ちびる位あたるインド人のインド占星術師に会ってきた

インド占星術に昔から興味がありました。

インド人の旦那様をお持ちのマンガ家の流水りんこさんが本場インドでインド占星術をしてもらったら、ものすごくあたって驚いたという話を聞いてから、ずっと頭の隅にありました。

スポンサードリンク



一度、本場のインド人の凄腕インド占星術師に占ってみたいと思ってましたが、インドまで行くのは至難の業。

所詮庶民には高嶺の花よね、と、思っていたら、偶然会えたんですよっ!

凄腕のインド人インド占星術師にっ!

も~~、ちびる位あたったわよっ!!

スポンサードリンク



インド占星術とは?

インド占星術とは、占星術の一種です。

太陽のフレアが磁気嵐を起こしたり、月が地球の潮の満ち引きに影響を与えるのはよく知られたこと。

太陽や惑星や月が、地球や人に影響を与える影響から人生を占うのが占星術です。

 

日本では西洋占星術はとてもポピュラーで占い師も多いのですが、星の運行に加えて、28宿の考え方などが加わり、架空天体であるラーフとケートゥの作用を使うインド占星術は複雑怪奇で、これを完全にマスターしている先生は日本では少ないのが現状です。

一人、日本で活動されているインド人の占星術師を見つけました。

 

特に広告をだしていたりしていず、口コミで、在日インド人、パキスタン人などを中心に占っている先生です。

基本的に日本人はみていません。

なぜなら、英語があまり得意でないうえに、すんごくなまっているから。

よほど海外の訛り英語に強く、しつこく聞き返す肝が据わっていないと、日本人とのコミュニケーションが難しいのです。

大変惜しいことです!

 

日本にそんなすごい占い師いるわけ…、いたっ

正直言って、最初、なめてました。

え~、なんだかよくわかんないけど、いっちょ様子みてやるか、って感じです。

人生で一番あたった霊能者と、一番外れた占い師の中でも書いたのですが、時折無性に霊能者さんとか、あたると評判の占い師さんに会いにいきたくなるのですよ。

 

今回の先生は外国人ネットワークの口コミで、正直半疑でした。

そんなすごい人が日本にいるわけないもん、って思ってました。

ところが、これがすごかった。

耳毛も占いもすごいぜっ!

お会いした第一印象。生真面目な感じの方です。

ただ、耳毛がすごくて、人類というものは、こんな勢いで耳毛が生えるのですか?という感じのグレートな耳毛にどうしても目が釘付けになってしまいます。

 

半径1mmはある太い真っ黒い毛が、耳穴びっしりに3cm位外側に突き抜けているところを想像してくださいっ!ついでに耳たぶにもびっしり。

(こんなに耳毛が詰まってて耳は聞こえるのだろうか)

と、思っていると、訛りの大変強いインド特有英語が始まりました。

 

しょっぱなからすごい!

引き込まれた私は、すぐに耳毛が5mある人がそれで縄跳びをしていようとも目がいかなくなるくらい集中しました。

 

見たこともないホロスコープから繰り出される鑑定結果

座るとすぐに、私のホロスコープをPCで見せてもらえました。

インド人は、生まれるとすぐにインド占星術師に見せ、以後毎年のように占いをするので、この種のソフトが大変発達しているのだそうです。

 

ホロスコープをみてギョギョ!

普通西洋占星術のホロスコープって丸いじゃないですか。

ところが、それって、平行四辺形の組み合わせでできてるんですよっ。

 

ホロスコープを見ているうちに、太陽、月、金星、などの言葉が読み取れて、それらはやはり12室に配置されていて、その配置は西洋占星術上の私が生まれた位置にあるのが見て取れました。

形は12個の平行四辺形ですが、ここまではすぐに目が慣れました。

生年月日による星の配置が運勢傾向を決定するだけでなく、日々の星の動きからそのホロスコープが影響を受ける解釈も、西洋占星術と全く一緒。

 

ところが、そのホロスコープ上に、架空の星も並んでいるのです。

この架空の星たちが非常に重要な意味を持っていて、私たちの運命を支配しているんだそうです。

 

その名もラーフとケートゥ。またの名をドラゴンヘッドとドラゴンテイル。

この辺は、風水や中国の占いとも関係してくる感じです。

 

他に、中国の28宿占星術に近い、27宿を用いるナクシャトラ、やはり中国の占いの房や朔(満月や新月ですね)を表すテイテイ(なんかかわいい名前ですね。手越君みたい)の考え方が複雑に絡みます。

う~ん、さすが、九九が19の段まであるインドだぜっ!恐るべしっ!

 

流れるように語りだしたバーバラの生い立ち、両親との関係、性格など、いくつのときにどんな出来事があったのか、実に正確にあてられていました。

それは、四柱推命にも表れていることなんですが、全く違う占いでも出ていることの不思議…。

びっくりしどうしでした。

 

いろいろなことを言われたのですが、特に心に残ったのが、次のこと。

 

ケートゥの引き留めで、決して外国には住めない定め

「あなたは大変な旅行好きです。外国とも大変かかわりのある人で、海外に住んでみたいと思うことが多々ありますが、それは絶対に叶いません。なぜならケートゥに愛されたあなたは、絶対に生誕の地を遠く離れることができないのです。ケートゥがそれを引き留めます」

というところ。

 

その通り、バーバラは相当な旅行好きで、常に内外問わず各地をふらふらとしています。

9歳のときの父の仕事の関係でのアメリカ移住計画に始まり、外国の仕事、外国人からのプロポーズなど、何回も外国に住んでしかるべきなのに、必ず何かの原因で、外国暮らしは無しになるのです。

生まれた瞬間から周りには常に外国人がいて、すごく外国に縁があるのに、なぜか長期間外国に住めないんだなぁ。

 

今回指摘されて、初めてそのことに気が付きました。えー、ケイトゥさんに引き留められていたの?

 

歌の才能を与えられている

「あなたはいつも歌っている人ですね。家事をしながら、歩きながら。何度か歌の仕事につくチャンスが与えられるでしょう。歌の代用として、他の楽器もいいですが、一番は歌の道に進むことです。歌の星の後押しがありますので、その気になって努力すれば声楽家などになれる人ですよ。」

ええ? 歌は全くうまくないのですが、確かに高校のときに「本格的に声楽をやりなさい。その体格とその声!」といわれ、長年やっているピアノを習っている教室の主催者は芸大卒業のオペラ歌手で、ピアノというよりは、歌の学校です。

 

何度も声楽の勧誘、市民オペラの勧誘を受けています。やはり理由は体格と声。

要はガタイがいいってことな気もしますが、まあ、歌とご縁があったとは。

人生で何度か声楽をやるチャンスを与えられていますが、ことごとくそれを踏みつぶしているのは、どの星の悪影響なんですか、先生(笑)。

 

好奇心、探求心に駆られて出すお金はかえってくるお金になる

次に心に刺さったのが、この言葉。

バーバラはとても好奇心が強く、東に霊能者がいれば飛んでいき面接し、西にあたる占い師があれば鑑定してもらうというような、人間です。

「知りたい!」

という気持ちがとても強く、今まで随分と無駄使いをしてきた自覚があります。

 

「実にどんぶり勘定で、自分の興味のおもむくままにお金を使いますね(くすっ)。ある意味浪費家です。」

「はい、その通りなんです(しゅん)」

「でもね、それをやめてはいけません。飽くなき探求心は、あなたに金運をもたらしますからね。逆に、一つのところで延々と同じことをやっていてはあなたの魂が枯れてしまいます。心のおもむくままに、探求していってください」

 

確かに、そこで得た様々な知識で記事やコラムを書いてそのお金は戻ってきています。

ちょっと無駄使いに言い訳ができた感じです。(´・ω・`) って無駄使いはいけませんね。

でも、知りたいの。いろいろな世の中の神秘を。

 

ここ1週間の間に深夜にメールや電話をした人はあなたの良いビジネスパートナーになるだろう

最後にビジネスの行方について尋ねました。

バーバラの場合、女性客をターゲットに、香水やアクセサリーを売るのが最も良い、とのことでした。

先生!占いはだめでしょうか?

 

「ここ1週間の間に深夜にメールや電話でビジネスの話をした人がいれば、放してはいけない。ビジネスにすごく良い人だ。大切にしなさい。」

と、言われました。

 

普段、深夜のメールや電話など皆無なのですが、ここ1週間は…、しているんですよ。

深夜メールでビジネスの話…。

 

あてずっぽ?でも…。

とても神秘的な占い結果でした。

あなたに合った石や数字を教えてくれる

この先生は、数秘術のプロでもあるので、自分に良い数字や月なども教えてくれました。

的中率は四柱推命と同じ位あたっていると感じた、インド占星術。

インド占星術がとても良いなと思った点が、その人の開運に合った石を教えてくれるところ。

 

悪い作用をしている星に対しては制御する作用のある石。

良い作用をしている星に対しては、その作用を強めるエネルギーを持つ石を割り出してくれるみたいです。

 

ちなみにバーバラの場合、お勧めの石はムーンストーン、真珠、赤サンゴ、アクアマリン、水入り水晶、水入りメノウ。海、水のエネルギーを持つ石です。

「あなたの火星の位置は、あなたに飽くなきエネルギーを与えてくれる一方で、ときにカッと怒って物事を台無しにしてしまうことがある。これらの石は、火星を抑制、制御する。ときにパワフルすぎて収集がつかないあなたを御者のように制御して冷静な判断力を持たせるのだとか」

とのことですた。

 

この水、というのは、実は四柱推命における私の用神(エネルギーサポートをしてくれる星)でもあります。

あら、偶然かしら?

 

実は、四柱推命で、自分の接木運からの次の展開に頭を悩ましていたのですが、この石のサゼスチョンはその答えとなるものでした。なるほどねぇ。(一人納得)

 

ちなみに、絶対避けてほしい石が、赤い石。

火星の力が増して、暴走してしまい、思わぬ離別や争いを生む、とのこと。

え~、ガーネットやルビー大好きなんですが。

 

そういうと、だめ、特にルビーは絶対にだめ!とのこと。

サファイアやエメラルドも、ずっと身に着けていると健康を害したり、けがをしたり、運勢全般を落とすとのこと。

各星の動き、どの星がどの宮に入るかで、事細かに何がわかるか、願いがいつ叶うのかがわかるとのことでした。

インドでは、自分の守護ストーンを必ず持つ

インドでは、赤ちゃんが生まれると、インド占星術師が呼ばれてきて、その子の運命式を出すのだそうです。

「だってその方が無駄が少なくていいでしょう。歌が好きな子に無理やり物理を教えても全く伸びないし、商才がある子にひたすら学問の道に進ませるのも感心しません。」

「インド占星術は、大変よくあたりますので、皆、新しく生まれた赤ちゃんの教育方針の参考にするのですよ。」

先生はおっしゃいます。

 

えー、なんかこの辺、生まれたときから決めつけられるのってどうよ?って気もしますけどね。

「では、先生は小さい頃からインド占星術に従って生きてきたのですか?」

と聞くと、全くそうではなかったとの意外な答え。

 

親や親族は、インド占星術を勧めるのですが、

「そんな古臭いものに従っているからだめなんだよ。これからは科学の時代だよ」

と、全く信用していなかったんだそうです。

 

社会人になってからのあるとき、とてつもない不運に連続で襲われて、たまたまインド占星術師にきいてみたら、今までの人生のことを当てられ、アドバイス通りにして危機を乗り越えたんだそうです。

それ以来、インド占星術に興味がわき、勉強するようになったとのこと。

 

この先生、せっかく日本にいらっしゃるのだから、日本人の方も鑑定してくださらないかお願いをしてみました。

例えば、生年月日を渡して、英語の鑑定結果をバーバラが翻訳するのは?と、きいてみたのですが、すでに外国人のクライアントで手一杯だし、英語を書くのは、話すのより苦手、とのこと。

 

「君が隣で通訳してくれればいいじゃないか」

と、おっしゃりますが、それは、こちらの時間が制約されてしまうし。

と言った感じで、今だ方法はわからないのですが、今、モーレツに日本人の方にもこの先生の鑑定を受けてもらえないかなー、って思っています。

 

とてもあたるし、具体的な開運宝石の指針を受けるだけでも、とても有意義だと思うんですよね。

う~ん、何とか形にしたいです。

 

以上、ちびる位あたるインド人のインド占星術師に会ってきた、というお話でした。

スポンサードリンク




人気ブログランキングへ

インド人による本物のインド占星術、家の気とあなたの運勢からみる本物の風水はこちら!
⇒ 開運宝箱 https://kaiuntakara.thebase.in/

20 Responses to “ちびる位あたるインド人のインド占星術師に会ってきた”

  1. 鳴神 より:

    こんにちは。今日のブログもすごく感心をもちまちました。バーバラさんからみて私は大好きな人がいます。うまくいくでしょうか?私の生年月日は19801216です。わかる範囲で教えて下さい。彼は1980911です。よろしくお願いします

    • kaiun より:

      鳴神様

      あなたの本質は癸。陰の水。雨水や飲み水など、優しい水のエネルギー。彼は丁。火の弟。たき火や台所の火など、コントロールされた優しい火のエネルギー。

      お互いがほんわかとしたムードを持っていて、最初は好きなものが似ていたり、雰囲気が似ていたりするので好意をいだきがちですが、実は全く違う個性をお持ちです。

      天干、蔵干ともに、あなたが彼を傷つける関係性をお持ちです。長くいると、彼は、あなたに対して委縮してしまうというか、いまいち個性を発揮しにくくなる組み合わせです。

      あなたの命式を見ると、結婚するにはかなり強烈な星が並んでいます。表面はマイルドでも、あなたの芯は相当に強いです。

      この組み合わせでは、知らないうちに相手を追い詰めたり、傷つけたりすることがあります。

      どうしても一緒になりたい場合には、相当マイルドに徹し、相手の都合を考え、相手に譲る気持ちを持ってください。これはあなたの恋愛・結婚運全体にいえること。観察眼が鋭いし、頭も良い方ですが、きつい一言は封印ですよ。ときにはバカに徹しましょう。

      二人の間を取り持つには、食神のエネルギーが欲しいです。おいしい食事とか、楽しいことが2人をつなぐでしょう。
      食神の主星を持つ人を間に入れて取り持ってもらうのもいい方法です。

      開運の鍵は、火のエネルギーを取り入れること。あなたは水のエネルギーなのに冬生まれで、結氷している感じです。火のエネルギーを潜在的に欲していますので、火のエネルギーの彼にひかれるのかもしれませんね。

      運動したり、人前で活発に発言、発表したり、辛いものを食べたり、赤い物をアクセントにもってみたりしてみてください。体を温めてくださいね。

      バーバラ

  2. 鳴神 より:

    わかりました。本当にありがとうございます。このことをきもにめいじます。両想いになれるようなパワーを下さい。

  3. kiyo より:

    こんばんは!
    今回の記事も興味津々で読みました。
    占い大好き(元)少女としては、うぉー!!いいな♪
    私もみて貰いたいって・・興奮しちゃいました(笑)
    その先生、インドのお言葉でいいので占って貰えませんかね?文章であれば後で必死で翻訳してどうにか意味を理解するように努めます!
    ・・と、それはさておき、春の気配ですね。
    そろそろ色々動きだしたいです。
    ようやくそういう心境なのです。
    これまでネットだったり、個の楽しみに時間を費やすことで心身を休めていた感じ。
    でももうエネルギーも満タンで、走りだしたいのに行く先がわからないみたいな・・。
    いつまでもパワフルに、元気で自由に冒険してみたいです。
    バーバラさんはホントに私の理想です♪

    • kaiun より:

      kiyo様

      ね、いいでしょ♪ 

      インドのお言葉をいただいて、それを1年位かけて必死で解読(笑)。 楽しそう。

      やーん、いろいろ動き出すのですか!? (☆▽☆)

      はい、パワフルに元気に冒険を楽しんでください。

      面白い体験がありましたら、ぜひ、ここでシェアしてくださいね。

      B

  4. Yuzu より:

    バーバラ様

    流水りんこさんの本、私も大好きで読んでます。
    特に占い師の話は私も興味深々です。
    りんこさん曰く、本場インドの二人の占い師に占ってもらいほぼ同じことを言われた、とかありましたよね。
    だから、インドの占侮りがたし、恐るべし、私も見てもらいたいけどインドじゃ無理よねと考えてました。それを本当に占ってもらっちゃうなんて、バーバラさん流石です!バーバラさんの鑑定も、ちびるくらいに当たっていましたが自分自身の占いはできないのが占いの世界ですよね。
    こういう占い師は実際にお会いして、顔を見ながらでないといけないのかなと考えてましたが、もし生年月日で鑑定できるならお願いしたいです!(^^)!
    そのバーバラさんの夢、ぜひ、私たちにもお分けください! 

    • kaiun より:

      yuzu様

      はい! 頑張ります。

      鑑定結果を英語で口述して、それを録音とって、バーバラが日本語に翻訳するのがいいのじゃないか、というご意見をいただいております。

      ぬ~、なまりが強いだけに、それも難しいし。一番いいのは、生の先生の横にバーバラが立って翻訳、ですよね、きっと。やはり皆さんも「生のインド人の占星術師」てところにも興味がわくのではないでしょうか。

      考えてみますね。何とか形にして、この感動を皆さんに味わってほしいです。

      B

  5. まみむ より:

    初めまして。いつもは拝読するのみなのですが、どうにか私もインド占星術での鑑定を受けてみたいなぁー!と感じましたので、素人考えではありますが…。

    ベタですが、在日インド人会のようなところに声をかけてみるのはいかがですか?子供の頃から人生の指針に占星術にお世話になっている国民性なら、占星術の専門的な言葉(原因)はざっくりとしか訳せなくても、それによって人生がどう動くか(結果)を訳せる人は、在日インドの方ならいらっしゃるように思います。
    それなら占い師さんのネイティブな言語から直接、日本語へ訳せる方が見つかる可能性もありそうですし。
    占って頂きたい側としては、訳すかたの人件費が鑑定料に乗っても、納得すると思います。
    ちなみに音声からテキストを起こす作業は、日本語を日本語に起こすだけでもかなりハードですから(経験者です)、現実的ではないように思います。数件(1件?)でバーバラさんが体調を崩しかねません…。

    • kaiun より:

      まみむ様

      なるほどー!!!

      確かに、ヒンズー語から直接日本語に訳せる人がいれば一番ですね!!

      うん、私、そんなインドなまりの英語をテープ起こしするのは無理です。

      それはいい考え方だ!

      良い、インプットをありがとうございました。

      B

  6. まみむ より:

    もうひとつ思い付いたので、調子に乗って提案させていただきます。(笑)
    インド人やパキスタン人の方が経営されているカレー店で働く方々は、どうでしょう?
    オーナーは忙しくて無理かもしれませんが、従業員として働いてらっしゃる方ならと。
    私がよく行くカレー店には、片言の日本語だけど若い女性も勤務されていたりするので、そういう感じの人がサリーとか着て占い師さんの横に座って通訳してくださる様を想像したら、「うわー、ぽいわぁ!」とひとり、盛り上がってしまいました。
    女性なら、占星術に興味をお持ちで、積極的に訳してくださるかもしれませんし。ゆくゆくは、ご自身が占星術師を目指すきっかけになったり…?
    そうすれば、日本語を話せるインド人インド占星術師の誕生も夢ではないかも、などと壮大に妄想してしまいました。
    でもその辺は、耳毛師匠(勝手に名付けてすみません)の心持ちひとつですよね。

    • kaiun より:

      まみむさん

      それもありですね! アイデアウーマンだ!

      女性通訳、いいなぁ。

      なんというか、耳毛師匠(採用)、ヴィジュアル的に何なんで。

      これからの商売、ビジュアルも大事よね。(自分のことは棚にあげまくる)

      B

  7. まみむ より:

    耳毛師匠、採用ありがとうございます。(笑)

    英国のお話も楽しみにしております。どうかお気を付けて、無事お帰りくださいね!

    • kaiun より:

      まみむ様

      はい、ありがとうございます。

      沢山の良いインプットをありがとうございました。

      B

  8. しばちゃん より:

    バーバラさん

    こんにちは。
    ブログ、いつも楽しく読ませて頂いてます。
    ちびるくらい…って表現
    おもしろくて笑ってしまいました(* ´艸`)

    すごく、歳が離れているんですけど
    なぜかとっても気になる人がいます。
    よろしければ、見ていただけないでしょうか?
    恋愛は、ずっとしてなかったのに
    でも、結婚はしたいんです。
    適齢期が遅かったのかよ。
    来るはずだーって信じてるんです(*^^*)どうかな。
    よろしくお願いします!

    • kaiun より:

      しばちゃん様

      素敵ですね。

      これは、どちらが男性で、女性なのでしょうか。 

      年上が彼で、あなたが81年生まれの方? それともその逆?

      四柱推命って、男女で占い方が違うんですよ。

      B

      • kaiun より:

        しばちゃん様

        とりあえず、相性占ってみました。

        68年さんの方は、とても誠実な方。81年さんの方は、才に生きるタイプです。

        68年さんが壬、81年さん癸。お互い水のエネルギーさんでなかなか気があう関係です。お互いをサポートしあうエネルギーバランスも多く、惹かれるのもわかります。

        68年さんは、正官と偏官がまざり、官殺混雑という、ちょっと結婚運にいろいろと支障がでてくるタイプの命式です。

        81年さんは、25歳から45歳位の天冲殺の真っ只中。(第一運天冲殺は、2運以降へと移動するので)。45歳位までは波乱万丈の時期です。45歳前後は特に注意が必要。運勢の激震が起きやすい時期。

        一見すると気があう二人ですが、深くつきあいますと、害や冲の関係も多いので、相手の行動にストレスがたまったり、「えっ、こんなこと考えるんだ」と、違いが見えてくるでしょう。

        相手の違いを面白がる位、余裕を持ってお互いを尊重することが必要です。

        B

  9. しばちゃん より:

    先、ッセージを送らせて頂いたのですが
    生年月日を忘れていました。
    1968.6.21
    1981.8.23
    よろしくお願いします。

  10. mica より:

    そこまであたるインド占星術の先生、とても気になります。
    インド英語は自分でコミュニケーション・解釈をいたしますので、
    もうすこし先生の情報をおしえていただけませんでしょうか?

    • kaiun より:

      mika様

      先生の鑑定をもう少ししましたら、ネットショップで解説いたしますので、そちらでご覧くださいませ。

      オープンはサイトで告知いたしますね。

      バーバラ

kaiun にコメントする

サブコンテンツ

このページの先頭へ