さようなら、インダー先生

本日は、さようなら、インダー先生、というお話というか、お知らせです。

鑑定は、2019年8月10日分まででお申込みを終了させていただいております。

沢山のお問い合わせをありがとうございました。

スポンサードリンク



北インド占星術の本場のプロの作った手書きのホロスコープを見ました

先日、北インド占星術の本場のプロの作成した手書きのホロスコープを見る機会に恵まれました。

ソフトを使わずに、1から手作り、手書きのホロスコープです。

 

なんでも、インダー先生の甥っ子が今結婚候補を選んでいる最中で、甥っこ一家が本場北インドの占星術師に頼んだんですって。

 

スポンサードリンク



 

北インド式の先生の鑑定を受けた方にはおなじみの、杏仁豆腐型のホロスコープですが、手書きのものは、その一つ一つが優美な花びらのような曲線を描いており、ホロスコープ全体が蓮の花のような形になっているのですよ。

とても神秘的で、素敵なものでした。

 

インド占星術に関して、先生はまだまだ若輩者だとおっしゃいます。

 

本当のインド占星術には、鑑定で使っているダサー、サブダサーの他に、サブサブダサーやサブサブサブダサーも見るんですって。(どんだけ細かいんじゃ)

 

ついでに、奥義と呼ばれる所は、サンスクリット語の古文で書かれているものが多く、とても難解なのだそうです。

 

「本当の、根底の根底の考え方を学ぶためには、サンスクリット語の古典がマストなのです。私はサンスクリット語はしゃべりますが、その古典となると、これがなかなかハードなのですよ。自分は若輩者です。」

 

とのこと。

 

それに、現在宝石のお守りとしての起動方法もお伝えしていますが、あれはあくまでも簡易的な方法で、本当はマントラを唱えたり、いろいろと難しい作法があるんですって。その辺についても勉強しなければならないことは山積みですとおっしゃいます。

 

いやいやいや。今のままでも日本トップクラスの腕だと思いますけど。

神々の指導者といわれる木星の指導を強く受けるインダー先生って学者肌です。

 

さよなら、インダー先生

そんな折、降ってわいてインダー先生の帰印の話。

最初は1~2カ月の予定だったのが、だんだん伸びて、2019年中の鑑定はなさらない、ということに発展しておりまして。

とりあえず2019年8月10日で、すべての鑑定を終わらせる運びとなりました。

 

2020年以降の鑑定も、ちょっと考えさせてくれ、ということになりまして、現在白紙状態となっております。

 

ちょっと疲れてしまったようです。

 

お申込みが津波のように押し寄せまして、連日鑑定を入れていたのですが、鑑定時間は5~6時間なのですが、深く、ふか~くその人に対して真剣に見るためには、何日もかけてディープにホロスコープをみなければならないため、インダー先生は深夜まで毎日ホロスコープ作成にかけることとなり、精神的にちょっと限界にきてしまったらしいのです。

 

商売っ気のある人なら、人気のでてきた今こそ勝負!となりそうなところですが、なんともはや、欲のない所がインダー先生らしいなぁ、って思います。

 

2020年には帰るのか、行ったっきりなのか?という質問には、必ず帰るとおっしゃっていますが、いったいいつの帰国になるのやら、といった、見通しのつかない感じとなっております。

 

帰国後も、占いとは全く違う仕事にも誘われているようなので、占いを再開するかどうかは微妙な情勢です。

とにかく、精神的に疲れてしまっているのだそうです。

 

何か精神的に負担にならない方法で、遠隔などで短時間の鑑定を続けられないかお願いしているところなのですが、いったいどうなることやら。

短時間だと、あの奇跡のような鑑定を体験していただくわけにはいかないしなぁ。

 

でも、いずれにせよ、今はあまりぐいぐい迫らない方が良いのかなとも思っています。

 

そんなわけで、とりあえずは、ここで一度、さようなら、をしなければならなくなりました。

 

今までにない的中率に、毎回おお!と感動したり、のけぞったり。

 

バーバラはこの鑑定の仕事がとても楽しかったので残念です。

 

てんてい、精神的に癒されて、鑑定戻ってきてね!! 絶対よ!!

 

今までの過去記事でインダー先生をしのぼう!

一回目の出会いからのインダー先生の鑑定の軌跡をもう1度みてみませんか。

 

インダー先生との出会い編: ちびるほどあたるインド人のインド占星術師に会ってきた

 

今だに、「あれは悪夢です。あれをやれと言われたらどうしましょう」と、数々の鑑定依頼者様をびびらせているのがこちらの記事: 凄腕インド占星術師インダー先生と108の練り餌について悩む人

 

これも、多くの鑑定依頼人様が話題にする死体しみしみ記事。てぃやんの「ぶちぬいた話」が個人的つぼに入っているので、コメント欄も読んでね!: 死体がしみしみの土地を探す

 

鑑定依頼者様の根性が素晴らしかった、死体しみしみのまさかの続編!: 死体しみしみの土地を探す(続編)

 

インドの干支は、単に12支ではなく、ゾウ年、すごいゾウ年、とか、トラ年、キシャーなトラ年、ウンピョウ位の小さなトラ年など、さらに細かく分かれていることに気づかされた記事:

インドの干支、ゾウ年と、ものすごいゾウ年、及び結婚偏差値について

家にいても魚が釣れる、キシャーな干支の人

 

インド人の生きる哲学が興味深かったこの記事: 前世は気にするのに、来世はみんなあんまり気にしないのよ

 

いやあ、どの回も目を丸くするものばかりでした。

 

検索窓でインド占星術とか、バーバラの部屋と入れていただくと、過去記事が読めますので、インド占星術の不思議にぜひ触れてみてくださいね。

 

では、インド占星術の再開を夢見て。

しばし、インダー先生、さようなら。

インド占星術の鑑定は、2019年8月10日分まででお申込みをすでに終了させていただいております。

 

(バーバラの開運風水は続きますので、これからもよろしくです)

 


人気ブログランキングへ

インド人による本物のインド占星術、家の気とあなたの運勢からみる本物の風水はこちら!
⇒ 開運宝箱 https://kaiuntakara.thebase.in/

28 Responses to “さようなら、インダー先生”

  1. asami より:

    バーバラさん、こんばんは!
    12月にインダー先生に鑑定して頂いた者です。
    先生の鑑定を受けて、自分のやりたい事に自信を持てるようになりました。今はそれに向けて頑張っています。
    結果が出たらぜひ報告にと思っていたので、今回の記事を読んで少し残念でしたが、とにかくお礼を言いたく、コメントさせて頂きました。
    インダー先生、バーバラさん、その節は本当にありがとうございました!インダー先生が元気になられてまた日本に戻ってこられることをお祈りしております。
    これからもバーバラさんのブログ、楽しみにしています。

    • kaiun より:

      asami様

      とても嬉しいコメントをありがとうございます。

      asami様なら大丈夫。 ご自分の道を進んでいってくださいね。

      来年、もしも鑑定が再開されましたら、ぜひ遊びにきてください。

      バーバラ

  2. てぃ より:

    バーバラ様が咳をもらっちゃったのと同じように、インダー先生も身を削りながら、占いをしてくださってたのかもしれませんね。
    サイトには上がらない鑑定のほうが多かったのかなと思いますし。

    やるからにはご自身に妥協を許さない、だからこその的中率と先を見通す的確なアドバイス。
    精神力を維持するのは大変です。
    そりゃー休養、必要ですよね。

    言うても地球にはいらっしゃるわけですし。
    充電して、別のお仕事をされながらも、たまーーーに来日して、バーバラ様とお茶飲みついでに数件、とかのペースで再開してくたさるかもしれませんし。

    とりあえず、ゆっくりしていただけたらと思います。(地球にはいてね。笑)

    • kaiun より:

      てぃやん

      はい。この鑑定、2人とも体力的にかなりぎりぎりのラインでやっていたので、この休養の流れは天のおぼしめしなのかもしれません。

      そうですね。地球にはいらっしゃるのですし、サンスクリットの古典やらマントラやらを学ばれて、さらにパワーアップして戻ってきていただきたいものです。

      今まで、時間無制限でやっていたのですが、次回は少し時間についても考慮させていただくつもりです。5時間までとか。
      人によっては、7時間位やっていたので。

      バーバラ

  3. 生恵 より:

    インダー先生、お休みされるのですね。
    またお会い出来る機会があると良いなぁ〜と気長にお待ちしたなぁと思います。

    • kaiun より:

      生恵様

      お久しぶりです。 

      そうですね。 戻ってきてくれることを祈っています。

      そして、生恵ちゃんの幸せも、祈っています。

      バーバラ

  4. maaayo より:

    お久しぶりです。

    受けたい受けたいと思いながら叶わず残念です(´;ω;`)
    いろんな余裕がありませんでした。
    またいつか、再開されることがあったら、余裕があって動けたらいいなぁ。

    これからも、バーバラさんのブログ楽しみにしてます。

    • kaiun より:

      maaayo様

      天が望めば、きっと機会もあることでしょう。

      いつもブログをお読みいただきまして、ありがとうございます。

      バーバラ

  5. aja より:

    四月に鑑定を受けた者です。
    本当に興味深くて、お二人に会えた私は、それだけでとても幸運ったと思います!ありがとうございました。
    どうぞお体をいたわって、お過ごしください。
    またお会いできますように…。

    • kaiun より:

      aja様

      その節はありがとうございました。

      はい、ありがとうございます。

      再会できる日を楽しみにしております。

      バーバラ

  6. 死体しみしみ嬢ym より:

    バーバラ様

    ご無沙汰しております。
    インダ―先生もバーバラさんも本当にお疲れさまでした。
    本当の占星術を、誠意を込めて解説してくださいましたこと、
    心から感謝いたします。
    偶然辿り着いたバーバラさんのこのブログで、必然を感じる体験をしたことが大変衝撃的でした。フジギ~
    心残りは、自分のインド干支を聞かなかったことと「死体しみしみ更なる後日談」を伝えたかったこと(!!)

    インダ―先生。英気を養って、また日本でバーバラさんと鑑定を再開して頂きたい。是非お会いしたい方です。

    バーバラさんもです。今後もどうぞよろしくお願い致します。

    ym

    • kaiun より:

      死体しみしみ嬢様

      いろいろとネタの提供をありがとうございます(笑)。

      本当に必要な人にしか届かない鑑定だったと思います。

      ym様はラッキーだったと思います。

      再会を楽しみにしております。

      バーバラ

  7. mayu より:

    バーバラ様
    先週インド占星術鑑定いただきまして、ありがとうございました。
    人生の答え合わせをした気持ちになり「若いうちに聞きたかった」と帰り道、凹みました。けれども、今回のタイトルを見てドキッとしつつ自分にとってベストタイミングでお二人にお会い出来たのかなと思います。
    姉に鑑定の感想を伝えたら是非とも受けたいと言っておりました。ゆっくりお休みされて、いつか関西でも鑑定の機会があればと願っております。
    情報量が多過ぎて整理出来ておらず、まだ「私は何になりたいのだろう」状態ですが、途中でめげないで頑張ろうと思います。この度は本当にありがとうございました。

    • kaiun より:

      mayu様

      はい、先生が帰られる前に鑑定が受けられたのは、超ラッキーだと思います。

      素敵な道を歩まれますように。

      バーバラ

  8. ひろ より:

    インダー先生、バーバラさん、長い間お疲れ様でした。
    東京から遥々来てくださったお二人の優しさと情を忘れません。
    依頼者の為に一生懸命に考えて下さる姿に触れて、それは心が疲れちゃうのも分かりますよ!と頷きながら記事を拝読しました。

    流水りんこさんの著書にある様なアーユルヴェーダの病院などに奥様と一緒に行かれたりしてリフレッシュされ、また元気になられる事を祈ります。

    きっと帰って来て頂きたいですが、良い方ですからまずはご自身が心ゆくまで心身共にお休みして頂きたいです。

    勿論、バーバラさんの新しい記事もいつも楽しみにしています。

    • kaiun より:

      ひろ様

      その節はいろいろとご親切にしていただきまして、ありがとうございました。

      はい。インドでリフレッシュして、ぜひまた続けていただきたいものです。

      バーバラ

  9. Sato より:

    先月名古屋から鑑定に伺った者です。その節はありがとうございました。
    自分や家族のことなど『なんで知ってるの!』くらい言い当てられ、家系については今までの疑問が解決するような鑑定でした。いただいたアドバイスを大切に実行しております。

    インダー先生、一旦帰国されるとの事ですが、何年先でもいいのでまた是非バーバラ様と一緒にお会いできる日を楽しみにしています。

    インダー先生、バーバラ様、お元気で! ありがとうございました。

    • kaiun より:

      Sato様

      その節は、はるばる遠いところからお越しいただきまして、ありがとうございました。

      そうですね。 帰国自体は、「妻が日本人なんだから必ず戻るよ」とおっしゃってますが、鑑定自体は微妙な感じです。

      インドでさらに研鑽を重ねて、バージョンアップして戻ってきてほしいものです。

      バーバラ

  10. まい より:

    バーバラ様
    初めまして。いつも、文才に感心しながら、ブログを楽しく拝見しています。インダー先生の件、とても残念です。

    実は、夫に離婚を切り出され、参っています。娘が3歳と小さく、私は離婚したくありません。離婚回避のためのアドバイスをお願いします。生年月日は、私が1974年1月22日、夫が1961年1月5日、娘が2016年3月3日です。どうぞ宜しくお願いします。

    • kaiun より:

      まい様

      切実な件、相談してくださってありがとう。

      ちょっと今、インド占星術の鑑定がラッシュでおしよせて朝から晩まで忙しく、詳しく見る暇がないのだけれど、まずは風水や四柱推命よりも、専門家の相談が大切だと思います。
      火急的速やかに。

      まだ娘さんが小さいうちは離婚してもフルで働くのは難しいでしょうし、おっしゃる通り、離婚は避ける方向にもっていきたいですね。
      離婚問題のカウンセラーに相談したり、1時間まで無料で相談できる弁護士さんもいらっしゃいますし、市役所などの無料法律相談もございますので、まずは専門家に相談を!!
      うまく良い方向に解決できるとよいのですが。

      万が一離婚になったときは、養育費の支払い条件など、必ず公正証書を作っておくとよいですね。(離婚前提でごめんなさい!)
      養育費、うっちゃりになるケースが大変多いので。

      対策はなぜ離婚を旦那様が切り出すかによっても違ってきますよね。
      性格の不一致なのか、他に女がいるのか。 嫁姑の問題などその他の要因があるのでしょうか。


      風水でいえば、夫婦の寝室に麒麟を飾るといいですよ。麒麟は争いごとを鎮めて、夫婦仲を取り持ってくれる霊獣です。

      不倫があるのであれば、北側を明るくすること。湿気をためないこと。風通しをよくすること。

      南西の方角の家の外に、銅製の良い音のなる風鈴をかけてみてください。風が吹くたびにいい音でちり~んってなるやつね。
      とくに高い風水アイテムではなく、千円位の市販のやつでOKよ。


      四柱推命、ざっと表面だけみてみたのですが、相性自体はそんなに悪くはありません。
      干合という、出会うと科学変化の化合のように結びつきが強まり惹かれあう相性ももっています。

      生真面目でやさしい旦那様ですが、内心はかなりプライドが高い方です。

      それに対してあなたは、高い感性がある我慢強い方ですが、かなり攻撃力のある星もお持ちです。

      彼がそんなあなたの一面をかわいいな、と思っているうちは良いのですが、彼の高いプライドを執拗に攻撃するようなことがあると
      彼がうっと来てしまうこともありそうですね。あなたは頭の切れる方ですから、彼を完膚なきまでに理論的に追い詰めることも可能でしょうが、
      いつも逃げ道を与えてあげないと、相手は安らぎのある別の人を見つけようとするかもしれません。
      今年はあなたは旦那様を剋する運の星がまわってきますし、特にマイルドにね。
      そんなことを言いだした旦那様を一方的に責めれば、相手の気持ちは離れる一方でしょう。

      一度決めたら、彼はかなりきっぱりとしたご自分をお持ちの方。
      考え方を覆すのには一苦労しそうですよ。


      そろそろ天冲殺の足音も聞こえてきている年まわりです(来年、再来年が本格的な運気の下がる時期。

      これは序章で、まだまだ一波乱、二波乱は覚悟して。

      伸ばせるなら、あと2,3年決定を延ばしていたら、寅年あたりから運気は徐々に上昇していきそう。
      それまで、なんとかなりそうかしら?

      簡単なアドバイスですみません。 何かのお役にたつといいのですが。

      いずれにせよ、専門の分野の方にご相談を。
      あと、心が弱っているときって、高いアイテムとかを売りつけるような占い師も多いですから、気を付けて!
      今あなたに必要なのは、占いではなくて、もっと現実的アドバイスをくれる人だと思います。

      心から幸運をお祈りしております。

      バーバラ

      • まい より:

        バーバラ様、
        実用的かつ丁寧なアドバイス、ありがとうございました。胸があつくなりました。

        離婚を切り出された原因は、おっしゃる通り私の口の悪さと、性格の不一致です。また、市役所の無料法律相談にも行って、弁護士のアドバイスも受けました。

        夫は、バーバラさんのお見立て通り、一度こうと決めると、てこでも動かないところがあります。でも、情理を尽くして話をして、離婚は避けたいと私は思っております。

        バーバラさん、心を閉ざしている人、目もあわせてくれない人の心に届く話し方や方法などはあるでしょうか?

        • kaiun より:

          まい様

          難しいですねぇ。

          なにせ、岩石とか山とか、陽の土のご主人。 こうと決めると動かないところがございます。

          基本的には、水のエネルギーのあなたの柔軟性とか、自分にないものに惹かれて一緒になっているはずなのですが、一度こじれるとちょっと難しい関係ですね。

          真摯に謝ること。 子供の未来の幸福のために、両親の力が必要なことを説得してみるのはいかがでしょうか。

          話すのが無理なら手紙を書いてみるとかは?

          二人のエネルギーを取り持つのは金のエネルギー。 そこまでこじれていなければ、一緒に遊園地など、ちょっとどきどきする所にでかけたり、一緒に何かを習ったりするのも良いのですが、現状では難しいですかね?

          バーバラ

          • まい より:

            バーバラ様
            一緒に遊園地や習い事は難しそうです。ここ1年は一緒に外出しておりません(水族館などに3歳の娘を連れて行く時は、娘とだけ行き、私は置いてきぼり)。こんな冷え切った夫婦関係でも一緒にできることが何かあれば良いのですが。

            また、手紙作戦はやってみたのですがあまり効かず、手を握りながら話し合いをするボディータッチ作戦の時だけ、つんけんした態度に少し軟化が見られました。夫はここ最近眠れていないそうで、肉体的にも疲れているのが見てとれます(医者に行くように言っても、「離婚して家を出れば治る」の一点張り)。

            夫婦別床にして6年のため麒麟作戦はできないので、風鈴作戦を早速やってみます。

            また、もっと真摯に謝り、もっと話ができるように声かけをしてみます(挨拶や行ってらっしゃいにも、無視を決めこまれております)。そして、何とか、離婚を3年先延ばししてもらえるようにお願いしてみます(弁護士にも、「せめて就学前まで延ばしてもらえ」とアドバイスされました。バーバラさんの3年と奇しくも一致していて、驚きました)。心が折れそうになることもしばしばですが、あきらめずに頑張ってみます!

          • kaiun より:

            まい様

            そうなのですね。 ご主人様が歩みよられますように。

            挨拶は無視されても続けてみてください。(辛いね~)

            ♡♡

            あと、女って稼ぐ力がないと本当につらいと思うの。 
            就学前にとりあえずの先延ばし案を出しつつ、自立の道も探ってみてください。
            幼稚園ではなく保育園に入れて、働きだすとか。 食べられる資格をとるとかね。

            だって悔しいじゃない? そんなに無視されて。あなたのせいだと言われて。

            鑑定で、「経済的事情のためにひどい夫ですが別れられません」という話を聞くたびに、とても悲しく、悔しくなります。

            女性だって自立できる力をつけねばって思います。
            そして、いい女になって、そんな態度をとった旦那様を後悔させちゃいましょう。

            命式上、あなたは自立可能な強い女性だってことも私は知っていますよ。

            :) すま~いる♪

            バーバラ

  11. lapis より:

    バーバラ様

    ご無沙汰しております。ブログ、いつも楽しく拝見しております。
    今回の記事の件、ちょっと衝撃が大きくてコメントしたくてもできない状態が続いていました。(おおげさ? いえいえ 本当に)
    インダー先生にいつか鑑定をお願いしたいと思いつつ、私は何が一番知りたいのかしら? と自分に問いかけてカオスの波の中に。家系の秘密も最近になって浮き上がり、あれもこれも・・・と思っていました。でも、いつか是非お願いできる日が来ることを願っています。

    余談ですが、糖尿病の猫はおかげさまで、そう悪くならず、かといって完治はないのですが、元気にしています。いつかバーバラ様の猫ちゃんと猫談義も大いにしたいですわ。

    梅雨の時期、ご自愛くださいませ。

    • kaiun より:

      lapis様

      はい。衝撃でした。 戻ってくるとはおっしゃっているのですが、その帰国時期はなんだかだんだん伸びていて、心配しているところです。

      「そそそれって、日本で何かが起こると察知して?」

      と、心配された問い合わせも何件かあったのですが、単にいろいろな家族の事情のようですよ。
      お父様も高齢なようですし。

      猫ちゃんの糖尿病、元気ときいて安心しました。うまく血糖がコントロールできれば、長生きできることでしょう。

      お会いしたいわぁ。

      バーバラ

  12. lapis より:

    バーバラ様

    はい!
    お会いしたいです!

    いつかを楽しみに

    lapis

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ