一致、パートナーの浮気、金銭問題、舅・姑との問題などがあげられるのではないでしょうか。

スポンサードリンク



風水的に何か特徴はあるのでしょうか?

金銭的な問題ですと、西に原因があることが多いです。

西に大きな開口部や欠けがあると、金銭的な問題に発展しやすいです。

 

パートナーの浮気は、西や北に欠けなどが原因になっていることが多く、舅・姑問題は、キッチンや東北・南西の原因が多いようです。

 

問題山積のおうちは、「どうぞ」と言われて入ったものの、座る場所もない有様。

本来座るべき椅子もソファーも、床も机も棚の上も、「おわっ」と飛びのく位の物で埋め尽くされていました。

 

その中で、「何が原因なんでしょうねぇ?」と、思案顔の本人。

10トントラック1台分のごみを片づけました。(もう絶対あんな依頼はうけない!)

スポンサードリンク



冷え切った仲になりやすい風水

さて、なんとなく二人の間が冷え冷えとして離婚してしまった。

さしたる問題もないのだが、なんだか顔も見るのも嫌になってしまった。触れ合いたくない。

 

こんな問題で別れてしまうカップルの相談に何度か乗ったことがあります。

どんな風水的な特徴があったと思います?

_38-5465

モノトーンは離婚運を呼び込む

多かった例は、家全体がモノトーンで統一されていた家。

 

強烈な黒いベッドと黒いファブリック

中には、寝室のベッドとファブリックが黒で統一されているという豪傑がいました。

見たとたん、「あちゃー!」という感じです。

 

やはり、真っ黒なベッドと寝具というのは、相当なインパクトですよ。

そりゃあ、2人の仲も冷え切るよね、と、その方を説得して明るいピンク色に変えていただきましたら、無事再婚のご縁を得ることができました。

 

真っ黒なファブリックで寝るのはやめましょう。

いや~、あれは本当にインパクトがありました。

売ってるんですね、真っ黒なシーツや枕カバー。

外国だったから? 日本でも売ってるのかな?

 

長年いるとわからなくなる

他人が見ると、「うっ」っとその異様な感じがすぐにわかるのですが、長年そこで暮らしているとわからなくなっちゃうみたいなんですよ。

まるで、強い香水をいつもつけていると、強烈な匂いに鈍感になるみたいに。

 

何か最近運が悪いな、と、思ったら、家中を写真にとって、家の影響がないパワーあふれる快適な空間で、改めて家をじっくりとみてみてください。

遠慮なく物を言ってくれる友人がいるなら、その友人と一緒に写真を見てもらうのも良い方法です。

自分では麻痺してしまってわからない何かを指摘してくれるかもしれませんので。

 

リビングに黒い大きなソファーはありませんか?

リビングに大きな黒いソファーはありませんか?

大きな重苦しい黒いソファーは、休止、停滞、停止の運気を持っているので、家族団らんのスペースにあると、家族みんなの活力が失われ、行動力が損なわれます。

なんとなくだらだらしたり、引きこもりがちになったりします。

 

もしもあるようでしたら、布製の色味のきれいなカバーをかけたり、黒の影響を消してしまうような楽しくてビビッドな色のクッションを置いてみてください。なんとなく活力が湧いてきますよ。

80_13843305

ガラス製品の多用

別の離婚ほやほや(笑)の家にお邪魔したときには、そのガラス製品の多さに驚きました。

ガラスって水のエネルギー。あまり多いと陰の気が強くなります。モノトーンと同じ感じになるんですよ。

 

そこの奥様はとてもガラス製品を愛していらっしゃって、ぴかぴかに磨き上げていらっしゃいました。

小さな坊やがいたのですが、ちょっとでも大きなガラス製のテーブルに指紋がつくとがみがみときつく叱っていました(涙)。家中が重苦しい感じに覆われていました。

 

大きなガラス製のテーブルも、陰の気が強すぎます。

小さな坊やとは相性が悪いですし、これでは夫婦仲も冷えてしまいます。

 

家庭運には、木製の家具がいいのですよ。

木は成長のエネルギーが強いので、お子様との相性は抜群。

ぜひ木製のおもちゃを使ってみてください。お子様がのびのびと育ちます。

 

家の中に観葉植物や花を飾るのも良い運気を呼び込みます。

supatifiramu

メタリックな家具の統一も冷え切る

同じく、冷え切った家庭にありがちなメタリックな家具。

スタイリッシュですが、やはり陰の気で、家庭運が冷え冷えになりがちです。

独身の方だと、もちろん恋愛運がひえっひえになります。

 

家庭運や恋愛運にいいのは、自然の素材のもの。

木製や、土の気を持つ陶器やテラコッタ、木綿の布などを、上手にバランスよく配置しましょう。

 

日光が差さない家も風水的に離婚運を持っている

お日様の光は家の七難を隠すと風水では申します。

北向きだったり、開口部が異様に小さかったっり、周りを高い建物に囲まれていて日が差さないと、恋愛運、家庭運はだだ下がりです。もちろん、仕事運や健康運など全般的によくないですよ。

明るい家に住みましょう。


暗くて水や金の気にあふれる家は、結構金運はあったりする

暗くて、水や水を生み出す金のエネルギーにあふれる家は、恋愛・家族運はよくありませんが、実は結構金運はある家だったりします。

水のエネルギーも水を生む金のエネルギーも金運とかかわりがありますし、お金は暗くて涼しいところが大好きなんですよ。

 

太陽がさんさんと降り注ぐうちは、子供がどたどた走り回って笑い声は絶えないけれど、さっぱりお金とはご縁のないうちだったりします。

お金は沢山あっても孤独、なんていう人生はバーバラはまっぴらです。

でもあんまりお金がないのも…。

ほどほどがいいですね。

 

家の理想は、陰と陽が整っているおうち

東から南側にかけては解放的に明るくて、西から北にかけてはちゃんと金運が休める暗いところもある。

こんなうちが理想です。

 

あなたのおうちは、陰と陽、どちらが強めのおうちでしょうか。

いかがでしたか。本日は、離婚の原因となりうる風水的に冷え切った家、というお話でした。

 

過去記事です。

アロマ風水。恋愛上手は香りの使い方が上手

風水の陰陽バランスを整えて開運する

別れ話に最適な場所は?昼と夜どちらにすべき?

スポンサードリンク




人気ブログランキングへ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ