四柱推命で足りない五行を補ってみよう

本日のお話は、四柱推命足りない五行を補ってみようというお話です。

スポンサードリンク



四柱推命は、生まれた年月日時の五行(木、火、土、金、水)の組み合わせから、その人の運勢を読み取る学問です。

4つの柱のうち、すべてをまんべんなく持っている方もいらっしゃれば、何か一つのエネルギーを偏ってお持ちの方もいらっしゃいます。

 

偏るとなかなか難しいことも多く、例えば、福禄の吉エネルギーとして尊ばれる食神も、3つ以上になると逆に体も弱く、せっかくの金運財運も残念なことになりがちです。

でも、比肩や劫財のみで構成されている偏ったエネルギーの方は、逆に強旺格と呼ばれれ、仕事運絶好調の成功運になったりするのが面白いところです。

(強旺格の面白い例はこちら: 羊刃と凶星とサザンオールスターズ )

 

スポンサードリンク



 

足りない五行を補ってみよう

フリーの命式ソフトを使ったりして、ご自分の命式を出してみてください。(時間がわからなければ、生年月日のみでも算出可能です)

 

その中で:

甲乙の文字は、木のエネルギー

丙丁の文字は、火のエネルギー

戊己の文字は、土のエネルギー

庚辛の文字は、金のエネルギー

壬癸の文字は、水のエネルギー

を表します。

いかがでしたか?

あなたはどんなエネルギー構成の人だったかしら?

全部の五行をお持ちの人って少ないかと思います。

 

五行のリストを載せておきますので、足りない五行の色を身に着けるとか、アクションをしてみると、運勢的にバランスが取れるかも?

 

ただ、足りないエネルギーが自分を表す日柱のエネルギーを剋するエネルギーの場合、あまり良い感じは受けないかもしれません。(例、自分の日柱が火のエネルギーの人で、水のエネルギーが足りていない場合)

ただ、やりすぎになっている面を補正してくれたり、うまく組織で動けるような運気をくれますので、試しにやってみてください。この場合は、あ~嫌だなあと思う可能性も高いので、あまりしっくりこなければ無理に行う必要はないですからね。かえって迷いを生んでしまいます。

 

五行ごとの開運シンボルや開運アクション

では、五行ごとの開運シンボルや開運アクションをみていきましょう。

木の五行シンボル

場所: 見晴らしの良い所。書店、図書館。

色:緑、黄緑

アクセサリー: 木製のもの。スカーフなど長いもの。ナチュラルな草木染め。

アクション: 読書、手芸、華道、香道。パラグライダーなどふんわり風にのるもの。

神様: 宇比地爾神(うひぢにのかみ)、久久能智神(くくのちのかみ)

 

火の五行シンボル

場所: 華やかなところ。南国。パーティー。

色: 赤、オレンジ、紫

アクセサリー: ちょっと華やかな目立つもの。大胆な南国の柄のもの

アクション: 映画鑑賞、ファッションショー、カラオケ、料理。暖炉でまったり。キャンプなどの焚火。発表会。沢山の人の前での発言など注目を集める行為。

神様: 豊雲野神(とよくものかみ)、加具土神(かぐつちのかみ)

 

土の五行シンボル

場所: 畑、山、高原

色: 黄色、茶色、こげ茶

アクセサリー: 陶器やセラミックでできたもの

アクション: 陶芸、畑仕事、園芸、登山、ゴルフ、テニス、海外旅行

神様: 於母陀流神(おもだるのかみ)、波爾夜須毘売神(はにやすびめのかみ)

 

金のシンボル

場所: 遊園地、ドキドキする所

色: 白、銀

アクセサリー: 金属、銀製品、真珠、キラキラ光るもの

アクション: 楽器をひく、音楽を聴く、ネット系のこと、ドライブ

神様: 意富斗能地神(おほとのじのかみ)、金山毘古神(かなやまひこのかみ)

 

水のシンボル

場所: 海岸、水辺、水族館、温泉

色: 黒

アクセサリー: ガラス、水晶、水入りの宝石、波型、しずく型

アクション: 水泳、温泉に入る、マリンスポーツ

神様: 国之狭土神(くにのさづちのかみ)、彌都波能売神(やつはのめのかみ)、市杵島姫神(いちきしまひめかみ)

 

足りないエネルギーのものを身につけたり、アクションをとってみて、エネルギーバランスを整えてみてくださいね。

 

本日のお話は、四柱推命足りない五行を補ってみようというお話でした。

 

過去記事です:

あなたは幸運の星のもとに生まれているのか、不運の星のもとに生まれているのか

大運天冲殺だから自殺しようとしている君へ

命式の強弱、要はさじ加減なのよ

一生運勢が悪い人はいない

日柱と月柱のコンビネーションから見える意味

スポンサードリンク




人気ブログランキングへ

インド人による本物のインド占星術、家の気とあなたの運勢からみる本物の風水はこちら!
⇒ 開運宝箱 https://kaiuntakara.thebase.in/

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ