風水的に良い土地の地縁を高めて開運する方法

本日のお話は、風水的に良い土地地縁を高めて開運する方法というお話です。

スポンサードリンク



本日は、風水的に良い土地の地縁を高めて開運する方法について考えてみます。

とんでもない土地を購入した、作家の佐藤愛子先生

作家の佐藤愛子先生は、自らの霊体験を、「こんな風に死にたい」(新潮文庫)という本に記していらっしゃいます。

それまで、別荘を買うなんて、全く思いもよらなかったのに、北海道のある土地を案内されたと同時に、預金の確認もせずになぜか即買いをしたくなり、別荘を購入してしまいます。

海をはるかに眺める山の中腹にあるその素敵な別荘ができてから、なぞの現象がひんぱんに彼女に起こるようになったのです。

「お化けなんてそんなものいるはずがないっ!」と言い切る、ばきばきの現実主義者だった先生が、数々の恐怖現象を通して、死後の世界や先祖のことを知るきっかけになった良書です。

スポンサードリンク



地縁のある土地があなたにもたらす運勢

この中で、あまりの霊現象の頻発に、佐藤先生は三輪明弘さんに相談をされます。

 

「どうせ損続きの人生ですから。こんな家を人様に売って迷惑をかけるより、いっそ立ち腐れにしてしまおうかと思うんです」

最初、先生はそんな風に相談をしたのですが、三輪さんは、

「放置して立ち腐れにしても、所有者があなたになっている限りは、あなたがかぶりますよ」

というアドバイスをしています。

 

実は、この土地は、佐藤愛子先生の前世の深い因縁のあった土地であることが徐々に後半でわかってくるのです。

 

どうやら、運気は、自分にとってつながりのある土地と連動していると聞いたら、あなたは驚きますか?

 

「この世のものは、無関係に存在しているのではない」

そんな風に中国の老子は語ります。

何か、目には見えない因縁の糸のようなご縁で、所有する土地がやってくる、という考え方が存在するのですよ。

 

私自身、いくつかの物件を所有しているのですが、そのすべてが、実は父の仕事と非常に縁が深い所に建っています。

最初、それを意識していたわけではないのですが、そういえば、この家の裏手の大きな公園、これって、父の職場と関係深い〇〇の跡地なんだよね、ということが続き、最近、もしかしたら、地縁というものは存在するのかな、と、考えております。

 

所有する土地の運気が、住んでいないとしても、私たちの運気を左右するとしたら…。

ちょっと考えてしまいますね。

 

 

先日、投資仲間の知り合いが、1万円で心理的瑕疵物件を購入したそうです。

とにかく、賃貸人が亡くなるのだそうです。

 

入るたびに、がんがんお亡くなりになる。

お祓いをしても、お札を貼っても、何をしても、とにかく人が死ぬ家。

 

23区内なのに、価格1万円だそうです。

 

その家、自分なら買う?

え~、気持ち悪い。

でも、1万円だよっ!

と、おおいに盛り上がったのですが、あなたならどうします?

 

投資家目線なら、もちろん稲光で買う物件ですが、この運気の連動を考えると、ちょっと考えてしまいます。 なんか資金繰りとかむっちゃ悪くなったりしそうですし、家族の健康運も心配です。

 

先日1軒、内見したうちは、5LDKのスーパーナイスなうちで、値段もあり得ないくらいやすく、間取り的にはとても気に入ったのですが、なぜか、モーレツなかび臭いにおいがするのですよ。

いわゆる、「霊臭」というやつでしょうか?

「見える」人を連れていったら、いったい何が見えたのでしょうか?

 

井戸の上に建っているうちだったのですが、買ったら、う~ん、このブログは閉鎖になりそうな感じですね。

まさに、「ダメ! 絶対井戸の上の家!!」

といったポスターを張っておきたくなるよなおうちですた。

 

風水的に良い土地の地縁を高めて開運する方法

ちょっと怖い例ばかり最初にあげてしまいましたが、この逆もまたしかりなんですよ。

もしも、あなたが、住んでいないとしても、とてもパワーがある土地を所有していたら、そこから良い風水的パワーがいただけるそうです。

よいパワーがある土地には、

  • 樹木がよく育ち、そこからの実りが多い
  • なんとなく明るい感じがしており、土がふっくらしている

などの特徴がございます。

そういう土地や家屋をお持ちの場合、ぜひ大切にして、メンテナンスなどをなさってみてください。

よい運気が得られることでしょう。

 

また、そういった土地の地縁を深めるアクションをしてみてください。

 

たとえば、

  • そのエリアの氏神様にお参りして、無事に過ごせていることのお礼をのべる
  • その土地のお祭りに積極的に参加してみる(おみこしを担いだり、サポート役になる
  • 地縁のあるところに寄付してみる

きっと地縁が深まり、よいことにつながりますよ♪

 

いかがでしたか。

本日のお話は、風水的に良い土地の地縁を高めて開運する方法というお話でした。

 

関連記事です:

あなたの家に貴人が舞い込む風水の青龍位置

風水的に良い形の墓石

あなたの家の建つ土地の風水的吉凶判断

あなたの家は風水的に街並みにマッチしているか

風水での運のよい土地の使い方とは

風水でみる、あなたの家の吉相度、凶相度チェック

お墓で開運する風水

風水で開運。良い気の流れる土地を選ぶ

スポンサードリンク



 


人気ブログランキングへ

インド人による本物のインド占星術、家の気とあなたの運勢からみる本物の風水はこちら!
⇒ 開運宝箱 https://kaiuntakara.thebase.in/

6 Responses to “風水的に良い土地の地縁を高めて開運する方法”

  1. てぃ より:

    1万円の家→買いません。
    なんぼ安くても健康と命はお金じゃ買えませんから。

    井戸の上の家→買いません!
    つーかなんで井戸の上に建てるんだ!色々ヤバいだろ!とまずそこからです。

    実家の東南、庭のすみなんですがミステリーゾーンと呼ばれておりまして。昔、母と神戸で見慣れない果物を1つ買って帰り、種の多さと美味しくなさであまり食べずに庭にそっと埋めたら、翌年その場所にニョキニョキと生えてきた木にその果物が成りまして。
    その後も、柚子の種をなかば捨てるようにその場所に置いたら数年後に柚子が成り。
    実家は冬はスタッドレスじゃないと帰れない寒い場所なのに、その庭のすみは果物に好かれているようです。ってミステリーゾーンはもしかして吉兆な場所なのかしらと記事を読んで思いました。
    ちなみに神戸で買った見慣れない果物は「キワノ」と言います。ググっていただくとお分かりの通り、なかなか南国な雰囲気のヤツなので、まさか生えてくるとは思わず…。

    • kaiun より:

      てぃ様

      しっぽ、ぱたぱたぱた。

      ご実家のお庭に、秘密のパワーゾーンがあるのですね。
      キワノ知らなくて、ググりました。 これ、普通日本の本州には生えんやつでしょう!!

      まるで、スコットランドのフィンドホーンのような奇跡の地なのかもしれませんね。
      バーバラも埋めてもらったら、若返るんじゃないかしら?

      1万円の家、だめですかね?

      こういう記事書いているくせに、私、実はあまりすべてを占いに頼るタイプではないので、買っちゃいそうです。

      先日占いに来てくださった常連さんも、

      「バーバラさんって、ちょくちょく考えもせずに凶方位へいきますよね」

      と、あきれていました。

      うう。 

      井戸の上もやはりあきませんかね?

      あかんか~。 

      1万円のいえをかったかたのその後を追跡したいものです。

      バーバラ

  2. てぃ より:

    1万円投資の方のその後、自然に知る以外はこちらからはアクセスしないほうがよいのではと…。

    ミステリーゾーンは1M四方ですので、バーバラさまを埋めるなら縦埋めになりますが、よろしい?(笑)

    庭のキワノの実ですが、「おいしくはないけど珍しいからどうぞ」と当時通ってた高校の男性担任にあげたら、「名前忘れそうやから」と、キワノに直接ボールペンで「キ ワ ノ」と書いてたことを今も思い出します。なぜメモ帳でなくキワノ自身に書く…。

    • kaiun より:

      てぃ様

      たて埋めで結構です(笑)

      1万円投資、こっそり電柱の影から見ていたい感じもします。
      本日は、プロの占い師の方々の研究会だったのですが、自殺の部屋の案件がでていました。
      結構良い物件で、思い切り指値したいなと思ってしまいましたが、やはり、風水的に、リフォームしても難しい物件なのですた。

      キワノ、う~ん、画像が浮かぶ。 
      あまりおいしくないんですか?

      キワノ、響きは好きです。

      バーバラ

  3. てぃ より:

    書き忘れました。
    フィンドホーン知らなくて、ググってTOCANAの記事を読みました。不思議な土地なんですね。そこへ住みだした経緯も…。

    バーバラさまが方違えをせずに突き進むのは、バーバラさまをドメスティックに溺愛するラフーとケートゥの仕業かもしれませんよ?「こっちに進ませて海外との縁をぶったぎってやるう~」って。

    そういえばミステリーゾーンのすぐ横のお隣の敷地には、実が鈴なりになるさくらんぼの樹があるのですが、じつはこれ元々はうちの庭のさくらんぼなんです。うちのは父が素人な剪定をしたせいで根元しか残っておらず、もう花実はほとんどつけないのですが、昔元気だった頃につけた実を食べた鳥の落とし物が、お隣で芽吹いたようで。

    うちもお隣も基本放置なので特に肥料とか与えていないのですが、初夏になると、ほんとマンガみたいに赤い実がいっぱい…食べたらほとんど種なんですけど。(でも甘いんです~)←うちにも枝が伸びているのでお隣さんに「構わず食べて~」と言っていただいてます。

    人間の感覚では別の土地ですが、ミステリーゾーン的にはつながっているのでしょうね~。

    • kaiun より:

      てぃ様

      そうなのですね。 幸運のミステリーゾーンは、人の境界線を越えて、続いているのかもしれません。

      庭の木のみを食べるのって、何か気分的に上がりますよね! 縁のある土地のパワーを直接いただいているせいでしょうか?

      前、住んでいた借家に、大きなゆずの木あって、毎年たわわに実をならしていたんですよ。

      好きに使ってとのことでしたが、毎日ゆず湯にして、しこたまはちみつにつけたり、おなべのポン酢とかに使っても使いきれない量で。
      あれはよかったなぁ~。

      今の家、大きな月桂樹が生えているのですが、特に何もしていないんですよ。

      甘い、良い香りがしているのですが。 干して入浴剤にでもするべきかしら? 

      毎年、黄色くかわいい花が、満開になります。

      バーバラ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ