風水上、今年は中心が水場の間取りは体調に注意なんです

先日、方位取りの話でエネルギーは、年月日でぐるぐると方角を移動しているという話をしましたね。

年月日ごとに違ったエネルギーがまわっている

家の中をめぐるエネルギーも、実は年月日でぐるぐると方角を移動しています。風水の派の中には、家の形状やインテリアだけでなく、このぐるぐると方角を変える毎年の地球のエネルギーと家や自分との影響をみなければいけないと主張する派もあります。もっともな主張だと思います。本場中国の方ではこちらの派は主流なようです。

スポンサードリンク



今年の家の中心には二黒土星がまわってくる

今年は、家の中心に二黒土星がまわる年。この星のエネルギーが回る方角は体調の変化や病気に注意なんです。

二黒土星の象徴する意味は、母や妻、おばあさんなど。家族の中で、お母さん、おばあさんの体調には特に家族全員で注意していたわってあげてくださいね。

このような間取りの場合、生理的に影響がでやすい所は、腹部、特に脾臓です。便秘や肩こりが強くなることもあります。

家の中心が水場の間取りの場合、体調には特に注意

家の中心が、トイレやお風呂場、キッチンなど水場になっている場合、もともと体調の変化に注意しなければならない間取りです。二黒土星のエネルギーがまわっている今年は、いつもよりももっと水場を清潔に保つ必要があります。掃除して清潔を保ってくださいね。

健康運を引き寄せて体調を守る風水の代表的なアイテムに、ひょうたんがあります。金色のひょうたんを家の中心にかけてみてください。あの流線型が気の殺気を抑えるのに効くんですよ。特に立派なものでなくても構いません。じいちゃんの手作りのようなやつでも立派に作用します。

爽やかな風の循環を

また、中心の水場の場合大抵窓がありませんから、特に爽やかな風が循環するように意識してくださいね。換気扇を回したり、小型空気清浄器をおいてみてください。今は場所をとらなくて性能の良いよい空気清浄器があるみたいですよ。盛り塩をするのも良い方法ですが、置く場合はまめに取り換えてください。

よい香りを漂わせるのも厄を取る良い方法です。厄や悪霊のたぐいは、良い香りが大嫌いですので。車の芳香剤のような人工的な強い香りは逆効果です。なるべく天然のものをおきましょう。大好きなハーブの香油を漂わせてみてください。

ハーブの香りを漂わせると、その香りが廊下や別の部屋までかすかに流れてきて驚かれることがあるかもしれません。そうなんです、トイレのドアを伝って、気って流れでてくるものなんですよ。ハーブの香りならようですが、知らず知らずのうちに、水場から流れてきた汚水の気が部屋に充満していたら……。怖いですねぇ。

現代のトイレは昔に比べて格段に性能がアップしているので、昔ほどは中心にあっても凶意は少なくはなってきているのですが、このハーブの香りの流れをみていますと、やはり今でも対策はしっかりしなくては、と、思います。

中心の水場の場合、排管はどっちに伸びている?

家の中心に水場がある間取りの場合、やっかいなのが排管です。厄がいっぱいつまった汚水を流す排管。家のはしっこに水場がある場合は、大抵そのまま外側に排管はつながっていくのでいいのですが、中心の水場の場合、排管が家の内部を通っていく間取りになっている場合があります。

排管が寝室など多くの時間を過ごす部屋を通る場合、健康に影響がでてきてしまいます。なんとなく病気がちだな、という場合、排管の上に寝ていないか、図面を調べてみてくださいね。

もしも寝ていたら、排管の通っていない部屋に移ることは可能か、検討してみてください。無理そうでしたら、室内に備長炭の束を多めに置いてください。籐の籠に入れて上から布をかけるなど、むき出しの状態でなくても大丈夫です。万年青(おもと)など、浄化作用のある植物をおきましょう。「観葉植物が枯れる意味」も合わせてお読みいただけると嬉しいです。

健康運をアップするひょうたんをおいてみるもの良い方法ですよ。あと、シーツ類はこまめに洗濯してくださいね。太陽の光で布団をよく干しましょう。

スポンサードリンク



お気に入りの物でインテリアを統一

物には独自のエネルギーがあります。見るたびに「買ってよかたぁ。お気に入りなんだよねこれ」と思えるお気に入りのものは、テンションが上がり、あなたの波動を高めてくれます。逆に、「これ、友達のお土産でもらって義理でおいてるけど、センス最悪やな」と見るたびにテンションが下がるものはあなたの波動を下げます。

運気を上げるためには、いつもわくわく幸せな気分でいることが大切です。今年の家の中心は、特に自分の好きなものでかためてテンションを上げておきましょう。自分を守ってくれますよ。

友達がくれたちょっとあれなお土産物は、そっとバザーに出したり、ヤフオクで売ってみたりしてくださいね。

daruma01

ちょっとな~という置き物はバザーなどへ

中心がリビングの間取りの場合

家が中心の間取りの場合、大吉とよく言われます。家族の絆が強まりますし繁栄と調和を呼び込む間取りです。一人暮らしの場合でも運とタイミングが掴みやすくなります。

ただ、古い団地の間取りのように、リビングダイニングに窓がない場合はちょっと注意が必要です。お日様の光、これって何よりの厄落としで、不運を防ぐ源なんです。ですので、1年中照明をつけていないとまっくらになってしまうようでしたら、リビングとしてもそんなに大吉というわけにはいきません。

この場合、まずは、明るい照明を使いましょう。部屋の東側に朝日の昇る写真や絵を飾りましょう。壁紙は白がお勧めです。白い壁は強い陽気をもちます。陰をはらい不運を払いますので。金運にも良い色ですしね。壁紙は大きな面積をとりますので、風水効果も大きいです。中心のリビング・ダイニングは、極力明るい色合いでいきましょう。

家族や恋人との幸せな写真も、リビングに置くとよいものです。写真は壁にそのまま貼るのではなく、お気に入りの額に入れて飾ってみてください。

lgi01a201404090200

太陽光は七難隠す

スポンサードリンク




人気ブログランキングへ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ